ここから本文です
〜ふぇいの小窓〜
運河に来るイソシギ

書庫全体表示

『空気人形』

9/28(月)渋谷シネマライズにて鑑賞。

待ちに待っていた是枝監督作品です。
自分の想像をはるかに超えていた…
ちょっとした衝撃が走りました!
観ていて胸騒ぎに襲われました。。
何事も見逃してはならない…とも。。
リー・ピンビン氏の映像美…うっとり。


ぺ・ドゥナ演じる『空気人形』…ある日突然心を持ち、外へと冒険に出ていく。。

メイド服の彼女はとてつもなく可愛い仕草をし、恋も経験する。。

初めて出会った人々と関わりを持ち、その人間に興味を示す。何もかもが新鮮なのだ。。

人間達も人形としてではなく人間として彼女に接している…。

人形にが芽生え、流行遅れの安売りラブドールがぺ・ドゥナに立ち替わる時、

その変化に違和感なく、、ぁ、変わった〜!ってワクワクしたものだ。。

物ごころついた子供のように生き人形は毎日外へと出て行くようになる。。

出会う人間はみんな独りぼっち。。何か空虚感を漂わせ、都会の片隅で生きている。

『心を持つことは切ない事でした。。』 ある日 人形は思い知る。

そう、とてもとても悲しいお話でもあったのです。。恐ろしいとも思えます。。

元々は性欲処理のための代用品のラブドール…生々しいシーンもあるのです。

だが…どうでしょう‼ その現実と外へと出た人形の初々しさの対比が絶妙で、、

え、、今のは何?ってドキッ!とするシーンさえ見逃すまいと…(^^ゞ(^^ゞ

外出した人形がどこかレトロ感漂う川沿いの町を歩く、、メルヘンなんですよね。。

ファンタジックでシュールで…恐怖の味付けも効いてます。。是枝監督、ズルイデス。

人形に姿を借りたへの暗喩なのか。。

大胆で細やかな演出、可愛らしく哀しく、美しい。ファンタジーに潜む人間の生と死。


空気人形だから、傷つけば萎むんですね。。

恋人は傷を補修し、浮袋を膨らますように息を吹き込む…。

だらりとした人形の体が生気を帯びて生き返る…

まるでセ○○○よりもエロティックだった。

人形はある日、自分の生みの親である人形師の元へと立ち帰る。。

「お帰り…」歩いてきた人形を平然と迎え入れ、そして、ある重要なお話をするのです。。


そして、女性としての恥じらいも持ち、恋する乙女となった人形を待っていたものとは…

救いはラストシーンの類まれな美しさでしょうか…必見映画です‼ 

【監督・脚本】是枝裕和、【原作】業田良家『空気人形』(小学館刊『ゴーダ哲学堂 空気人形』所収)
【撮影】リー・ピンビン、【美術】金子宙生、【音楽】would's end girlfriend
【出演】
ぺ・ドゥナ(空気人形)、ARATA(レンタルビデオ屋の従業員・純一)
板尾創路(空気人形の持ち主、ファミレス従業員・秀雄)、高橋昌也(元高校国語教師・敬一)
余貴美子(受付嬢)、岩松了(レンタルビデオ屋の店長・鮫洲)、星野真里(OL・美希)
丸山智己(萌の父親・真治)、奈良木未羽(小学生・萌)、柄本佑(浪人中の受験生・透)
寺島進(交番のおまわりさん・轟)、山中崇、ぺ・ジョンミョン、桜井聖、
オダギリジョー(人形師・園田)、富司純子(未亡人)
【出演者に一言】
ぺ・ドゥナさん、長く美しい四肢が人形にピッタリ!、可愛らしく哀しいラブドール。

ARATAさん、過去最高の演技といえます。普通に見えて怖さを内包…そして悲しい純一。

板尾創路さん、人形の持ち主・秀雄役。負け組的な鬱積した焦燥感・孤独感がにじみ出る演技。

高橋昌也さん、一人ベンチに座ってるだけで絵になりますね…元祖ロマグレ、枯れてなお良し。

余貴美子さん、定評ある演技を見せる彼女。今回の受付嬢もいいっす! 怪演されてます。

岩松了さん、普通のおじさん? んなわけないよね…岩松さんだもの(笑)やっぱり☠だった!

星野真里さん、ゴミで埋もれた部屋での最低私生活…だらしない日々の顛末はどうなの?

丸山智己&奈良木未羽の父と娘'''、ママのいない生活を送る…やっぱり寂しい欠落家庭。。

柄本佑君、浪人中…覗き見するよね〜受験へのストレスある、ある〜!青い春〜(笑)

寺島進さん、ふふっ、おまわりさんよ〜!一人で交番勤務・花に水遣る姿、良いね♪

富司純子さん、最近良いねぇ〜虚言癖の未亡人。やっぱり一人ぽっちなのよね(涙)

オダギリジョーさん、人形の産みの親…いわば父親的ポジション。貴方にしか出来ない、最高です!

是枝監督、渾身の『空気人形』必見です。多くの方に観てほしいです!

  • 顔アイコン

    Cartoucheさん。
    人間と人形の対比…ホントに鮮やかに描かれていました!
    ある意味、とっても哲学的な作品ですよね…是枝監督いいですね〜v
    リー・ピンビンの映像は異次元的…「心」を持った人形の目でしたね。
    DVD発売が待ち遠しいです^^♪
    TBお返し下さり、ありがとうございました〜♫

    ふぇい

    2009/10/4(日) 午後 11:54

    返信する
  • 顔アイコン

    くるみさん。
    是枝監督、また違う切り口でしたね〜v
    一種のダークファンタジーでしょうか?(笑)
    痛くて、怖くて切ないんだけど…美しかった!
    ココまでの内容とは思ってもいなかったので、とても新鮮でした。
    TBお返し下さり、ありがとうございました〜♫

    ふぇい

    2009/10/5(月) 午前 0:00

    返信する
  • かないきわどいシーンがありそう?
    こっちであるのは遅れるみたいだけど、絶対行くぞぉ(^_^)v
    オダギリ不足で元気出んよ;;
    ポチジョー!

    nene☆shironeko

    2009/10/5(月) 午後 5:45

    返信する
  • 是枝さんにしては随分と攻撃的な映画ですね。
    現代人へのネガティブな視点を、ピュアな空気人形が救っているように思います。
    「出演者に一言」面白い!僅かなシーンの出演でもキャラが心に残ってますからね。膨らませればそれぞれで一本の映画が出来そう。
    是枝裕和の映画に外れは無いです。トラバさせてもらいますね。

    [ - ]

    2009/10/5(月) 午後 7:57

    返信する
  • 顔アイコン

    neneさん。
    きわどいシーンといっても…ラブドールの機能に関する事かな?
    ぁ、、やっぱり、岩松さんとかに注目かしら?☠よ〜!
    オダギリジョーを観てきて下さい!いい仕事してまっせ!^^v
    ポチジョー、サンキュです♪

    ふぇい

    2009/10/6(火) 午前 0:42

    返信する
  • 顔アイコン

    YAZさん。
    出演者はみな独りぼっち…孤独でしたし、どこか普通じゃなく病んでる感じ。
    それに対し、空気人形は心に濁りがなくて、何にでも興味を示す。。
    新鮮で清らかな雰囲気のぺ・ドゥナさんが輝いてました!
    今回、是枝監督、変化球?、グッとくる映画でしたv
    ぁ、、「出演者に一言」面白いですか?時々やりますかね^^。
    TBお返し下さりありがとうございました^♪

    ふぇい

    2009/10/6(火) 午前 0:52

    返信する
  • 顔アイコン

    これ 観たいんですが、名古屋まで行かないと(^_^;)
    ペ・ドゥナさん大好きのわたしとしては・・いてもたってもいられないんですが(~o~)出演者さんが またわたし好みだし(^_^;)
    そわそわ(^_^;)

    たんたん

    2009/10/6(火) 午前 9:27

    返信する
  • 顔アイコン

    たんたんさん。
    そうそう、これ、結構上映館が限られてますよね…(>_<)
    名古屋にいけるチャンスがあるといいですね〜。
    煽るわけじゃないけど、、ぺ・ドゥナさん、凄くいいですよ〜v
    そわそわ…お気持ち分かります!観る前は私もそうでしたもの…
    ええ、オダギリジョーが気になってそわそわ(^^;

    ふぇい

    2009/10/6(火) 午後 9:40

    返信する
  • 顔アイコン

    レンタル店で息を吹き込むシーン、あれは官能的でしたね〜〜。
    生々しさのあるファンタジー、なんだか不思議な感じでした。
    TB、お願いします。^^

    サムソン

    2009/10/11(日) 午前 9:21

    返信する
  • 顔アイコン

    サムソンさん。
    あのシーン…官能的でしたよね。。
    ああいう撮り方もあるんだと…目から鱗でした^^。
    そうそう、生々しい部分もあるのに全然いやらしくなくて…
    恐れ入りました!な映画ですよね〜^^♪
    TBお返し下さり、ありがとうございました〜♫

    ふぇい

    2009/10/11(日) 午後 1:10

    返信する
  • アバター

    空気人形の大きな目に、吸い込まれそうな気がしました。
    ラストシーンも美しかったですね。それを見て一言発するのが、
    美しさとは程遠い部屋で生活している女性だったのも象徴的です。
    オダジョーも良かったです。彼の言葉が、空気人形の心にどんどん突き刺さりましたね。

    ffa**77

    2009/10/12(月) 午前 0:21

    返信する
  • 顔アイコン

    ふぁろうさん。
    比喩的に人形を登場させ…生身の人間の生きてる辛さ、死んでいく宿命を突き付けられ、ラストがあれですから…やられましたよね〜^^;
    オダジョーの人形師の言葉は優しいけど怖くもあり。。
    いや、、オダジョー出番少なくても、DVD購入決定‼(笑)

    ふぇい

    2009/10/12(月) 午前 10:15

    返信する
  • ドゥナさん大好きのわたし、いそいそ名古屋まで出かけました。
    なかなか地方では、ドゥナ映画が シアターでは観れないのが困りもの。
    いやはや、最高のドールっぷり(^.^)でありました。

    たんたん

    2009/11/1(日) 午後 5:13

    返信する
  • 顔アイコン

    たんたんさん。
    やっぱり名古屋まで行かれましたか〜(^-^)
    ドゥナさん、最高!素晴らしかったですね〜。
    衝撃的シーンもありましたが…是枝監督、只者ではないですね〜^^v
    TB下さり有難うございました〜♫ 後ほど伺いますね〜(_ _)

    ふぇい

    2009/11/2(月) 午前 1:43

    返信する
  • 顔アイコン

    心を持つことに喜び、苦しみそして「たった一度の人生」として生きる決断をした彼女は代用品なんかじゃなくたった一人の素敵な女性となりましたね。
    TBさせてください。

    かず

    2009/11/24(火) 午後 8:51

    返信する
  • 顔アイコン

    かずさん。
    心を持ってしまい、素敵な女性になったけど…哀しみも深かった。。
    夢見るシーンも切なくて、人の生死を見つめる映画でもありました!
    人形役のぺ・ドゥナさん、素晴らしかったですね〜v
    TBお返し下さり、ありがとうございました〜♫

    ふぇい

    2009/11/25(水) 午後 9:52

    返信する
  • 人形が動き出したとき怖かったです(笑)てか板尾さんキモいって( ̄□||||!!
    フェイさんのオダジョーは人形師であまり出番なかったけどいい役でしたよね。TBお返ししますね

    LAGUNA

    2011/7/25(月) 午前 2:11

    返信する
  • 顔アイコン

    らぐな様。
    あれっ?怖かったですか^^; けっこう怖い系OKと思ってましたし…
    私、鈍いのか…あのシーンは大丈夫でした(笑)
    そそ、板尾さんね。↑には書かなかったけど、キモいって公開当時、周りで言ってた(爆!)
    オダギリさん、出番あれだけなのに…高崎映画祭で助演男優賞だもの❤
    嬉しくって高崎映画祭参加し、表彰式のお姿見てきましたv
    TBお返し下さり有難う〜〜(^−^)/

    ふぇい

    2011/7/26(火) 午後 9:15

    返信する
  • 顔アイコン

    TBありがとうございます。また遅いコメ失礼します。

    ペ・ドゥナ>いわゆる韓流美人ではないけど、演技は素晴らしい。

    ファンタジーと括ってしまうのは、何か違ういろんな思いを感じさせてくれた映画です。

    高崎映画祭>郷土の誇りです。群響は今は・・。パスタの街に加え、新たに鉄道(SL)の街でも売り出してます。またおいでください。

    mit*mus**i

    2011/10/5(水) 午後 10:17

    返信する
  • 顔アイコン

    薫少将様。
    こちらこそ、コメント有難うございます<m(__)m>

    ぺ・ドゥナさん、男性ファン多いんですよね、美人じゃないけど魅力的❣^-^v
    是枝監督のこだわりの一作ですよね。深いです。。

    高崎映画祭は郷土の誇り…そうでしたかぁ〜(@_@)しました。
    2度目の参加でしたが、駅構内の食べ物屋さんも寛げて、好きな街です^^;
    SLにも力を入れてらっしゃるのですね!パスタの街も…知りませんでした(><)
    高崎ダルマと高崎ハムしか知らない奴です(冷や汗;)
    映画祭は毎年お知らせのハガキが来ます。。また行きますよ〜♪

    ふぇい

    2011/10/6(木) 午後 9:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(10)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事