全体表示

[ リスト ]

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) (2014)

イメージ 1

【BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)】
かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画「バードマン」のイメージが払拭できずに、その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン(マイケル・キートン)。
私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。
そこで再起を期して、レイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』を原作とする舞台を、自ら脚色・演出・主演で製作し、ブロードウェイに打って出ることに。
ところが、大ケガをした共演者の代役に起用した実力派俳優マイク(エドワード・ノートン)の横暴に振り回され、アシスタントに付けた娘サム(エマ・ストーン)との溝も深まるばかり。
本番を目前に、いよいよ追い詰められていくリーガンだったが…。
(allcinemaより)

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作。
共演に、ナオミ・ワッツ、ザック・ガリフィナーキス、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、リンゼイ・ダンカン他。

アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の4部門受賞作品。

授賞式後の公開という事で、期待しつつ楽しみに、初日に観てきました。

まず、あの撮影はやっぱり凄い〜〜
本作も極力前情報を入れずに鑑賞しましたが、撮影についての情報はどうしても耳に入ってきていたし、どんなになっているのかなぁと思いながら観ていました。
ほぼ全編ワンカットに見える、流れるようなシーン展開は、お見事!というより他にないですねぇ。

全編ワンカットに観える撮影によって、全てが繋がり、観ている側も、登場人物と同じ時間の流れの中に入り込まされます。

カット割りがない(ないように見える)分、キャストの演技力と脚本の力がないと、撮影の奇抜さだけが目立ってしまいがちになるところ、それはバランス良く保たれていたように思いました。
解説にもあるように劇中劇としてのシーンもあるので、キャストの演技力とシーンの構成力がなければ、この撮影技術が、奇を衒ったこれ見よがしに感じてしまうかもしれませんね。

イメージ 2

惜しくも受賞は逃しましたけど、ノミネートされた面々も素晴らしい演技。
最有力と言われたマイケル・キートンは、観る側が、彼の俳優人生と、どうしても重ねて観てしまうところがあって、なんだかちょっと切なくなってしまったり。
ま、それだけ巧かったという事になるのですが。

ノートンもやっぱり巧いねぃ。
今回、初ノミネートとなったエマちゃんは大健闘でしたね。

観終わった直後に思ったのは、正直なところ、「こういう作品が作品賞を獲るか!」という事。直後はね。
悪い意味ではなく、観る人を選ぶ作品かなと思ったのです。

もちろん、作品としては面白く観れましたよ。
ただ、ラストをどう解釈したらいいか悩んだのですよねぃ。
なので、今回は特に、鑑賞後も他のレビューを一切読まずに書いています。

時間を置いて、様々なシーンを思い出しつつ、いろいろと考えてみたのですが、
ここからは、少しネタバレが入りますので、これから鑑賞される方はスルーでお願いしますね。(ネタバレ部分は青文字)

イメージ 3

劇中劇の中で、主人公は頭に拳銃を当てて引き金を引きます。
舞台に上がる前を描いたシーンで、血のりが仕込まれていない事も、拳銃に実弾が入っていた事もわかりました。
その直後に、解釈に悩んだラストシーンになるのですが…。

「どんな感じで繋げてるんだろう」と思いながら観ていた事もあって、ワンカットに観える流れるシーンも、「あ、ここで切り替えたかな」と思う箇所はいくつかわかりました。
が、考えてみたら、銃声後のラストシーンで、明らかにカットが切れていたのですよね。
となると、あのラストシーンだけは、リーガンの死後なのかな?と。

顔を覆っていた包帯(「バードマンの役者」としか見られてこなかったリーガンの仮面とも解釈できる?)を外し、空を飛ぶ鳥を見上げたリーガンの穏やかな表情や、娘サムの視線の先にあるものを考えるとね。

イメージ 4

再起をかけた舞台までの、ほんの数日を描いた作品ですが、リーガンの人物像や心情、それまで歩んできた人生や、彼に関わる人々との関係などが、綿密な脚本によって、しっかりと伝わってきます。

観た人それぞれで、解釈の差や重みが違ってくるラストシーンだとは思いますが、リーガン本人の中で、やっと、「バードマンの役者」というレッテルから解放された瞬間だったのではないかなと思いました。

作品の舞台が、映画界と演劇界という事で、ショービズ業界に身を置く人々にとっては、映画を観る観客とは違う、シニカルなものが感じられるのでしょうね。

映画好きにとっては、ムフフ的に笑える台詞もたくさん出てきます。

‘アカデミー賞作品賞’ と考えると、「イミテーション・ゲーム」の方が、‘らしい’ と思いますが、こういう作品が受賞というのも、興味深いと思いました。

一度の鑑賞ではわからない、いろいろな解釈ができたり、気づかない伏線があったり、もっと奥深い面白さがある作品のような気がします。

授賞式で、作品賞発表の時に、ショーン・ペンが「こいつにグリーンカードをあげた奴は誰だ?」と言っていたのは、最高の賛辞だったのねと思っちゃいましたよ(笑)



閉じる コメント(12)

これから観るのでネタバレは読まずに置いておきます〜。
個人的にもマイケル・キートンの受賞を期待してたんだけど、今回は残念でしたな。
んん、しかし鑑賞が楽しみですっ。

2015/4/12(日) 午後 11:38 Kaz.Log

> Kaz.さん
これ、Kaz.さん好みの作品のような気がしてます。
早く観て欲しいわ〜〜
レビュー待ってまっす!!

2015/4/13(月) 午前 0:10 じゅり

楽しみだなぁ。撮影技法もだし、役者さんたちも素晴らしかったのだろうなぁ。

2015/4/13(月) 午前 9:57 翔

顔アイコン

うんうん、「バードマンの役者」というレッテルから・・の部分に大きく頷いちゃいました。
私には難解だったけど、仰るような視点で見直してみるとまた発見があるような気がしますね。

2015/4/13(月) 午前 10:39 pu-ko

> 翔さん
ほぼ全編ワンカットに見える映像はホントに凄かったよ〜〜
私はまだ消化不良のところがあるけど、観てみて〜

2015/4/13(月) 午後 11:25 じゅり

> pu-koさん
あれからいろいろ考えて、なんかそんな感じかなぁと思いました。
そそ、再見してみたら、また発見がある作品のような気がします〜

2015/4/13(月) 午後 11:26 じゅり

顔アイコン

まだ未見なので後半はスルーさせてもらいましたw。これがアカデミー賞作品か?って、聞きますねw。う〜ん早く見て確かめたい!

2015/4/14(火) 午前 0:09 dance

> danceさん
いやいや、好みが分かれる作品かな?と思うのですよ〜
作品的には面白かったですよ。
鑑賞予定ですね。観たら感想聞かせてくださいね〜

2015/4/19(日) 午後 3:44 じゅり

そうでしたね、明らかにあの発泡の後、一度長回しが止まった!
あそこでポロリんと緊張の涙が出たんだわー(笑)
色々の解釈が出来て、それがまた楽しい!
こーゆー系統の映画が大好きなんでもー堪らんッス!
ファス♥の名前が出てそれも鼻血ブー(古!)ですだ、へへ(笑)
キートンさんは勿論の事、ノートンやエマの演技も素晴らしくて、見応えある実にユニークな作品でした。
ああ楽しかった!

2015/4/24(金) 午前 0:28 [ みーすけ ]

> みーすけさん
そうそう、ラストはいろんな解釈ができる作品ですよね。
思いっきり楽しめたみーすけさんが羨ましいわ〜
ぎゃはは、鼻血ブーって∵ゞ(≧ε≦o)ぷっ
いやいや、ファス様の名前出ちゃったら仕方ないねw
キャストの演技も素晴らしかったですね〜

2015/4/25(土) 午後 11:04 じゅり

やっと書きました〜。
自分は、最近のアカデミー賞だったら、こういう作品の受賞が「らしい」と思ったよ〜。いやいや、面白かったです。TBさせてもらいますね〜。

2015/5/15(金) 午後 9:40 Kaz.Log

> Kaz.さん
おー、GW中鑑賞のもう1本鑑賞は、この作品だったですね!( >▽<)σ
そっかぁ、最近の、となるとこちらの作品が‘らしい’んですね〜
やっぱりKaz.さん好みの作品だったっしょ?w
トラバありがとうござります♪

2015/5/16(土) 午前 0:18 じゅり

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事