還暦超えた-じいさんの・・「ボケ防止」ゴゾゴゾと猫とカメラ?

最近益々ぐうたらになってきた我儘じじいです・・・・m(_._)m。

全体表示

[ リスト ]

先日ファンのみ閲覧可能な記事にHDDを認識しないBIOSの話を書いたが
(今はもう削除した。)
実は、それより前にもこのマシンには別の不具合が発生していました。

とある機器を制御し設定を変更する為にソフトをインストールしたようです。

microsoft NET.frameworks 1.1をインストールしそのソフトに付いていた
説明書きに従いレジスリーも操作したとの事だった。
既にそのシステムは処理を終え納品もして不接続状態になりました。

その後、起動時にAdminiでのログインが強制的に出るようになった。
そこで、パスを入れて立ち上げようとしてもいつまでたっても立ち上がらず
固まってしまい別のユーザーの選択も出来ないとの事で、電話が入った。

調べてみると新しいASP.NET machine Accountが出来ており
どうも直接ポートをたたくような機器の制御システムだったらしい。

このように固まるほとんどがドライバーの不具合なので
セーフモードで立ち上げたところ、素直に立ち上がる。

そこで、ゴゾゴゾとしログインユーザーを選択できるようにし
従来のユーザーアカウント(管理者権限付き)で起動するようにした。
おまけで不要なサービスや起動時に自動的に読み込まれる不要なものも
手動起動に変更。

以前のように何もしないでそのままユーザーアカウントで起動出来るように
とレジストリーを操作し強制的にAdminiログインになっていたのを解除した。

当然ASP.NET machine Accountも不要なので削除した。

わたしゃが組み上げたので当然Adminiのパスは知っていましたが
もし、わからなかった場合はどうするのか?

まぁ・・HDDをひっぺがして別のマシンでデーターは読めるが
このマシンのように特注の業務システムが入ってたりすると
データーは取り出せても仕事そのものが出来なくなります。

やはり、それらの環境も含めて動作させる必要がありますね。

アドバイスとしては業務管理マシンと作業用のマシンは混同してはいけません。
特にハードを直接たたくようなシステムが導入されると不具合の危険度がグっと
高まります。

コストはかかりますが、業務管理と作業は別のマシンを準備した方が良いですね。

さて、Windows NT 系のアカウントのパスワードをリセットしたり
Administrator のパスワードがわからなくなった場合に、どうするのかを
忘備録を兼ねてアップします。



Offline NT Password & Registry Editor を使用します。

このソフトでの動作テスト済み OSは
    Windows NT 3.51 と NT 4 の全てのエディション(Server, Workstation)と全ての SP
    Windows 2000 の全てのエディション(Professional, Server) と全ての SP
    Windows XP の全てのエディション(Home, Professional など)と全ての SP
    Windows Server 2003 の全ての SP
    Windows Vista の 32/64bit 版と SP1
    Windows 7 の全てのエディション
    Windows Server 2008

だそうです。Win8も理屈的には可能なはずですが、未確認です。

これはパスワードを解析する Ophcrack よりも確実にパスワードをリセットできます。

まず、http://pogostick.net/~pnh/ntpasswd/bootdisk.html
へ行って中ほどにあるDownloadの下にある「usb110511.zip」を落として下さい。

-----------------------------------------------------------
20151217現在はusb140201になっており
ローカルアカウントのパスはリセットできるのでまだ使える。
(ユーザー名の下にメアドが記載されてないやつ)
-----------------------------------------------------------


展開すると中にreadmeがありますが、まぁ・・当然のように英語です。
ちょっと説明すると

USBメモリー(以下USB)を準備して展開されたFile類をコピーします。
別にフォルダーを作る必要もないし、既に何か入っていてもかまいません。
次に管理者権限でアクセサリーからコマンドプロンプトを立ち上げます。

もしUSBのドライブ番号が「J」だとすると

j:\syslinux.exe -ma j:

と入力します。

これで、Boot出来るUSBが作成されました。

後はBiosのBoot設定を確認してこのUSBから起動します。

メモ:このソフトでは[]内に何か書かれていた場合
Enterキーを押すだけでそれが入力されます。

起動時には文字がいっぱい出てきますが、暫らくお待ち下さいな。

1:まずWindowsがインストールされているディスクパーティションを選択する。

Windows がインストールされているパーティションは

Candidate Windows partitions found:
1 :             /dev/sda1    80054MB BOOT
2 :             /dev/sda2   110037MB
Please select partition by number or
.

Select: [1]

こんな感じに右に BOOT と表示されるのでその番号を選びます。

「Success!」と表示されれば読み書きが出来るかの確認が終わり
   これからの作業が出来ます。

2:次にレジストリファイルを選択ですが、レジストリファイルは
 OS のバージョンにより決まった場所にあるので、自動的に探し出してくれます。


What is the path to theregistry directory? (relative to windows disk)
[WINNT/SYSTEM32/config] :

こんな感じです。

で、そのままEnterキーを押すと

Select which part of registry to load, use predefined choises
or list the files with space as delimiter
1 - Password reset [sam system security]
2 - RecoveryConsole parameters [software]
q - quit - return to previous
[1] :

Selected files: sam system security
Copying sam system security to /tmp

こうなりますので、そのままEnterキーを押す

<>========<> chntpw Main Interactive Menu <>========<>
Loaded hives: <SAM> <system> <SECURITY>
  1 - Edit user data and passwords
      - - -
  9 - Registry editor, now with full write support !
  q - Quit (you will be asked if there in something to save)

What to do? [1] ->

次に

===== chntpw Edit User Info & Passwords ====
| RID -|----------- Username ---------------| Admin?  |- Lock? --|
| 01f4 | Administrator                             | ADMIN   |             |
| 01f5 | Guest                                      |           | *BLANK*  |
| 03e8 | online                                     |           |             |

Select: ! - quit, . - list users, 0x<RID> - User with RID (hex)
or simply enter the username to change: [Administrator]

こうなりますので、Enterキーを押すと

- - - - User Edit Menu:
 1 - Clear (blank) user password
 2 - Edit (set new) user password (careful with this on XP or Vista)
 3 - Promote user (make user na administrator)
(4 - Unlock and enable user account) [seems unlocked already]
 q - Quit editing user, back to user select
Select: [q] >

こうなりますのでAdministrator のパスワードをクリアー(空)するので「1」を入力します。

Password cleard!

Select: ! - quit, . - list users, 0x<RID> - User with RID (hex)
or simply enter the username to change: [Administrator]

こうなれば成功ですので、「!」で抜けだし
chntpw のメインメニューに戻るので q キーで chntpw を終了します。

<>========<> chntpw Main Interactive Menu <>========<>
Loaded hives: <SAM> <system> <SECURITY>
  1 - Edit user data and passwords
      - - -
  9 - Registry editor, now with full write support !
  q - Quit (you will be asked if there in something to save)

What to do? [1] -> q

すると

Hives that have changed:
#  Name
0  <SAM> - OK

こんな画面になります。

次に編集した内容(パスワードを空にする)をディスクに書き込むため、y キー を入力する。

ここで Enter キーまたは n キー を入力すると
(パスワードを空にした)変更内容を書き込まないので注意!

About to write file(s) back! Do it? [n] : y

すると

writing  SAM

***** EDIT COMPLETE *****

You can try again if it somehow failed, or you selected wrong
New run? [n] :

こうなりますのでこのままEnterキーを押し終了。

USBを抜いてCTRL + ALT + DEL で再起動です。

決して、真夜中にパスのかかっている上司のパソコンや
経理部のパソコンなどを勝手に操作して悪い事には使わないように!

この記事は先週の土曜日から少しずつ書いてます。
当然見直してませんので、誤字・脱字・誤変換
等については、ご意見無用に願います。

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

2013/8/30(金) 午後 6:33 さん

ご貴殿ブログに後程お返事いたします。

しばし・・・お待ちを!

2013/8/30(金) 午後 7:01 junkii3 返信する

アバター

[壁]_-)チラッ

また、来ます ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

2013/8/30(金) 午後 9:40 ゆみりん♪ 返信する

顔アイコン

ゆみりん

うん・・わかるよ(^^)

2013/8/30(金) 午後 9:47 junkii3 返信する

顔アイコン

....

ポチン☆

2013/8/31(土) 午後 8:47 さくらそう 返信する

顔アイコン

さくらそうさん こんばんは。

お返事遅くなりました。・・・すみませんマニアックな記事で・・・

それでもポチン☆ありがとうね。

2013/9/5(木) 午後 6:28 junkii3 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事