過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

創世記のエピソード

創世記のエピソードは、そのほとんどがシュメールの宗教的テキストを換骨奪胎して作られています。

ノアのエピソード、楽園のエピソード、バベルの塔の言語の混乱エピソード、最初期の人類の異常な長寿エピソード、などです。

それらは、シュメールのギルガメシュ神話やエンキ神神話を基にして改変されているのです。

ユダヤ人はシュメール人に根源を持つ、メソポタミアの宗教体制を否定するために、そのような文学的操作をしたのです。

このように考えると、カイン(鍛冶師) のエピソードも当然、シュメール神話を起源としていると考えられるのです。

カインのエピソードは、シュメール神話の中の知恵の神であり鍛冶神の役割を担っていたエンキ神を非難否定するためにユダヤ人により意図的に作られたものなのです。

カイン(鍛冶師)を非難することにより、エンキ神の宗教(シュメール・メソポタミア)体制を否定しているのです。

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事