平成 徒然紀行・追憶から新しい旅へ

思い出の地を訪ねる旅と、定年後に 徒然思うこと

'12カナダ

すべて表示

オーストリア・ウイーン紀行 〜平成徒然紀行〜

               (写真はホテル・ザッハ―のサロンとカフェとターフェルシュピッツ)                ウイーンの最高級ホテル・ザッハーのサロン  7月27日(木)夕方、ゼメリング鉄道を体験してウイーン駅に到着。新駅だそうだが、まだ周囲は建築工事が進行中。夕食のレストランの集合まで1時間の自由時間があり、オペラ座付近を散策する。  O夫妻が「ホテル・ザッハー」を覗いてみようと言うので一緒に行く。  ホテルとは入口が別になっているカフェには、ザッハートルテを食べようと順番待ちの列が長い。  夫妻はその混雑をしり目にスイスイとホテルのレセプションを通り過ぎようとする。果たして私の妻がボーイに呼び止められる。そのボーイにO夫人が何かしゃべってくれた。するとすんなりと通過できた。 「なんて説すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

                      (写真はプランターで育った人参の花、イチゴの花)                  吉野源三郎著「君たちはどう生きるか」  主人公コペル君の精神的成長を語り伝えようとした「吉野源三郎」の「人生論」が、今、コミックにもなって書店に並んでいる。私は岩波文庫で読んだ。  コペル君が自分自身を、広い世の中 ...すべて表示すべて表示

                                     (写真は本、睡蓮)                 ドイツ強制収容所の記録「夜と霧」(ヴィクトール・フランクル)  ドイツの強制収容所で2年半を過ごした体験を赤裸々に記した世界的名著。  歴史とは、人間とは、世代を超えて読み継がれたい本を、遅まきながら読む。  表 ...すべて表示すべて表示

                          (写真はお台場、東京・ベイコート倶楽部)                   お台場、「水の科学館」と「東京・ベイコート倶楽部」  6月第1日曜日、真夏とも思えるような強い太陽が輝くお台場の「水の科学館」で孫たちと遊ぶ。  お台場のベイサイドには、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サン ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事