田部井淳子の山旅日記

田部井淳子の山や旅での写真をご紹介しています

全体表示

[ リスト ]

田部井 淳子のHPはこちら→ http://www.junko-tabei.jp

2007年2月3日(土)
盛岡で合流した夫・政伸の車で田沢湖スキー場へ向かう。
天気予報は雨か雪という。スキー場に着く頃、雪が降り出す。
田沢湖スキー場は今年の国体会場で、すでに北九州、大阪ナンバーの車が多い。

山はまったく見えず視界悪し。リフトに乗り継いで秋田駒へ向かう予定を変更する。
スキー場で3〜4本滑り林道から八合目を目指すことにする。

林道にはすでにトレースがあったがスノーシューの跡だ。
イメージ 1

雪はどんどん降り積もり、みるみるトレースが埋まってゆく。
約2時間トレースをたどると3人の男性が木立で休憩していた。
「ラッセルありがとうございました」と声かけると「もうギブアップです。この雪では
とてもダメです。これから温泉です」と笑っていた。

私達はさらに登りつめたが視界も悪く、12時を回ったので、もう閉鎖された田沢高原スキー場に
合流したところよりシールをはずして滑る。
が、あまりの積雪によほど斜面が急でないと滑らない。下りもラッセルで結構疲れた。

予約していた孫六温泉は車を降りてから約800m歩く。
ザックを背負いシールをつけてスキーでゆく。狭い道の両側は雪の壁だ。
「もうすぐよ」と温泉帰りのオバさんから声かけられる。

15時30分、すっぽりと雪に囲まれた孫六温泉に着く。まさに秘湯。
本物の秘湯なのに〈日本秘湯を守る会〉に入ってないというのもいい。
イメージ 2

お風呂は長靴はいてゆく。雪のときはラッセルが必要。
女性用の露天風呂は雪の中。実にすばらしい。
イメージ 3

料理も家庭的で本物の味。いわなの骨酒はまた飲みにゆきたい。
雪しんしんと降る。
スキーラッセルは結構つかれた。

2月4日(日)
雪降りやまず。今日は乳頭山の予定だ。
去年47名が乳頭山で遭難騒ぎを起こして有名になってしまったが、無理せず行けるところまで
行こうと8時出発。孫六温泉の入口の上から急斜面を登る。すごいラッセルだったが
100m登ると平らになり、一面のブナの森となる。
一枝、一枝に雪がはりつき、まるで森の中は花ざかりのようだ。
イメージ 4


3人で交代、交代のラッセル。
途中森の登り下りがありシールをはずしたり、つけたり。
風も強く雪ジャンジャン降り。11時、1150mの所で引き返すことにした。

今回は山頂へ達せられなかったが秋田の雪の深さと孫六温泉のあたたかいもてなしと
静かさ、露天風呂のすばらしさに大満足。
イメージ 5
↑孫六温泉

田部井 淳子のHPはこちら→ http://www.junko-tabei.jp
沼尻高原ロッジのHPはこちら→ http://www.junko-tabei.jp/lodge.html

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

暖冬で雪崩時期が早くなっていると思っておりましたが、ここら辺はまだのようですね?。

2007/2/20(火) 午前 2:28 book of  koba 返信する

顔アイコン

小北洋三という京都府京都市民の人発達障害で自閉症に不理解です杉山登志郎さんに失礼です杉山登志郎さんに失礼です杉山

2018/6/24(日) 午前 0:09 [ kim***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事