シオンの城壁

8/1ティシャ・ベアヴ(エルサレム神殿崩壊記念日)

全体表示

[ リスト ]

前回 http://blogs.yahoo.co.jp/judahephraim/7926404.html 触れた、「反ユダヤ主義を掲げる日ユ同祖論者」の一例を挙げる。

『エレミヤの部屋』 http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6810/ 
(サイト内コーナー『角笛 終末の警告』 http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/) というHPを公開している自称「エレミヤ」なる人物だ。この中では、目を覆いたくなるばかりの酷い反ユダヤ、反イスラエル記事がたくさん公開されている。一方で彼は、日本人がイスラエル人の末裔であるとも主張している。

実は、私は2009年に彼の本を購入したことがある。『聖書の暗号が語る獣の国アメリカ、反キリスト』(エレミヤ著)という本だ。この中で彼は、当時大統領候補だったオバマ氏が暗殺され、ヒラリー氏が大統領になり、その下で登用されるロムニー氏(現在、次回の大統領選挙に出馬予定の人物)が、2010年に「反キリスト」として登場すると述べている。

だが、周知のとおり、この「預言」は見事にはずれた。この件について、「エレミヤ」氏はHP上で、意図的に「聖書の暗号」を改ざんした悪意の人間にだまされたと弁明をしている。 『暗号の削除、訂正の件』http://www.geocities.jp/ou7540jp/teisei.html

だが、彼自身がこう述べている。

『NO.396 偽預言者を見分ける 』 http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/7540/m396.html

「一体我々はどのようにして、これらの(自称)預言者を見分ければよいのでしょうか?

”22 預言者が主の名によって語っても、そのことが起こらず、実現しないなら、それは主が語られたことばではない。その預言者が不遜にもそれを語ったのである。彼を恐れてはならない。”

たった一つの見分けのポイントがここに書かれており、それは未来に関することです。すなわち、たとえ(自称)預言者が「語っても、そのことが起こらず、実現しないなら」それは神からのことばではなく、それは偽預言者に過ぎないということです。」

「エレミヤ」氏自身が、偽預言者であるというそしりは免れないだろう。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

ちょっとだけ拝見しましたが、黙示録を全面に出している時点で
胡散臭さを感じました。

2012/1/19(木) 午後 6:32 [ David-Solomon ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事