ここから本文です

書庫全体表示

時代を読み違えた車

スバルからの新しい車、エクシーガ。

多人数が乗れての快適ミニバン。

しかしボディーは大きくエンジンは2Lターボ。当然ヘビーウェイト。

7月からはまたガソリンが値上げされてレギュラーが180円台になり

さらに原油高騰が続いているので年末には200円を越えるのが確実視されていますね。

もう燃費の悪い大きなSUVやミニバンを受入れるだけの状況ではないようです。

いくらレガシーのシャーシや関連部品の流用で作ったと言えどもその開発コストは

安くない筈。

思い切った省燃費車に心血を注ぐべきでなかったのかね。

スバルには良いディーゼルエンジンがあるのにそれを載せるべきだったかも。

アウディのエコランマラソンでは平均燃費が30km/Lを記録しているし

これくらいやらないと訴求効果はないですよ、ただの新車では...。

インプレッサクラスに例のディーゼルエンジン、こちらの方が断然今の状況にあって

いるとは思うね、ただデザインはダサイけど....。

売れるとはどう考えても思えないな。

この記事に

  • 顔アイコン

    レギュラーガソリンも200円時代到来まじかですね。
    経済専門家は260円時代も来ると算定していました。
    専門家によって意見の相違はありますが>
    まだまだあがるでしょう

    benrakky

    2008/7/4(金) 午前 10:32

    返信する
  • 顔アイコン

    200円を越えるだけで市場へのショックが大きいので
    この先250円あたりになる予想は現実的ですが
    言えないのも確かです。

    コンパクトカーでのディーゼル車がコスト的にも
    ハイブリッドやるよりは現実味があります。

    トヨタIQは小さい気もしますがこの大きさか
    全長3.6mくらいのコンパクトでディーゼル。

    実燃費も20〜25km/Lも可能な筈。

    過去のダイハツシャレードをもっと煮詰めたものですかね。

    下手なハイブリッドは不要かと。

    [ junshin_123 ]

    2008/7/4(金) 午後 9:10

    返信する
  • 顔アイコン

    スバリストの気持ちが解らなくもないのですが
    『ハイオクの方が環境に良いの知らないの?』は変ですね。

    もしそうであれば厳しい欧州の排ガス規制の中で
    ディーゼルの普及は無いはずです。

    確かにガソリンでハイオクならエンジンマネージメントは
    ディーゼルエンジンよりもし易いかもしれませんが
    時代は燃焼効率の追及と制御面でもデイーゼルに力を注いでいます。

    その証拠にルマンで戦うアウディーであるとか
    欧州の一般車でディーゼルが普及している実態を直視して
    みてください。

    古い車での話しならガソリン車でもディーゼルでも
    環境への影響の仕方は違え、どちらも良くないでしょ。

    富士重工には世界に誇れる素晴らしい水平対向2Lディーゼルが
    あります。黒煙も極めて少なく低速からのトルクは
    ガソリン車以上です。

    これはエンジンの構造上圧縮比、圧縮圧力がガソリンエンジンの倍
    近くあるのと加給機から実現しています。

    日本でディーゼル車が普及しないのは政治的な
    影響が大きいようですね。

    [ junshin_123 ]

    2008/7/8(火) 午前 2:27

    返信する
  • 顔アイコン

    エクシーガ、確かに7人乗れる事については
    多人数で利用する人には便利でしょうね。

    7人乗りは1つのパフォーマンスであり
    いつも5人、7人で乗るなら良いですが
    車は人の生活状況にあったものが要求され
    望まれる形態は人の感性もあり、且つ様々で割り切れるものでは
    ありません。


    デザインやパッケージについては人の好みが色々とあり
    選択肢の一つとしては良いでしょう。

    燃料費高騰の中では7人乗りだけでは不運のような気がするなぁ。
    せっかく良いエンジンをもっているのに。

    [ junshin_123 ]

    2008/7/8(火) 午前 2:28

    返信する
  • 顔アイコン

    日本の軽油がガソリンに比べて安いのは政府が取りやすいところ
    から税金を取るからで消費者保護より産業保護の政策のようです。

    各国の産業政策によって価格については差があるのでしょう。

    エネルギー変換で言えばその性質上
    低速回転から高いトルクが発生させ易い軽油に
    実用面でメリットがあって過去に問題視されていた
    排気ガスや黒煙などについてはその抑制する技術や
    クリーンデイーゼルの技術が最近はかなり良くなっています。

    乗用車のベンツやスポーツ系のアウディーも積極的ですね。

    排ガスに技術的な問題を依然として抱えておれば
    これらは認知されないですね。

    ただ高回転で高い出力を発生させるガソリンエンジンの
    特徴などは環境云々ではなくフィーリング的に気持ち良く
    捨て難いです。

    ディーゼルの重いフライホイールや回転重量物に対して
    回転重量を軽くできるガソリンエンジンは
    回して気持ち良く個人的には好きです。

    7000回転や8000回転で弾けるような感覚は
    到底ディーゼルでは体感できませんしね、
    ただ高回転、高出力型は環境面では厳しいでしょうか。

    [ junshin_123 ]

    2008/7/8(火) 午前 10:30

    返信する
  • 顔アイコン

    面白い話してますね。
    ちょっと参加させて下さい。

    環境とは二酸化炭素だけが問題なんですか?
    粉塵や騒音、そして人の満足度も最低限必要では?
    電気自動車が普及すれば考えますよ。
    でも、今の技術ではガソリン車の方が満たしていると思います。
    所詮ディーゼルも環境破壊です。
    ディーゼルに労力やお金を注ぎ込む位なら、
    電気自動車や水素エンジンに注ぎ込んだ方が良いと思います。 削除

    [ セクシーガ ]

    2008/7/8(火) 午後 0:50

    返信する
  • 顔アイコン

    話しが複雑になるのであえて環境について論点を置いてなく
    単に燃費性能について不利だろうと感じる次第です。

    別にディーゼル絶対主義でもないですよ。

    マツダがやっている水素自動車や他メーカの電気自動車でも
    環境や価格なども含む実質性能が上がれば有りでしょう。
    しかしもう少し時間が必要かもしれませんね。

    少しでも高率がよく燃料費を抑制したい考えは永遠でしょうし
    ディーゼルへの期待も模索している過渡期かと思います。

    ところで『今の技術ではガソリン車の方が満たしていると思います。』とはどのあたりでそう思われますか。

    [ junshin_123 ]

    2008/7/8(火) 午後 4:05

    返信する
  • 顔アイコン

    燃費や出費だけの事を言っているのではなく、
    環境問題では粉塵や騒音も含めた環境。
    そして人の満足度。
    総合してガソリン車の方がそれらを満たしているのでは・・・・?
    レギュラーよりハイオクの方がほとんど変わらない性能で、
    副産物が少ないし。・・・と言う意味です。

    どんなに理屈で分かっていても、
    満足しなければ結局は普及しないって事ですよ。
    ただの押し付けで、ストレスが溜まるだけ。
    反動は大きいですよ。

    ディーゼルも所詮は二酸化炭素を排出しているから五十歩百歩。
    ディーゼルを普及する前に、電気や水素または他の何かを
    徹底的に追求して、ガソリン以上の性能を得る事が先決。 削除

    [ セクシーガ ]

    2008/7/8(火) 午後 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    どうもディーゼルのイメージが悪いようですね。

    昔の黒煙とダルな回転の印象が拭えないかな。

    好む好まざるは別としてディーゼルへのシフトは進むでしょ。
    電気自動車や水素自動車など他の動力環境が普及するまでは。
    ここで説明するより参考までに。
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080526/1012650/?cd=ov&M=tren&KW=30347

    [ junshin_123 ]

    2008/7/9(水) 午後 7:59

    返信する
  • 顔アイコン

    エクシーガやマツダのビアンテも良い車だと思う、
    しかし設計当時にこれだけガソリンが高騰するなど
    想定できる筈もなく販売時期については悲運である。

    ディーラーのセールスの実感ではやはり売り難いと訴える
    方が多いようだ。

    コンパクトで燃費が良いのが売り易く求め易いのも自然の流れです。

    レギュラーガスが200円に迫りさらに上昇する予測の中でも
    ガソリン車は売れるでしょうが、長距離を走る方だけでなく
    少しでも燃料費を削りたい思いも大きい筈。

    電気自動車や他の動力への置き換えにはまだまだ時間が必要。
    それまで少なからず期待するものはあると思う。
    この時勢に応えるインパクトが弱いのは辛い。

    [ junshin_123 ]

    2008/7/9(水) 午後 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    日本メーカのハイブリッド何んかはそれこそインパクトが
    あって他国メーカーに強い影響を与えましたね。

    これに習えと欧州ではディーゼルハイブリッドを出す予定とか
    マツダは水素ロータリー発電の電気自動車。

    どこも暗中模索の状態、1滴の燃料の効率とそのアドバンテージの
    誇示に必死です。

    ただ単純に私の場合1t未満の貨物車を1600ccガソリン車から
    ディーゼル1800ccの貨物にしたけれど
    市内燃費は7km/Lから12km/Lへ、長距離は
    9km/Lから15km/Lへ平均的に伸びているの事実は
    こと省燃費については有りがたい。

    ま、何を重視するかは個人的に異なるだろうけど。

    [ junshin_123 ]

    2008/7/9(水) 午後 8:23

    返信する
  • 顔アイコン

    ガソリン代が気にならないのは良いですね。
    それにエクシーガへの思い入れも惚れ込まれて
    いるようでメーカーじゃないけど嬉しく思います。

    私も車が好きで半分趣味で乗っているロードスターは
    ハイオクでもそんなに気にはなりません。
    あくまで楽しむ部分が多いと言う意味で割り切れたりします。
    好きで車に乗れるのは嬉しく幸せですね。

    妻のローバーミニは普段の買い物用ですが
    さすがに毎日の足としては例えレギュラーでも
    使用頻度が多いのでこたえます。

    できるだけ自転車や徒歩には切り替える努力はしてまいますが..。

    『ディーゼルなんか論外』やはり印象が悪いですね。

    近くディーゼルのスポーツタイプが出るよう何んだが...。

    [ junshin_123 ]

    2008/7/10(木) 午前 9:55

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは、
    「時代を読み違えた」に抗議!

    我が家は子供2人の4人家族で、休みにしか車を使いません。
    5人乗りのフォレスター(四駆ターボ)に乗っていますが、
    チャイルドシートを2つ付けたら他には誰も乗れません。
    休みに友人や両親と出かける事が多いのですが、
    いつも2台になってしまいます。
    連休は遠出や旅行に行く事が多いですが、
    昔乗っていた馬力の無い車の時は疲労がすごい。
    結局SA等で寝るから、その間はアイドリング。
    しかも2台3台で行くと、すぐ逸れて足止め。
    山道、オフロード、雪道、高速、色々な条件下で、
    多人数で乗れる車、エクシーガは時代最先端です。
    これらの条件を満たす、唯一の車が出た事を非常に喜んでいます。
    エクシーガ2.0GTを買いました。8月納車予定です。
    待ち遠しいです。

    ただ7人乗りなら良いわけではなく、
    なぜスバルなのか?エクシーガなのか?
    スバルAWDとVDCが最高の安全性で子供を守ってくれるから。
    H社、M社、T社より断然高性能。M社やN社なんか論外。
    安全性でも最先端。
    しかも大人数で楽しく走る事が出来る。 削除

    [ オカヤドカリ ]

    2008/7/19(土) 午後 4:59

    返信する
  • 顔アイコン

    オカヤドカリさんこんにちは。 いきなり抗議?

    ま、さておいて週末にご家族で車を利用される雰囲気が
    よく解ります、子供達とご両親と皆さんで移動されるには
    多人数で乗れる性能はぴったりのようですね。

    それに走りに振ったGTを買われるとは車好きな方のようかと。
    納車の待ち遠しさと喜びが目に浮ぶようです。

    5人兄弟の私も昔は両親と当時の小型大衆車で詰め詰めになりながら
    旅行などへ連れて行かれ狭いながらも楽しい想い出が
    沢山残ってます。皆で一つになるのは良いですね。

    納車されると当分は毎日乗りたくなるね、ターボを効かした走りは気持ちよいでしょ。

    週末に乗る程度ならハイオクだって少々燃料費が高くとも
    納得でしょうか。

    [ junshin_123 ]

    2008/7/22(火) 午後 1:18

    返信する
  • 顔アイコン

    この車がジャストフィットの方には良い選択でしょうね。

    今の時勢、大局的には低燃費車へシフトせざる得ないのは事実です。
    世界に問える折角の素晴らしいエンジンを開発できたと言うのに
    塔載できない政治的問題と高騰する燃料の現実ではやはり悲運だ。

    できるものならアウディーのようにエコランマラソンで1600km無給油、30km/L突破なんて日本を舞台に九州〜北海道にかけてできれば大衆への大きな訴求力があっただろうに。

    しかしいずれ塔載されるでしょうね、事実レガシーあたりに載せるアナウンスはされているようだし、そうなればこの車の販売力は底上げされるかもしれない。

    [ junshin_123 ]

    2008/7/22(火) 午後 1:19

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事