じゅんのなんでもD.I.Y.

インターネットラジオVer.2を製作中・・・

全体表示

[ リスト ]

秋月白抜き文字液晶「SD1602VBWB-XA」のバックライトを点灯するよう基板上で改造してみました。

空きランドとかジャンパランドとかがあるのでできるんじゃないかなーっと思っていたんですが、テスターで当たってちょちょいとハンダ付けしたらあっさりと点灯しました。

まず、改造前

イメージ 1


J2のジャンパハンダを吸い取り、J3のジャンパランドをハンダ付けし、R9に100Ω抵抗をハンダ付けします。R9は普通の炭素皮膜抵抗でもいいと思いますが、わたしは持ち合わせの表面実装抵抗をハンダ付けしました

イメージ 2


実際にバックライトを点灯するとこんな感じです (^_^)v

イメージ 3


この改造をしない場合、ピン15・16に外部に抵抗100Ωを配線する必要があります。

白抜き文字液晶はバックライトを点灯しないとじぇんじぇん見えないので、この改造は価値があると思います。




この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

すごいですね
ぼくもいろいろためしてみたいです

2009/9/5(土) 午後 11:16 ゆう 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。

テスターひとつあればわかることなので大した事じゃないですよ。

2009/9/6(日) 午前 7:55 じゅん 返信する

顔アイコン

これは便利ですね。早速私も使わせて頂きます。
青色の方が、緑やオレンジより100円安いんですね。
この青色のバックライトは、他のLCDのバックライトより電流を流さなくても結構明るいです。 削除

2009/9/9(水) 午前 2:44 [ air_variable ] 返信する

顔アイコン

あ、そーなんですか。

100Ω抵抗が添付されていたので、そのまま100Ωつけてみました。

電流はレベルメータで試されてみたんですか?

2009/9/9(水) 午前 6:00 じゅん 返信する

顔アイコン

秋月の説明書で、SD1602HUOBのオレンジでVf=4.2V,If=40mAと結構流さないとならないのに対して、SD1602VBWBの白抜きですとVf=3.2V,I=20mAとの事で、
白抜きLCDの方が少ない電流で明るく光りました。
オレンジのバックライトを白のバックライトの装置に移植する時、
バックライト制限抵抗が外にあった場合は注意しないと
まぶしい所か流しすぎる事になりそうでした。

秋月のLCDおまけで付いてくる抵抗も、オレンジに100Ωが3本に対して、白抜きは1本のみの付属でした。 削除

2009/9/9(水) 午前 10:01 [ air_variable ] 返信する

顔アイコン

If40mAですか!! すげー データシートぜんぜん確認してなかったです (^_^;)

実はオレンジ液晶も同じ改造ができて、100Ωをつけたんですが、33Ωでいいんですね。表面実装抵抗だとワット数がオーバーしそうですね。

2009/9/9(水) 午前 10:26 じゅん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事