マスコミなんて

winsの由来は誰かが勝ち、誰かが負けるのではなく、win win♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全176ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/089.gif高橋とみよ議員のブログより転載しました。
 
 
先ずは、こちらのニュースをご覧ください。
NHKの捏造報道が証明されました!
 
<名誉毀損>「社会的な評価を傷付けた」とNHKが逆転敗訴

(毎日新聞 11月28日(木)21時45分配信  記事全部引用)

戦前の日本による台湾統治を取り上げた
NHK番組に出演した先住民の女性らが、
人種差別的な表現で名誉を傷付けられたとして
NHKに賠償を求めた訴訟で、
東京高裁は28日、全員敗訴とした1審・東京地裁判決を変更し、
女性1人についてNHKに100万円の支払いを命じた。
須藤典明裁判長は「侮辱的な表現を使い、
女性の社会的な評価を傷付けた」と認定した。

 2009年4月のNHKスペシャル
「シリーズ・JAPANデビュー 第1回アジアの“一等国”」は、
日本が1910年に先住民を英国の博覧会に連れて行き
「人間動物園」として見せ物にしたとする内容を放送。
判決は「『人間動物園』という
人格否定につながりかねない言葉に飛びつき、
女性にも番組の趣旨を丁寧に説明しなかった」と指摘した。【川名壮志】

NHKの話 今後の対応は判決内容を十分検討して決める。

女性側の荒木田修弁護士の話 
公共放送のずさんな取材が認定され、画期的だ。
検証・NHKの日本毀損 その4で、取り上げた話題です。
 
こちらにも文字おこしの一部を、貼り付けておきます。

台湾の先住民族、パイワン族。
日本は会場内にパイワンの人達の家を作り、
その暮らしぶりを見世物としたのです。
当時イギリスやフランスは博覧会などで、
植民地の人々を盛んに見世物にしていました。
人を見せ物にする人間動物園と呼ばれていました。
日本はそれを真似たのです。
台湾南部・高士村、パイワン族が暮す村です。
およそ100年前、日英博覧会に連れて行かれたのは、
この村の出身者達でした。

博覧会の会場で売られていた、パイワン族の人達の写真です。
裏には高士村から来たと記されていました。

展示された青年の息子京信吉さん、
「悲しい…」そして娘の高許月さんです。
父親の名はチャバイバイ・プリャルヤンさん。
チャバイバイさんは生前博覧会について、
子供達に語る事はありませんでした。

許月さん「本当にびっくり。
◯◯戦に向けての英雄だったのに。…」
信吉さん「この話の重さね、話しきれないそうだ」

『悲しいね この出来事の重さを語りきれない』←テロップ

恐ろしい捏造をチャンネル桜が検証しています。
長いですがお時間が許せば、ご覧ください。
 
NHK問題はとても根が深く、国会でもあまり追求されません。

例え追求してものらりくらりと逃げられてしまっているじゃないですか。

今回の勝訴がきっかけになり、
多くの国会議員が「NHKの日本毀損問題」に、
目を向けて欲しいと思います。

拙ブログで再三指摘しているように、
公共放送が中韓に押さえられている状況では、
日本国民が間違った歴史認識を持つだけでなく、
海外で放送されているNHK番組を観た外国人に対して、
「日本って酷い国だ。日本って品格がない。」と、
ネガティブキャンペーンを行っているようなものなのです。

「義を見てせざるは勇無きなり」

皆さんの選んだ国会議員に伝えてください。

NHK問題を解決しなさいと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                                              http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_blu.gif
   ランキング参加中!  
                        ↑クリックをお願いします!


転載元転載元: 中川昭一氏のような保守を支持します&♡ ときめく人達♡

秘密保護法案について安倍総理が記者会見で「どうぞ自由に取材し
てください」と笑顔で発言したことに与良は、これは気軽に答えら
れるものではなく重要な問題だと口をとがらかしていましたが与良
内心期待しているのは間違いないでしょう。

こいつらに取材の自由などを許してはいけないのです。

「報道しない自由」と開き直り、偏向報道を正当化する事で、国民
すでに知る権利を奪われているのです。

取材される事がどれほど大きなプレッシャーであるかを自民党は軽
考えているのかもしれません。

南京大虐殺の元兵士の取材で、執拗に記者が食い下がるので「記者
期待している事を述べた」とまったく根拠ない発言をした元兵士
の事例でもわかるように、取材される側はかなりの威圧感を受ける
のです。

こんな理不尽な取材をする輩は処罰すべきではないでしょうか。

それにも拘らず公明党はマスメディアと結託して、法案に賛成する
かわりに法案に取材の自由を強引に押し込んだのです。

今日、NHKは秘密保護法案について1時間の特別番組を企画したと
報じていました。

内容がどのようなものであるかはしりませんが、秘密保護法案にス
ポットを当てること自体が、マスメディアが通常事件として問題視
させる常套手段であり、仮にこの法案を擁護したとしても視聴者の
不安を掻き立てる目的であることは間違いありません。

沖縄でのオスプレイ配備をNHK正午のトップニュースにする手口か
しても推測がつきます。

NHKは中国の思惑のもと台湾を中国の支配下に置くために、躍起に
なって台湾人が日本に対して憎しみを持っていることを番組で吹聴
し、日本人のみならず、台湾人からも抗議があったのに、全く謝罪
しないで平然としています。

NHKが中国の影響下にあることに私達はもっと危機感を持つべきで
ないでしょうか。

彼等は疑心暗鬼の自虐史観に取り憑かれしまったようです。
彼等の恐れは不信以外の何者でもないことは歴然としています。

但し諸刃の剣であることは間違いないでしょう。

もし民主党や共産党などの反日勢力が政権を奪還したら恐怖政治に
なり兼ねません。

反対しているマスメディア、実は「内心ほくほくしているのでは?」
と指摘しました。

案外、反日野党も政権奪回して独裁政治が出来るので期待しているかもしれません。


国民は左翼もどき勢力が民主党の政権交代前後の言動でその正体を
見抜いているのではないでしょうか。

法案可決で内心ほくほくしているのがマスメディアかもしれません。
取材の権利が確保されているからです。

報道しない自由を振りかざし、偏向報道を正当化する国民の知る権利
蔑ろにする反日マスメディア。

この法案で公明党が仕出かした事も忘れるべきではありません。

取材の権利を法案に強引に押し込んだのは、児童手当で(日本人が支
れない場合でも)韓国人に支給される道を開いた公明党にほかな
りません。

公明党は後援の宗教団体の宣伝を用いてTBSばかりか、今や朝日系列
まで経済的支援をしているのです。

偏向報道を絶滅させる事こそ国民の知る権利の確保と言えます。

全176ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事