全体表示

[ リスト ]

 これまで使っていた Windows7 のハードディスクが窮屈になってきたので2TBのハードディスクにクローンコピーしようと、Windows7のコントロール・パネルにある「バックアップと復元」を使って作業を始めた。
 
 まず、元ドライブのバックアップ作業を開始、バックアップ先は内部ディスクでもUSB接続の外部ドライブでも良い。バックアップが完了すると、「システム修復ディスクの作成をしますか」と聞かれるので、「はい」をクリック。CD-ROMディスクを入れてシステム修復ディスクを作成し、終わったらWindowsをシャットダウン。
 
 バックアップ・ドライブとデスティネーション・ドライブを接続する。BIOSのBoot順位を1.DVD-Drive、2.Hard-disk に変更して電源スイッチを入れる。 システム修復ディスクをDVDドライブに入れて、電源投入後まもなくEnterキーをトントンたたいていると、システム修復ディスクが起動する。画面の指示に従って「次へ」をクリックすると
 
 「このバージョンのシステム回復オプションは、修復しようとするWindowsのバージョンと互換性がありません。このバージョンのWindowsと互換性のある回復ディスクを使用してください」
 と表示され、修復ができない。また、この画面から戻ることができず、次へ進むとシステム・リセットになってしまう。
 
イメージ 1
 
 ネットで類似のケースを検索してみたが成功例が少なく、成功例では、「この画面が出る前にデステネーション・ドライブを外しておき、この画面の時にデステネーションドライブをホットプラグ(運用中にドライブを接続する)」 など初心者には危ない・・・他、まともに成功した例がみられないなど・・・この詳細についてはまだ不明である。 Win7 のバックアップ・復元は、復元側のHDD容量が元ドライブより大きくないと実行できない( バツマークが出る)制約があり、些細な環境不和でも実行できず、使い勝手が悪い。
 
 バックアップ・復元に関する成功情報が少ないため、Windows7でのバックアップ・復元をあきらめ、EASEUS Todo Backup (\2,980) でバックアップ・復元を行うことにした。
 
 EASUS Todo Backup は、Windows画面上でドライブやパーティションの操作が簡単にできるようなので使ってみた。ただし、このアプリは複数台のマシンにインストールできない(既に使用されて・・・と表示)のでディスク起動版を作って実行する。
 ディスク起動版は、WindowsPEブータブルディスク作成を選択し、この中でWindowsPE. ISO用をダウンロードして起動ディスクを作成する。 Linux版 の作成も選択できる。
 Windows7バックアップ・復元と比べ、復元HDDの容量制限がなく (元HDDデータ量<復元側HDD容量ならOK) 、USB接続HDDが使用可、パーティション・チェック、コマンドプロンプト操作可など、何よりも些細なことでエラー停止せず、安心して作業が行える点が良い。もう、Windows7バックアップ・復元を使う気にはなれない。
 
  BIOSのBoot順位を 1.DVD-Drive、 2.Hard-disk にして電源スイッチを入れる。電源投入後まもなくEnterキーをトントンたたいていると EASEUS Bootディスクが起動する。
 
  画面の指示に従って 「クローン」をクリックすると次のような画面が出る。
 下の図は、2TBのデスティネーション・ドライブに後述の処理を施したもので、そのままでは 2TB以上のGPT型パーティションのHDDは見えない。
 代わりにオリジナルとデステネーション側にもオリジナル・ドライブが表示される。これでは、クローンではなく、オリジナル・ドライブ内にバックアップするということになる。オリジナル・ドライブが2TB以上のGPTパーティションなら、これも見えなくなるだろう?
 
イメージ 2
 
 ここで 何か変だ ということに気づいた つまり、EASEUS Todo Backup Home版からGPT型パーティション・ドライブが見えないのだ。
 そこでいろいろ調べた結果、一般に2.2TB以上のハードディスクは GTP型パーティションであり、UEFIファームウエアがサポートされた最近のマザーボードでなければ Windowsを起動できない。なお、1TB以上のHDDならGPTパーティションに設定できる。
 GPT型のHDドライブを UEFI非対応のマザーボードからWindowsを起動するには、従来からのMBRパーティションに変更しなければならないのだ。 ここ数年ハードウエアいじりから遠ざかっていたら、すっかり 「浦島太郎」になってしまったようだ。
  そういえばマザーボードのAGPスロットが姿を消し、PCI Express x16 スロットに変わったのも、昨年知った。(まだAGPカードをたくさん持っている)
 
 現在発売されているWindowsマシンの多くは、UEFI(起動時にF8キーを叩いてDVDにあるUEFIファームウエア)を起動するものになっている。UEFI はGUI(画像表示で直感的操作が可能)で操作が容易ということだ。
 
 従って GPTパーティションの 2TB HDD を従来のMBR型のパーティションに変更することにした。注意点は、MBRパーティションは2.2TBまでしか管理できないので、2.2TB以上のHDDを MBR に変更すると、2.2TBを越える領域は未割り当てとなり、使えなくなる。
 
  以下はGPTパーティションをMBRパーティションに変更する手順だ。
   GPT保護パーティションを削除する ← (リンク先を参照ください)
  Windowsのアクセサリ・コマンドプロンプト(Win7 修復ディスクにもある)から行う。
 
イメージ 3
 
 上記を参考に先のデステネーション・ドライブ(GTP 2TB)のパーティションを削除する。
      (パーティション全体を削除するのではなく、GPTブート・セクタの内容を消去する)
  もし、誤ってパーティションのファイル・フォルダを削除してしまったなら、上記の手順で
EASEUS Todo Backup から Clone をやり直せばよい。
 
 Clone作業が終わったらWindows7を起動してみる。もし、Windows7 が起動エラーとなったら、以下の手順で「スタートアップ修復を行う。Windows7 を起動前に f・8 を叩いて・・・・・・・。
 
 コンピュータの修復 →  次へ  → スタートアップ修復 → 自動修復 (Win7 修復ディスクでも同じ)
 
 
 以上、かなり複雑で迷走したものの、なんとかWindows7のディスク・クローンが成功した。Windowsの認証も問題なしでメデタシ・メデタシ。すでにマシン3台をクローン・コピーした。 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事