ポルシェ964日記

ぜったいポルシェ! 直メは 911@garagej.co.jp まで♪

’99 996パワーアップEDI

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

先程、996パワーアップエディションが新オーナーのMさんと一緒に旅立って行きました。

新オーナーのMさんは愛知にお住まいの方で、ポルシェはこの車が初めてになります。

去年の10月にこのパワーアップエディションのエンジンをOHしようと決断した当初から

この車の新オーナーになって下さるというオファーを頂き、それから待つ事約5か月。

色々紆余曲折もあり大変お待たせしてしまいましたが、本日、ようやく満を持して

納車させて頂きました。
イメージ 1

イメージ 2
この車についてはガレージJとしてもとても思い入れのある車で、Mさんのご協力があったからこそ

パワーアップエディションのエンジンOHという日本でも非常にめずらしい(初めて?)実績作りが出来ましたし、

このOH作業を通じて、996でもちゃんと普通にOHが出来るんだという良い事例になりましたので、

996に既にお乗りの方やこれから996に乗ろうとされてる方にとってみれば、

その安心感は計り知れないものがあると思います。

今回のこの事例を沢山の皆さんに知って頂く事で、996シリーズがこれからも安心して乗れる、

より身近なポルシェとして認知されるきっかけの一つになれば、この上なく幸せです。

今回のこの996のエンジンOHを企画するにあたり、当初から良き理解者として全面的にご協力頂けた

Mさんに心より感謝致します。


本日頂いたお土産の、ポルシェに因んだカエルまんじゅうもアップさせて頂きますね。(^^)
イメージ 3
この度は本当に大変有難うございました!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

明日納車予定の996カレラパワーアップエディションが完成しました!

お客様ご希望のデカールを貼ってたら、こんな時間になっちゃいました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
書類も準備出来たし、あとは明日、お客様がお越しになるのを待つばかり。

今日は疲れたのでそろそろ帰って寝ます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日はキーレスの修理でポルシェセンターさんに預けていた996パワーアップエディションを

引き取ってきました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
セキュリティの関係上、キーの修理だけはディーラーさんでしか行えないんですが、

それ以外の用事ではあまり来る事もないのですが、久しぶりに来てみるといかにも高級車を扱っているという

雰囲気が漂っていました。

ポルシェを販売しているボクが言うのも何ですけど、ポルシェって、やっぱ高級車だったんですね。(笑)

ボクにはちょっとココは敷居が高い感じがして、なんだか落ち着きませんでした。(^^;


で、帰りはその足でいつも996の整備をお願いしている協力工場さんへ。

先に入ってるカブリオレのほうも納車前整備の真っ最中です。
イメージ 4
先日スタビリンクを交換したのですが、フロントの入庫が間に合わずリアだけ交換してある状態だったので、

残りのフロントも新品に交換しておきました。
イメージ 5
996のスタビリンクって結構コトコト音が出やすくて、ウチからお納めする996の約半数以上は

交換しています(ちなみに隣のカブリオレも交換です)。

特にこの車のように足回りを車高調キットに交換した車の場合は、大体はスタビリンクも交換する事になります。

ココは996の弱点の一つですので、ウチでもオリジナル車高調とセットでもっと安価に提供出来る

スタビリンクが作れないか検討してみようと思います。


パワーアップエディションについては、あとはサイドデカールの作成のみ。

土曜日の納車までになんとか間に合わせます!(^^)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日はいよいよ納車が迫ってきたエンジンをOHした996カレラパワーアップエディションの
慣らしが終わったので少しブン回して乗ってました。
イメージ 1

この車に乗る時は、ついつい今まで乗ってきた996のGT3系と比較してしまうのですが、
2000回転以下の低速域に関しては排気量が3400ccという事もあり、
3600ccのGT3系のほうがトルク感がありますが、2000回転〜6000回転までの
回転域のパワー感に関してはなんら遜色なく、体感的にはGT3と互角です。
事実、以前にも記事で書きましたが6000回転までのパワーカーブは、
996後期GT3よりも上にありますが、それは実際に乗ってみるとなるほどなと頷けます。
特にこの車のエンジンはOHしてから慣らしが終わった直後という真っ新な状態という事もあり、
調律が取れていて、6個のシリンダーとピストンそれぞれの密閉度がいかにも高く感じるような
パンチ力が感じ取れます。
これは多分、作業をお願いした協力工場の社長さんが施したポート研磨や多岐にわたる細部の
微調整もかなり効いてるんではないかと思います。
兎に角、この車をブン回して乗ってみて遅いと感じる人は多分いないと思います。

かなりの仕上がりで完成したこのパワーアップエディションですが、現在は慣らし後の再整備
(各油脂類の交換や各部再点検、スタビリンクの全交換等)を終えて
ポルシェセンターさんにてキーレスの修理を行っていますが、来週にはウチに戻ってきて
オーナーさんのご希望のサイドデカールを作成し、来週末には納車の予定です。
初めてのS66ユニットのエンジンOHという事もあり、かなり時間が掛かってしまいましたが、
いよいよ納車に向けて、秒読みです。(^^)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

世にもめずらしい(?)S66ユニットのオーバーホールをしていた996Cパワーアップエディションですが、

いよいよ作業が終わって戻ってきました!
イメージ 1
まだ組んだばかりで慣らしをしないといけないのでブン回すことは出来ませんが、

3千回転以下で街乗りをフツーにしているぶんにはすこぶる平和で調子は良さそうです。
イメージ 2
これから慣らし運転を行ってから再度工場に預けてオイル交換や最終チェックをし、

順調に行けば来週中には全開でブン回して新品状態のパワーアップエディションの神髄を

味わえるようになると思います。

それが終ったらオーナーさんのご希望で次はリアアンダースポイラーの塗装・取付と

サイドデカールの貼り付けが終れば完成です。

いよいよもう少しですね!(^^)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事