我が家の休日(パパヤ奮闘記)

山あり家庭菜園ありの日常を掲載していきます。

金剛山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

ドタバタで・・・中々、UPできませんでしたが金剛山秋のモミジ谷行ってきました!!
 
イメージ 1
 
今回のメンバーは、M社長と仕事関係の方2名の計4名での山登りです。
 
道の駅かなん集合AM7:30→水越峠(ダイトレ)8:00スタート
 
紅葉は、まだ早いかと思いきや少し遅い位の感じでした。
 
イメージ 2
 
AM8:12 金剛の水到着
 
イメージ 3
 
モミジ谷入り口AM8:22
 
イメージ 4
 
滝を眺めながら先へ進みます。
 
イメージ 5
 
黄色に色づく木々と青空
 
イメージ 6
 
平日の為、誰にも会わず貸切状態です。
 
イメージ 7
 
急な登りが待ち受けています!!
 
イメージ 8
 
まだまだ先へ進みます!!
 
イメージ 9
 
自然林の中を抜けるコースなのでこの時期は最高に綺麗です。
 
イメージ 10
 
山頂の道へ到着AM9:46
 
イメージ 11
 
この日の気温2℃
前日、雪が舞ったそうです。
イメージ 12
約2時間で登って来ました。
イメージ 13
 
イメージ 14
 
山頂で昼食にし11:00に下山開始!!
大日岳経由ガンドバコバルート→水越峠
 
イメージ 16
 
大日岳から見る大峯の山々 白く雪化粧しています。
イメージ 15
 
金剛山から見る大和葛城山
 
イメージ 17
 
駐車場12:30頃到着
そのまま河内長野風の湯で本日の疲れを癒して解散となりました。
 
前回の八経に続き金剛でも紅葉を楽しめたので大満足です。
 
本日、参加のM様・H様・O様お疲れ様でした!!
また次回お誘いしますのでよろしくです!!

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

八経ケ岳は、またまた延期となりました・・・・・・・
昨日までの大雨で何かあったら大変との事で今回も断念。
せっかくだからと今日は、金剛山は水越側よりロングコースを選び『モミジ谷』を選択。
集合場所は、道の駅かなんAM8:00集合
水越峠出発AM8:48
総勢8名+イタリアングレーハウンド 4匹をお伴に登ります。
 
イメージ 1
 
まずは、金剛の水を目指します
イメージ 2
 
曇り空で涼しい1日です。
イメージ 8
 
金剛の水の休憩場所に新しいテーブルとイスが設置されていました。
小休憩の後、『モミジ谷』目指します。
イメージ 12
 
あちらこちらでヤマアジサイが咲いていました(梅雨まっただ中・・)
イメージ 13
 
美味しそうな黄イチゴ発見
甘くて美味しい黄イチゴです。
イメージ 14
みなさんは、ダイトレで山頂を目指すつもりだったようで・・・
真っ直ぐ行く事を告げる。
そのままモミジ谷の入り口も通り過ぎて行ったので再び呼び戻す。
ここから登る事を告げ登り始める。
イメージ 15
これからが本番の山登り(沢のぼり?)の始まりです。
イメージ 16
 
昨日までの雨の影響か落雷か不明ですが変な所から木が割れて倒れています。
イメージ 17
 
夏場は、沢沿い歩きが涼しくて最高です。
イメージ 3
 
小休憩を何度もはさみながら何度も川を横切りながら谷を登って行きます
イメージ 4
 
何とも神秘的コースです。
イメージ 5
 
次々と滝を巻道でかわしながら登って行きます。
本日、最強の敵に阻まれます
イメージ 6
次々とクリヤーしていきます。
ワンちゃん達も何度も滑り落ちながらもクリヤーしていきます。
ここから先が試練です。
谷からはなれ激登り・・・が続きます・・・
途中、二股に分かれた谷を間違い反対に行ってしまいました
すいませんでした
すぐに来た道を戻りコースに戻ります。
イメージ 7
 
最後の最後が大変な激登りで靴・スパッツ・靴下がドロまみれに・・・
雨の後は、しかたがないですね・・・
イメージ 9
激登りの途中に発見『ギンリョウソウ』
イメージ 10
 
無事メンバー全て山頂到着
約3時間お疲れ様でした。
お腹が減ったので昼飯にします。
イメージ 11
妻が早起きして作ってくれたお弁当
『うまかったす。』
 
帰りは、大日岳経由六道ノ辻・太尾塞跡からガンドガコバルートで下山
駐車場到着PM2:00頃解散
本日参加された皆様お疲れ様でした。
又、山登りしましょうね。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

続き・・・・・
 
イメージ 1
 
転法輪寺の裏を抜けてちはや園地へ向かいます。
 
イメージ 2
 
しばし山鳥と戯れ本日の下山ルートへ
 
イメージ 8
 
またまた寄り道で最高峰湧出岳一等三角点を案内
 
イメージ 9
 
ようやくちはや園地へ到着
香楠荘を横目にしゃくなげの道から香楠荘尾根ルートへ入ります。
 
イメージ 10
反対から見たところです。
通りすぎてロープーウェイ乗り場の近くまで行ってしまいUターンしてきました
 
イメージ 11
 
こんな感じで踏み跡もありますので道なりに・・・
 
イメージ 12
 
結構激下りです。
 
イメージ 13
 
ロープーウェイ鉄柱の下まできました。
青空で気持ちがいいです。
イメージ 14
 
山頂乗り場
 
イメージ 3
ゴンドラが来たので パシャリ
 
イメージ 4
 
左手に念仏坂が見えてきました。
 
イメージ 5
 
右手は、細尾谷が見えます。
ちょうど念仏坂(百ヶ辻から上がって来る道)と細尾谷ルートの間を抜けるルートです。
イメージ 6
 
激下りばかりでしたが、下山には一番早いルートでした。
最終細尾谷へ合流して下山しました。
 
イメージ 7
この日も午前中に家に帰りすがすがしい1日を過ごしました。
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

今日も早起きでAM5:00起床6:00出発で金剛山へ向かいます。
さすがに6:00出発は真っ暗です。
今日も百ヶ辻から上り始めます。
イメージ 7
 
AM7:20頃からスタートです
 
イメージ 8
 
細尾谷入り口の滝はいい感じに氷が付いています。
 
イメージ 9
 
初めての馬の背ルートで山頂を目指します。
 
イメージ 10
一つ目の休憩場所の手前を左に登って行きます。
 
イメージ 11
 
一気に登って行きます。
イメージ 12
 
急な登りが続きます。
昨日は、神於山のボランティア活動で結構動き回ったせいかさほど疲れません。
 
イメージ 13
相棒です。背中には、前回からの尻セードならぬスカイボード装着です。
 
イメージ 14
ずーと登りですが、ババ谷と比べれば楽チンです。
 
イメージ 15
 
やっと到着!!
イメージ 1
今日は、アイゼン無しで登ってきました。
 
イメージ 2
 
今日は、風があるので-3度-4度を繰り返し表示してました。
イメージ 3
 
前回より少し小さくなっています。
 
イメージ 4
 
みかんさーん男前に写ってましたか?
 
イメージ 5
軽く朝ごはん(前回同様)これぐらいが楽でいいです。
 
イメージ 6
 
転法輪寺お参りし香楠荘方面へ向かいます。
 
次回へつづく

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2013.01.27金剛山

1月1日以来の金剛山へ
会社のメンバーと2名で登ります。登り出し気温−5℃
久しぶりに今日は、念仏坂から寺谷ルートで登り帰りは細尾谷で下るルートです。
 
イメージ 1
 
駐車場からは、路肩に雪があるだけでさほど雪を感じる事はできません。
 
AM8:15駐車場スタート
 
イメージ 10
川に氷が着いています。
 
イメージ 11
 
路面も一部凍ってますので注意!!
いよいよ寺谷ルートへ入ります。
雪のある季節の寺谷ルートは、初めてなので期待
イメージ 12
 
よく手入れをされているので歩きやすいです。
イメージ 13
 
さすがにアイゼンをこの辺で付けます。
 
イメージ 14
 
こんな感じで氷になってます。
 
イメージ 15
 
ようやく山頂へ到着AM9:30
この坂は、完全に凍ってますのでアイゼンが無いと一苦労ですよ。
 
イメージ 16
 
今回も−7℃
 
イメージ 2
カマクラもかなり前回よりデカイ。
 
イメージ 3
 
今日の天気はイマイチですが、そのうち晴れ間が出るだろう軽く軽食にする。
 
イメージ 4
 
ポタージュスープとカロリーバー
相棒は、カップラーメン。
 
イメージ 5
 
と・・・その時少しの間晴れ間が出てきたのでパシャリ!!
 
イメージ 6
 
下りは、細尾谷ルート
かなりの雪が残っています。
イメージ 7
 
本日持参の初デビューのスカイボードで滑ってみるも傾斜が少なくうまくいかず・・・
 
イメージ 8
 
雪の無い時より雪がある時の方が下りやすいかも・・
でも氷には、注意が必要です。
 
イメージ 9
最後の滝も徐々に凍り始めていますこのまま寒波が続けば・・・
 
今日もサクッと午前中登山でした。
 
 
 

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事