ここから本文です
〜ふぇいの小窓〜
運河に来るイソシギ

書庫全体表示

『告白』

 
  告白が、あなたの命につきささる。    (映倫 R15+)
 
これは凄い映画でした!
或る中学の終業式、3月25日…今月いっぱいで教師の仕事を辞めるという女教師のナレーションで始まる。
「ご存じのように私はシングルマザーで愛美という一人娘がおりました」「娘の父親はHIV感染者でした…」、
ここから衝撃の告白が始まるのですが…
 
イメージ 1
 
一人娘が死んだ。それは事故死とされたが、教え子に殺された事実を訴えるわけではない。
自分で復讐する道を選んだ女教師の恨みのこもった冷徹なその手口に驚愕します。
顔の表情一つ変えず、淡々と真綿で首を絞めるように追い詰めてゆく…。怖いです。
 
決して自分の手は汚すことなく、相手の心理の裏を読み…徹底的に打ちのめす。。
女教師役の松たか子さんが凄すぎます。理科系の知識をフル活用とでもいいましょうか・・・^^;
 
この中学校、普通に見えますが、内情は深刻です。
いじめや事なかれ主義、無関心、一見楽しそうに見える教室の裏の顔が浮き彫りにされ、
人格形成に問題ありな生徒たちの言動に戦慄が走ります。。とにかく、恐ろしいです。
それは、母親との確執であったり、同じ教室の生徒でありながら弱者と強者であったり、さまざま。
Netで知った毒薬に興味を持つ女生徒とか…自殺や殺人…人の心の隙間に入り込む悪への誘い。
ただ単に一人娘を殺された女教師の復讐譚にとどまらない、現代社会の病巣に迫る秀作と言えます。 
 
http://kokuhaku-shimasu.jp/  オフィシャル・サイト
 

【監督・脚本】中島哲也、【原作】湊かなえ 『告白』(双葉社刊)
【出演】
松たか子(森口悠子)、木村佳乃(下村優子/直樹の母)、岡田将生(寺田良輝:ウェルテル)
西井幸人(渡辺修哉)、藤原薫(下村直樹)、橋本愛(北原美月)、新井浩文(修哉の父)
山口真木也(桜宮正義)、黒田育世(修哉の母)、芦田愛菜(森口愛美)、山田キヌヲ(修哉の継母)
 
【解説】
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の
中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテインメント復讐劇。担任クラスの生徒に娘を殺された女性教師が繰り広げる復讐の顛末が、事件にかかわった登場人物達それぞれの視点から緊張感あふれるタッチで綴られてゆく。
とある中学の終業日。一年B組の担任・森口悠子は、アル告白を始める。数ヶ月前、シングルマザーの森口が学校に連れてきていた一人娘の愛美がプールで死亡した事件は、警察が断定した事故などではなく、このクラスの生徒、犯人Aと犯人Bによる殺人だったと。そして、少年法にに守られた彼らを警察にゆだねるのではなく、自分の手で処罰すると宣言するのだった。その後森口は学校を辞め事情を知らない熱血教師のウェルテルこと寺田良輝が新担当としてクラスにやってくる。そんな中、以前と変わらぬ様子の犯人Aはクラスでイジメの標的となり、一方の犯人Bはひきこもりとなってしまうのだが…。
 
とにかく…観はじめから引きこまれ…最後まで食入るようにスクリーンに釘付け状態でした。
サスペンスというよりも…私にはスリラーでした 
 

  • 顔アイコン

    fennecさん。
    怖いけど…引きこまれますってっ!(笑)
    後味はこの上なく悪いですが…^^;、観て欲しい映画ですv
    中島監督、何か賞を獲りそうな勢いですね。。
    これからの作品も楽しみになりました〜^^。

    ふぇい

    2010/6/28(月) 午後 8:59

    返信する
  • 顔アイコン

    狂治さん。
    あちこちで話題騒然のようですよねっ!!
    観客動員数もうなぎ昇り状態ですし…
    恐ろしいけど、釘付けになるストーリーでしたv
    ☆❣、ありがとうございました〜♪

    ふぇい

    2010/6/28(月) 午後 9:02

    返信する
  • 原作を一気読みしていて・・・内容は知っているはずなのに、映画・・・惹き込まれました。
    最後まで救いようがなかったですね。
    原作は感情など、もう少し詳しく書かれているので・・・よろしければ、読んでみて下さい。
    トラバありがとうございます!トラバお返しさせて下さいね^^

    くるみ

    2010/6/28(月) 午後 9:54

    返信する
  • 顔アイコン

    くるみさん。
    やっぱり原作を読んでらっしゃるのですね!読まなきゃ〜^^;
    映画は最後の最後まで恐ろしく凄惨でしたが、見応えありました。
    本はきめ細かな描写がされてるんでしょうね。頑張って読もうと思いますv
    TBお返し下さり、ありがとうございました〜♪

    ふぇい

    2010/6/28(月) 午後 11:07

    返信する
  • 話題に、なってますよねー。
    観たいです!!
    怖そうだけど・・・(~_~;)

    tomo

    2010/6/29(火) 午前 6:27

    返信する
  • 4週連続1位とか
    凄いですよね。
    こんなのが実際に起こったら・・・起こっているなら
    本当に怖いと思いました。
    最初から最後まで引き込まれっぱなしということは・・・
    やはり観にいかなくては・・・・・

    ぱぴすけ

    2010/6/29(火) 午後 1:22

    返信する
  • 顔アイコン

    tomoさん、こんばんは〜☆彡
    もうね…重くて怖い映画ですが…観る価値はありますよ!
    松さんの凄さを改めて思い知らされました〜^^v
    チャンスがあれば大人だけで(R25+)、是非ご覧くださいませ〜(_ _)

    ふぇい

    2010/6/30(水) 午後 10:34

    返信する
  • 顔アイコン

    ぱぴすけさん、こんばんは〜☆彡
    そうそう!凄く話題になってるし、観客動員数も凄い事に〜^^;

    ここまででなくも…良く似た事件はありますよね。少年法に守られて…
    怖すぎる復讐劇ですが、それだけ我が子が愛おしかったといえます。
    ホントにね、、怖いけど釘付けでしたから…観て下さいませ〜^^v

    ふぇい

    2010/6/30(水) 午後 10:40

    返信する
  • アバター

    言葉だけで少年を苦しめる、復讐する松たか子は、
    従来のイメージをかなぐり捨てるような役柄ですが、
    この演技で、また女優賞候補になりましたね。
    映画そのものも、今年を代表する作品になりそうですね♪。

    ffa**77

    2010/7/3(土) 午前 3:10

    返信する
  • これスゴイ!!もうホント観終わったあとどっと疲れが…。
    しばらく頭から離れないと思います。
    普通なら最後とか、少しは救いの光を見せてくれそうなものなのに、
    全く、バッサリでしたね(-_-;)コワすぎる映画。。確かにスリラー。もしくはホラーでした。しばらく震えが止まりませんでした。。。
    私もTBさせてください♪

    にな

    2010/7/3(土) 午前 11:41

    返信する
  • 顔アイコン

    ふぁろうさん、こんばんは〜☆彡
    松さんはね、舞台観てるんですが…狂気の女が巧かったんですよv
    その時、スゴッ!って思ったんです‼(笑)すっかり演技派の仲間入りですね。
    幾つ映画賞を獲るのかしら?楽しみですよね^^v
    中島監督は凄いですよね…いい脚本で、代表作、間違いなし!!
    TBお返し下さり、ありがとうございました〜♫

    ふぇい

    2010/7/3(土) 午後 11:16

    返信する
  • 顔アイコン

    になさん、こんばんは〜☆彡
    観終わった後も茫然となったままでしたよね…この衝撃度が…^^;
    そうそう!救いのスの字もなかった。むしろ怖さが押し寄せたよね(^^ゞ
    幽霊なんて出てこないのに…ホラー&スリラー度↑ですよ〜〜。
    松さんも監督も凄いし、他の俳優さん達もそれぞれ良かった!
    完成度は高い!!(笑)
    TBお返し下さり、ありがとうございました〜♫

    ふぇい

    2010/7/3(土) 午後 11:23

    返信する
  • 確かに「凄い」映画でした♪
    ただ面白いと言えるかどうか…。
    松さん、木村さんの演技は素晴らしかったですが、胸に響くものがあなかったのは残念です^^;

    トラバお願いします!!

    れじみ

    2010/8/24(火) 午前 6:41

    返信する
  • 顔アイコン

    レジミさん。
    ねぇ、、面白いかどうか…ってなると、疑問符ですよね。確かに^^;
    やったこと(復讐)にしても…あの手口は恐ろし過ぎます。。
    草ですね!女優さん達の演技や映像の素晴らしさ。そちらを楽しめれば…^^;
    トラバ下さり、ありがとうございました〜♫

    ふぇい

    2010/8/24(火) 午後 2:27

    返信する
  • 顔アイコン

    サスペンスというよりも…私にはスリラーでした>おっしゃること解ります。

    僕はやっぱり森口は爆弾仕掛けたと思ってます。

    mit*mus**i

    2011/4/16(土) 午後 10:59

    返信する
  • 顔アイコン

    薫少将さん。

    もう、ほんとに怖くて〜^^;人間の闇の部分浮き彫りでした☠

    ぁ、やっぱり…森口、やっちゃいましたかしら(^^ゞ(^^ゞ
    しかし度肝を抜かれた恐怖映画でした。
    コメント下さり、ありがとうございました〜<(_ _)>

    ふぇい

    2011/4/17(日) 午後 1:20

    返信する
  • 原作も映画もショッキングな内容でしたが、見ごたえありました!
    下妻、松子、パコと同じ中島哲也監督とは思えない映像演出でしたねぇ〜!
    松たか子の体当たり演技、岡田、木村も嫌われ役を見事に演じましたね♪

    やっくん

    2011/11/26(土) 午前 7:08

    返信する
  • 顔アイコン

    やっくん様。
    原作がいいのでしょうね〜いつも原作を読まれてるやっくんさんに脱帽です^-^;
    映画しか語れないですが…凄い展開で…ショッキングでした!
    中島監督、ぴあフィルムフェスティバルのご出身ですねv
    色んな引き出しをお持ちの才能を感じます。今後も期待できます♪
    俳優の皆様、実力発揮され見応え十分でした…怖かったです^^;
    TB下さり、ありがとうございました〜<m(__)m>

    ふぇい

    2011/11/26(土) 午後 2:41

    返信する
  • 顔アイコン

    スリラーというか、もうホラーかもしれませんね(苦笑)。
    まつ子か、それとも貞子か・・・な〜んてね。
    TBさせてください。

    [ あきりん ]

    2017/3/13(月) 午後 8:30

    返信する
  • 顔アイコン

    > あきりんさん
    はい!スリラーというよりホラーに近いかも(>_<)
    とにかく…恐怖のまつ子(笑)血が青い感じだったでしょ
    やっぱりどっか〜〜ん!!だったのよね

    TBお返し下さり、ありがとう〜<m(__)m>

    ふぇい

    2017/3/13(月) 午後 9:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(9)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事