シオンの城壁

5/2イスラエル独立記念日、5/24エルサレムデー(エルサレム統一記念日:50周年)、5/25昇天日

全体表示

[ リスト ]

http://blogs.yahoo.co.jp/judahephraim/7801678.html で書いたとおり、私は親ユダヤ・親イスラエルの立場から日ユ同祖論を主張しているのだが、日ユ同祖論者には、反ユダヤ・反イスラエルの人が多い。彼らは「日本人こそ古代イスラエル人の血を引く正統なイスラエル人であり、ユダヤ人は、ユダヤ教に改宗したハザール人の子孫であって偽ユダヤ人だ」と主張する。そして「ユダヤ人は、アメリカを陰から操って、世界を支配しようと企んでいる」とする。これらは一種の置換神学であり、典型的な反ユダヤ主義だ。私はこのような立場に同調しない。
 
だが、彼らもそれなりに論理的な主張を組み立ててくる。
 
黙示録2:9 「わたしは、あなたの苦しみと貧しさとを知っている。―しかしあなたは実際は富んでいる―またユダヤ人だと自称しているが、実はそうでなく、かえってサタンの会衆である人たちから、ののしられていることも知っている。

黙示録3:9 見よ。サタンの会衆に属する者、すなわち、ユダヤ人だと自称しながら実はそうでなくて、うそを言っている者たちに、わたしはこうする。見よ。彼らをあなたの足もとに来てひれ伏させ、わたしがあなたを愛していることを知らせる。

 
の「ユダヤ人だと自称しながら実はそうでない者」を根拠とする場合もある。これらを読むと、私の確信がふと揺らぐことがある。「おいでになるはずの方は、あなたですか。それとも、私たちは別の方を待つべきでしょうか。」と問うたヨハネのように。「ユダヤ人は、本当に約束されたイスラエルの子孫なのでしょうか。」と。
 
神は私に答えられた。
 
エゼキエル 28:25 神である主はこう仰せられる。わたしがイスラエルの家を、散らされていた国々の民の中から集めるとき、わたしは諸国の民の目のまえで、わたしの聖なることを示そう。彼らは、わたしがわたしのしもべヤコブに与えた土地に住みつこう。 28:26 彼らはそこに安らかに住み、家々を建て、ぶどう畑を作る。彼らは安らかにそこに住みつこう。回りで彼らを侮るすべての者にわたしがさばきを下すとき、彼らは、わたしが彼らの神、主であることを知ろう。」
 
私は、10年前に、イスラエルの地でこの預言が成就しているのを目撃した。今、イスラエルの地には、長い間世界に離散していたユダヤ人たちが帰還(移民)し、そこに住みついている。彼らはそこに家を建て、畑を作って豊かな収穫を得ている。彼らは長い迫害を逃れ、自由な独立国家を得ている。だが、それをよく思わず、彼らを侮り攻撃する異民族に囲まれている。
 
今のイスラエルで起こっていることは、すべて聖書の預言のとおりなのだ。これは、今のイスラエル国が神の預言によって建てられた国であり、ユダヤ人こそが約束を受け継ぐ本物のイスラエル人であることを意味している。
 
私はこの目でそれを見てきた。私がそのことの証人だ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事