ここから本文です
〜ふぇいの小窓〜
運河に来るイソシギ

書庫全体表示

映画 「海街 diary」

6/29(月)、品川プリンスシネマにて鑑賞。

第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品

イメージ 1
【監督・脚本・編集】是枝裕和
【原作】吉田秋生:「海街diary」シリーズ 月刊フラワーズにて連載中。

【キャスト】
香田幸(綾瀬はるか)、香田佳乃(長澤まさみ)、香田千佳(夏帆)
浅野すず(広瀬すず)、菊池史代(樹木希林)、佐々木都(大竹しのぶ)
浅野陽子(中村優子)、椎名和也(堤真一)、藤井朋章(坂口健太郎)
坂下美海(加瀬亮)、浜田三蔵(池田貴史)、井上泰之(鈴木亮平)
尾崎風太(前田旺志郎)、高野日出子(キムラ緑子)、二ノ宮さち子(風吹ジュン)
福田仙一(リリー・フランキー)


イメージ 2


【解説&あらすじ】
ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。鎌倉に暮らす3姉妹と父親がほかの女性ともうけた異母妹が共同生活を送る中、さまざまな出来事を経て家族の絆を深めていく姿を追う。メガホンを取るのは、「そして父になる」などの是枝裕和。
テレビドラマ「八重の桜」などの綾瀬はるか、「潔く柔く  きよくやわく」などの長澤まさみのほか、夏帆や広瀬すずらが共演。実力派女優達が繰り出す妙演はもちろん、舞台となる鎌倉の美しい四季の風景も見どころ。
                      (シネマトゥデイ)

鎌倉で暮らす、幸、佳乃、千佳の三姉妹。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。葬儀が執り行われる山形へと向かった3人は、そこで父と他の女性の間に生まれた異母妹すずと対面する。身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。こうして4姉妹の鎌倉での生活がスタートするが…
                      (シネマトゥデイ)

【ざっくり感想】
是枝監督の持ち味は出ておりますし、静かに過ぎていく”時間”の流れも感じられ、、

鎌倉の美しい四季の中、姉妹それぞれの事情を抱えながらも、”父”で結びついており、絆を深めていくお話。父が姿を消した後、3姉妹を残し再婚して家を出てしまう母。その母の実家で祖母に育てられた姉妹・・・そして、父が残した異母妹は子連れ再々婚での義母の元に残されるという、、互いに複雑な家庭環境ながら…鎌倉の家で共に暮らすことを選びます。
いや〜、鎌倉は素敵ですね。。やっぱり。江ノ電や海辺には和みました〜心のわだかまりを海に向かって叫ぶシーンも良かったですが・・・なんといっても素敵だったのは、同級生の風太が、すずを乗せた自転車で桜のトンネルを走り抜けるシーン!!良かったあ〜〜
ここはなぜだか涙が出ました。。涙が出たのはここだけです(笑)何といったらいいんでしょう。。一番の感動シーンはここでしたから。。
いや、いい映画ですよ〜あれだけの複雑な事情ながら、淡々として静かなのは是枝作品の特徴でもあり、4姉妹が共に暮らす一年間、、其々に心の成長を遂げていく、無印良品みたいな映画かな?^^;
これがね、、若い女性だったら、あるいは男性だったら、、感想は違うでしょう。
は、もっとドラマチックな実話も知ってるし、、ただただ、桜のトンネルに感動した映画でした!
もちろん、脇を固める俳優さん達、持ち味生かした良い演技ですし、流石是枝監督!と^^; 長澤まさみさんの美脚を堪能できます(そこか!^^;)

一番気になったことは、、メリハリがない感じがしたこと、です。悪くはないのですよ〜


     何か追記するかもしれませんが…一応アップします<m(__)m>

【追記】
原作者・吉田秋生さんのコミックは昔一時はまって読んでおりました…
「川よりも長くゆるやかに」のころまでは吉田さんの作品、愛読してました
もうね…レディスコミックさえも手にすることはありませんが…
今もなお、ご活躍で懐かしい気持ちです^^

  • 顔アイコン

    楽しかったでしょうね。

    ナイス☆!

    みー

    2015/6/29(月) 午後 9:45

    返信する
  • 顔アイコン

    観たいな〜
    旦那さんが、選べないよな〜と意味不明の事言ってます(笑)
    こんな綺麗な4姉妹、贅沢だよね〜

    tomo

    2015/6/30(火) 午前 7:08

    返信する
  • 顔アイコン

    ご感想ありがとうございます!
    無印良品にウケてしまってます(笑)

    桜のトンネルの風太くんが前田旺志郎くんなんですね。
    そこは大変興味ひかれました!

    こういうストーリー・・異母妹、弟?が突然やってくるというお話はどこかで観たことがあるような気がして、ずっと思い出そうとしているのですが出てきません^^;

    nazuna

    2015/6/30(火) 午前 11:05

    返信する
  • アバター

    カンヌでも、やはりドラマチックさに欠けるといった評価だったような。
    見てないので、大きな事言っちゃいけないです。メッ!!(笑)

    セニャ

    2015/6/30(火) 午後 5:46

    返信する
  • 顔アイコン

    > みーさん
    いつも記事を読んで下さり、コメント&niceを有難うございます<m(__)m>

    ちょっとメリハリがないように思ったのですが・・・
    楽しめました!(^^)!

    ふぇい

    2015/7/1(水) 午後 0:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > tomoさん
    主演の4姉妹、それぞれ雰囲気は違うけど、美人さんですよね^^v
    だんなさんのお言葉、、皆、綺麗で選べないよね〜ってことかな?(笑)
    観る価値はあります!! お時間があれば是非観てね。
    ナイス、いつも有難う〜(__)

    ふぇい

    2015/7/1(水) 午後 0:33

    返信する
  • 顔アイコン

    > nazunaさん
    受けちゃいましたかぁ〜〜無印良品

    前田旺志郎クン、15歳ですって!早い〜💦
    このシーンは必見です。桜のトンネル・・・二人の笑顔。
    私もなの、、以前何か観た気がするんだけどね。思い出せません(>_<)
    も少しメリハリがあれば◎なんだけどね^^;
    ナイス、いつも有難う<m(__)m>

    ふぇい

    2015/7/1(水) 午後 0:39

    返信する
  • 顔アイコン

    > セニャさん
    ぁ・・・やっぱりそうだったのね。。

    「歩いても 歩いても」や「奇跡」「そして父になる」・・・
    是枝監督、いい作品ばかりなのですが・・・惜しい!!

    セニャさんの感想を聞きたい気がするわ〜
    お時間あれば観て来てね(笑)コメント有難う<m(__)m>

    ふぇい

    2015/7/1(水) 午後 0:44

    返信する
  • 顔アイコン

    今週末に見ようと思います!!
    記事アップするのは3か月後だと思いますがまた来ます(笑)

    かず

    2015/7/1(水) 午後 11:01

    返信する
  • 顔アイコン

    > かずさん
    観られたご感想、、楽しみにしております!(^^)!
    3か月後ね…忘れないように

    コメント下さり有難う〜〜^^v

    ふぇい

    2015/7/3(金) 午後 10:28

    返信する
  • 私もこの映画で一番好きなシーンは桜のトンネルのシーンです。同じく涙出ました。すずちゃんかわいいだけでなぜ涙が?と思いましたが…風太の心遣いが嬉しかったですね。
    私はあと冒頭のホームですずちゃんが電車を見送り「行きます!」と言ったシーンも泣けました。
    そうね…確かにメリハリ。
    私の感想はとにかくすずちゃんがかわいかった!しかないし…
    そんな記事ですが、トラバさせてくださいね。

    nami

    2015/7/5(日) 午前 0:11

    返信する
  • 顔アイコン

    メリハリは確かに・・でも そのタラタラ感、流れっぷりが ほどほどにカマクラしてて・・。
    あの極楽寺駅、一度降りて ゆっくりしたいのですが〜。

    たんたん

    2015/7/6(月) 午後 2:19

    返信する
  • 顔アイコン

    > なみぺーさん
    やっぱり、同じシーン…あれ最高ですよね〜じーんとなっちゃった。。
    そうそう、風太の心遣い、、旺志郎君、いい味でしたね♪
    母親が違っても、、同じ血が流れてる姉妹ですものね…
    すずが鎌倉に行きたい気持ち、、伝わってきましたね。
    最初、遠慮してたところも切なくて愛らしかった。
    そう思うとまんざらでもない、、いい映画だったなと今頃思います^^;
    TB下さり、ありがとうございました〜<m(__)m>

    ふぇい

    2015/7/7(火) 午後 10:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > たんたんさん
    そうなんですよね〜静かに淡々とした日々なので…
    映画としての盛り上がりがないように思いましたが、、
    姉妹それぞれの特徴がよく出てて、鎌倉の風土性も良くて。
    やっぱり是枝監督作品っていいなあ〜と思っています(笑)
    先日鎌倉方面に行ったけど、極楽寺は素通りしました💦
    来年は桜のトンネルを歩いてみたいと思っています。
    TB下さり、ありがとうございました(__)

    ふぇい

    2015/7/7(火) 午後 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    記事アップしました!
    TBお願いします☆

    かず

    2015/10/6(火) 午後 10:39

    返信する
  • 顔アイコン

    >かずさん


    かずさんの感想を読んで、、感心しちゃってます。深いわ〜。
    最近斜めに見ちゃってることが多い私…反省中です^^;

    TB下さり、ありがとう〜<m(__)m>

    ふぇい

    2015/10/7(水) 午後 5:16

    返信する
  • 顔アイコン

    綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、
    お互い個性を消し合うようになったりしないのかな!?
    との危惧もあったのですが、なかなかどうして…
    良い作品に仕上がっていましたね♪
    鎌倉の街と、是枝マジックのおかげでしょうか(^^ゞ

    やっくん

    2016/5/8(日) 午前 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    ずっと我慢していたすず、桜のトンネルの解放感、自分も好きなシーンです。TBさせてくださいね。

    シーラカンス

    2016/5/19(木) 午後 8:22

    返信する
  • 顔アイコン

    > やっくんさん
    4姉妹、それぞれの性格がくっきりでしたね^^
    姉妹を取り巻く鎌倉の住人たちも良かったですね!
    ほんとに鎌倉にまた行きたくなるような仕上がりでした。
    是枝監督ならではの作品でした。TB下さり有難うございました<m(__)m>

    ふぇい

    2016/5/27(金) 午後 4:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > shi_rakansuさん
    すずはいきなりの鎌倉に戸惑いながらも健気に生きていましたね^^
    あの桜のトンネルの開放感…春到来の良いシーンでした!
    是枝作品は忘れられない印象的なシーンがありますよね。
    TB下さり、ありがとうございました<m(__)m>

    ふぇい

    2016/5/27(金) 午後 4:36

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(5)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事