平成 徒然紀行・追憶から新しい旅へ

思い出の地を訪ねる旅と、定年後に 徒然思うこと

'12カナダ

すべて表示

オーストリア・ウイーン紀行 〜平成徒然紀行〜

               (写真はホテル・ザッハ―のサロンとカフェとターフェルシュピッツ)                ウイーンの最高級ホテル・ザッハーのサロン  7月27日(木)夕方、ゼメリング鉄道を体験してウイーン駅に到着。新駅だそうだが、まだ周囲は建築工事が進行中。夕食のレストランの集合まで1時間の自由時間があり、オペラ座付近を散策する。  O夫妻が「ホテル・ザッハー」を覗いてみようと言うので一緒に行く。  ホテルとは入口が別になっているカフェには、ザッハートルテを食べようと順番待ちの列が長い。  夫妻はその混雑をしり目にスイスイとホテルのレセプションを通り過ぎようとする。果たして私の妻がボーイに呼び止められる。そのボーイにO夫人が何かしゃべってくれた。するとすんなりと通過できた。 「なんて説すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

                                   (写真は 竹林と梅林)                   「よく似た人」(内館牧子のエッセイ「女盛りは心配盛り」)  内館牧子さんの小説やエッセイは軽妙でおもしろい。  妻が、借りてきた「女盛りは心配盛り」を読み終えた後、パラパラと飛ばし読みをしていると面白い記述に出会 ...すべて表示すべて表示

                    (写真は クライストチャーチ、ハグレ―公園と羊たち)                 ニュージーランドの銃撃事件と日本の移民法と外国人の保健悪用  あの平和で美しい羊の国・ニュージーランド・クライストチャーチで白人によるイスラム・モスクへのテロ銃撃事件が起こった。移民に対する白人の襲撃テロという声明のよう ...すべて表示すべて表示

              「お茶」が教えてくれた15の幸せ(「日日是好日」森下典子)  私は当然「お茶」の素養もないし、日常たしなむこともない。しかし、この本を手にして読み始めると、ぐいぐいとその文章の美しさと内容に引き込まれていった。  「まえがき」にその粋が書いてあった。  まず、「お茶」とは関係のないフェリーニの映画「道」が、 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事