過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

カインとアベルの物語

旧約聖書のカイン (=西セム語で鍛冶師の意味)とアベルの物語は、

シュメールに起源を有する、エンキ (鍛冶神)を頂点とする宗教政治体制を、

非難*否定するために、

ユダヤ人聖書編纂者が、エンキ をカインに変換して、

カインを呪われた殺人者に仕立て、

エンキ (カイン )の実行したドゥムジ (=アベル =羊 ) 犠牲儀礼を、

改変しているのです。

いわば、エンキをカインに変換して、パロディ (風刺劇 ) を作ったのです。

人間を犠牲として、神に捧げる行為 (=人間犠牲儀礼 ) を非難しているのです。

旧約聖書は、そんな豊穣儀礼によっては、大地は豊かな産物を齎さないと主張しているのです。

呪術 ( 人間犠牲 ) を否定しているのです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事