田部井淳子の山旅日記

田部井淳子の山や旅での写真をご紹介しています

全体表示

[ リスト ]

田部井 淳子のHPはこちら→ http://www.junko-tabei.jp

2008年3月17日〜23日までマレーシアのジャングルでキャノピーウォークを楽しみ、
その後あこがれだったイースタン・オリエント急行に乗ってきた!!
どっちもすごかった!ですね。

クアラルンプールからバスで2時間半北東へ進み、クアラ・テンベリンの船乗場へ。
14人乗りの木ボートでテンベリン川を遡ること3時間。川の両側は熱帯雨林でしたが結構スピードがありどんな動物がいるのかは判りませんでした。

107のコテージがジャングルを利用して建てられているタマン・ネガラ・リゾートは素敵な所でした。
イメージ 1


はまゆうの白い花々が咲き乱れ猪や尾長猿がコテージとコテージの間を歩いているのです。
イメージ 2


その夜、ジャングル・ガイドさんと一緒にナイトウォークに出かけ光るキノコをはじめて見ました。
雨の後に見られるということです。
夕方15分位スコールがありそれが良かったのでしょう。ライトを消すとホタルのように地面の上にほの青い光が輝くのです。それはきれいなものでした。夜の写真はとれませんでした。
次の日これが光るきのこだと教えられたものは白い小さなきのこでした。
イメージ 3


一番の楽しみは世界最長を誇るキャノピーウォークでした。
最高所は地上より45mもの高さにあるのです。森を調査、観察する為に作られたとのこと。
木の上のつり橋で全長500m。猿になった気分で森を見下ろしながらの歩きはいい体験でした。
イメージ 4

2500種類の薬草があるといわれるこの熱帯雨林は途中の指導標もしっかりしており
アマゾンの雨林と比べると明るく楽しい歩きができました。

マレー半島最高峰タハン山(2187m)はここからさらに四日間川をわたりジャングルを越えて行くという
難行だそうです。いつかトライしたいものだと思います。


田部井 淳子のHPはこちら→ http://www.junko-tabei.jp
沼尻高原ロッジのHPはこちら→ http://www.junko-tabei.jp/lodge.html

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

飲料水は地下水を汲み上げているのでしょうか。
水質がどうしても気になりますね。

熱帯地方の山行に飲み水を浄化する為の道具について、何があるのでしょうか。

2008/5/1(木) 午後 4:04 book of  koba 返信する

顔アイコン

マレーシアにもあるんですね。
ヤシの葉っぱについているので、たぶん、光るでしょうね♪

2008/9/1(月) 午後 9:49 写真家 hiro* 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事