全体表示

[ リスト ]

ショウガの芽だし

ショウガを育て始めた頃はうまく育ってくれてそれが当たり前のような気でいた。
3年ほど前から芽出しが大事だと気にしだし、ことごとく失敗している。
早すぎたり、水をやったり、黒マルチをしたりで殆んど全滅状態だった。
何も知らず作った時には何もせず葉が出揃った頃稲藁を敷いたり、時々水をやっただけだったのに手をかければすべて裏目に出て育てる気もしなくなった。

ただ一つ成功したのは防空壕での保存でこれは最良策だった。
それまで濡れた新聞紙に包み発泡スチロールの箱に入れ台所の上に置いても3割ほどは駄目になっていたが防空壕の中で土をかけていると100%そのままの状態である。
昨年秋、地元の店で2000円分ほど買って半分ほどはこの冬に黒酢につけ食べた。(農家直売なので量は倍ほどある)
残り半分をこの春改めて挑戦してみようと考えている。
芽出しをするのには農電園芸マットを使うのが一番いいのは分かっているけど高くて2万以上はする。
これだと10年以上買える金額でおいらは死んでいるかもしれない。
安くつく方法はないかと思案していたら昔写真をやっている時に使った恒温バットを思いだした。
温度も切り替えで10℃〜20℃、20℃〜30℃となっていて早速水をいれ実験してみた。
25℃にセットをし温度計で測ってみたらぴったりサーモスイッチは働いているようだ。
冷蔵庫を断熱材代わりに使いバットを中にいれ水温で暖めて上部の棚にショウガを置き芽出しの実験をしてみることにした。
4月15日が定植時期なのでそれまでに結果が分かればバンザイである。
畑のしたくは今月中旬にするつもりである。
今年こそうまくいきますようにと願っている。




閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事