ここから本文です
黒柴麻鈴とアウトドア日記
黒柴麻鈴とじいじとばあばの徒然アウトドア日記

アユ釣り-14


今日もアユ釣り。

6/1の解禁大不漁からようやく釣れ始めた大井川。

とはいえ、良く釣れても20〜30匹程度、昔のように50匹以上なんて夢のまた夢。

それでも釣れ始めた情報を聞いて、釣れそうなポイントは釣り人だらけ。

土曜日にも大勢の釣り人が入り、大分抜かれてしまっただろうとは思いましたが、

出掛けてきました。

まずは浸けてあるオトリアユ、中2日で当然のように昇天していました。

オトリ屋に寄って2匹購入し、目指すポイントへ。

早めに出て6:30頃に着きましたので、まだ誰も来ていません。

一番のポイントを確保できました。

イメージ 1

昨日散々攻められているので、ここぞのポイントだけをじっくり攻めます。

中々アタリがありませんでしたが、白泡の前の石の上流にオトリを止めて待って

いると漸くアタリ、30分が経っていました。

オトリが変わると嘘のようにアタリが続きますが、それも長くは続かず。

その内に釣り人が増え、見える範囲で6〜7人が上下流に入り思っていたほどには

動けません。

その内に目印をひったくり対岸へまっしぐらの大物のアタリ、下りながら岸に寄せ

何とか引き抜くと23cmの良型。

これをオトリに急瀬の芯に入れるといきなり根掛かり。

仕掛けごとパーです。

その後もメタルラインのキンクでのラインブレーク、ハナカン飛ばし等のトラブル

続出でしたが、何とか19匹を確保。

根掛かりやラインフレークがなければ25匹位はいったと思いますが、釣果に

タラレバは禁句です。

日曜日にこれだけ釣れれば上々です。

イメージ 2

23cmこそ釣れましたが、全体的に少し小さくなってて20cm以上は半数くらい

でした。

本日の釣果 19匹/240匹



この記事に

開くトラックバック(0)

ファン感謝デー


今日はジュビロ磐田のファン感謝デー「2017 ジュビロデー スポーツ

フェスティバル」がエコパアリーナで開催されました。

イメージ 1


開会式前には、2017年ジュビロ磐田シーズンソングを歌っているボーカル

ユニット「UNIONE」のライブがありました。
イメージ 2

開会式の後は紅組・白組に分かれて選手入場
イメージ 4

続いて川又選手による開会宣言

      なぜか川又選手と高橋選手だけはブルマです
イメージ 3

そして紅白対抗戦です。

借り物ならぬ借り人レース、○×クイズによる泡滑り台、障害物リレー等

が行われ

    川又選手  デカいガタイに三輪車はきびしぃ〜
イメージ 5

           ヌルヌル滑り台で泡突入
イメージ 6

         コーラ飲みに挑戦の中村選手
イメージ 7

          竹馬に苦戦する太田選手
イメージ 8

        対抗戦終了後のステージショー
イメージ 9

試合では見られないような楽しそうな選手のしぐさに観客席は大笑い。

試合での緊張感も良いですが、このユルサがたまりません。

選手、観客の一体感で後半戦も連勝街道まっしぐらと行きたいところです。







この記事に

開くトラックバック(0)


例年この時期の朝の散歩は6時ごろで、今年も先日から6時の散歩

でしたが、この時間にはワン友に出会うことなく、麻鈴はワン友を

探してキョロキョロ。

帰りには伏せてストライキ。

そこでちょっと暑いですが、7時の散歩に切り替えました。

水遊びを終え、朝食休憩を終えた頃には、皆集まってきました。

はなちゃん コリンちゃん リリーちゃん   グーちゃん ココアちゃん
イメージ 1

どの子も食欲旺盛、に近寄っておねだりです。
イメージ 2

帰る頃には8時になって、やっぱり暑いなぁ〜 むしろ熱いか〜?

休息日の今日は、さて何をして過ごそうか・・

まずはプランターの水やりと、プランター野菜の収穫。

今日も沢山のバジルが採れましたので、

イメージ 3

今日も又バジルペースト作り。

              2瓶出来ました
イメージ 4

まだまだ葉が出てきますので、後何度かペーストを作る予定。

ペースト用にクルミも煎って取り出しておかないと。

午後はチョコレートブラウニーを作ってみました。

まずはチョコレートを湯煎して

イメージ 5

バターがなかったので代わりにサラダ油、砂糖、卵、牛乳、小麦粉を入れ

最後にクルミを入れて、

イメージ 6

170℃のオーブンで焼き上げて完成。

イメージ 7

表面カリッと、中しっとりで美味しく焼き上がりました。

最近、休息日が休息日になっていないような・・・

明日はジュビロ磐田のファン感謝デー、休息日になるかな?















この記事に

アユ釣り-13


今日もアユ釣りです。

一昨日の午後、型の良いものが揃ったので、同じ場所に入ろうと麻鈴の

散歩は任せ。

朝ドラも見ずに出かけ、おとりを回収したら、今日も生きていたのは一匹

だけでした。

おとりを買い足そうかとも思いましたが、エ〜イ一匹勝負だ〜

イメージ 1

まずは流れの緩い瀬から始めます。

大石の裏にオトリが入ったとたん、ガガガ〜ンと大きなアタリ。

幸先よく21cmが釣れました。

イメージ 2

この後怒涛の5連ちゃん。

いゃぁ〜 今日は50匹くらいいっちゃうんじぁないの〜

ところがそれから1時間、まったくアタリがありません・・・

少しずつ場所を移動しながら、オトリを大石の前後左右に泳がせると

ポツポツと退屈しない程度に釣れます。

昼前になってひったくるような大きなアタリ、なかなか寄ってきません。

それでも何とか岸寄りに寄せて、さぁ引き抜こうとした瞬間、パキ〜ン。

上から3番目が折れてしまいました。

イメージ 3

この竿は昨年も3番目が折れてしまい、印籠つなぎで修理したものでしたが、

さらに下の部分で見事に折れてしまいました。

傷でも入っていたのか、いやいやダイワやシマノなどの大手メーカー品と

違い名もないメーカーで、品質にばらつきがあったのでしょう。

昨年折れた時にメーカーにTELを入れましたが繋がらず、止む無く自分で

修理した経緯がありますので、今回も諦めです。

折れてすぐに、折れた先の部分を拾うと、なんとおとりと一緒に掛りアユ

もちゃんと付いていました。

急いで車に戻って昼食休憩し、予備竿を持って再度釣り始めますが、一度

狂った歯車はなかなか元に戻らず、ようやく釣れたと思ったらボウズハゼ

イメージ 5

このボウズハゼはアユと同じコケを食べますので、アユ釣りをしていると

よく掛かってきます。

特に石の上をアユが泳いだ時にかかることが多いです。

ようやく釣れた本日最大の22cmをオトリにして放つと、またまた大物が

掛かり引き抜いた瞬間プッツ〜ン。

あぁ〜あ〜 仕掛けが切れました。

まぁ何度も使っていた仕掛けですから、そのうち切れるだろうとは思って

いましたが、こんな時に限って、いやこんな大物がかかった時だからこそ

切れたのでしょう。

狂った歯車は戻らないまま納竿。

イメージ 4

今日も大半は20cm前後。

小さいもので18cmと、今日も引き味堪能の鮎釣りとなりました。

本日の釣果 24匹/221匹



この記事に

開くトラックバック(0)


昨日の釣りで疲れていたので、「今日は映画でも観に行こうか〜」

「何観る〜?」

「ん〜 忍びの国でもどう?」

イメージ 1


ということで、麻鈴はお留守番。

「忍びの国」は嵐の大野君主演の、戦国時代に伊賀忍者と織田信長軍との

間に起こった天正 伊賀の乱を題材にしたものです。

圧倒的な軍勢を率いた織田軍に対し、武力、兵力では太刀打ちできない

忍びの軍団は人知を超えた秘策で織田軍に抗戦する。

のはずでしたが、人知を超えた秘策が果たしてあったかどうか・・・

戦国もの、忍者もの好きのにとってはかなり期待した映画でしたが、

何か物足りない・・・

嵐好きの若い娘には人気があるのかもしれないが、にはちょっとね。

は思わずウトウトしかけ、横を見たらもしっかり寝ていました。

でも客席を見渡せば同年輩が殆ど。

同様の戦国もの、忍者もの好きの方たちが暇つぶしに観にきていた

のでしょうか・・・

疲れがたまっているのに、暗い中、座り心地の良いシートに座って映画を

観るのは拷問です。

映画観賞も体調万全で臨まないといけませんね。






この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事