ここから本文です

書庫めめんともりせんめつふぁいやれん

記事検索
検索

全2513ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【民進党代表選】
蓮舫氏は独自路線を打ち出せるのか? 岡田路線の継承との見方濃厚 民共連携や改憲は具体論乏しく…

 かつて「仕分けの女王」として注目を集めた民進党の蓮舫代表代行が党代表選(9月15日投開票)への出馬を正式に表明した。自らの党運営方針を「蓮舫路線」と命名し、参院選で敗北した岡田克也代表と一線を画す姿勢を強調した。だが、共産党との選挙協力のあり方や憲法改正議論の考え方は岡田氏に限りなく近い。歯切れ良い言葉の裏には岡田路線の継承がにじみ出ている。(坂本一之)
野党連携は検討必要

 蓮舫氏は出馬を表明した5日の記者会見で、岡田氏の後継者としての意識があるかを問われると、素早くこう切り返した。
 「代表として目指すのは『蓮舫路線』。それ以外でもまったくない」

党内には、参院選で共産党との選挙協力を進め、結局敗北した岡田体制について「再び政権を奪還する可能性を感じさせない」(中堅)といった厳しい批判が相次いでいる。蓮舫氏は岡田路線の転換をアピールすることで、非主流派からも一定の支持を得る狙いだ。

だが、具体論に入ると、得意の歯切れの良さは失われた。

共産党が提唱する野党連立政権「国民連合政府」構想には反対する考えを示した。一方、次の衆院選での共産党との選挙協力は「(参院選の)基本的枠組みは維持しつつ、検討を必要とする」と指摘。


これは党が5日に決めた参院選総括の文章を

そのままなぞっただけ。

共産党との関係は曖昧なままだった。


 こうした蓮舫氏の姿勢に対し、代表選出馬に意欲を示す長島昭久元防衛副大臣は5日、記者団に対し「党の主体性を失った形での野党共闘は転換すべきだ」と苦言を呈した。

 若手から出馬への待望論が出ている玉木雄一郎国対副委員長も「蓮舫氏の会見は幅広い方々から支援が得られるような言い方をされていた」と記者団に皮肉交じりに答えた。


憲法改正も同じ…

 改憲議論についても、蓮舫氏は3月に旧民主党と旧維新の党が合流した際にまとめた基本合意をそのまま引用。

「憲法の基本理念は尊重した上で、時代の変化に応じ必要があれば地方自治の条文の改正を目指すとはっきり明記している」と説明した。


 蓮舫氏は国会の憲法審査会に積極的に参加する意向も示し、参院選後の記者会見で安倍晋三政権下での改憲議論容認に転換した岡田氏と同じ方向性を示した。

党内では、“名前”で独自路線を打ち出しながらも「結局は岡田氏と同じ路線だ」(中堅議員)との指摘も出ている。

人気は断トツ

 一方、選挙応援で引っ張りだこの蓮舫氏の認知度は党内でも断トツだ。共同通信の最新の世論調査では、党代表に「誰がふさわしいか」との問いに31・1%が蓮舫氏と回答。2位の前原誠司元外相(11・3%)や3位の枝野幸男幹事長(9・4%)に大差をつけた。

 蓮舫氏は知名度という武器を最大限に生かすとみられ、

党関係者からは

「党内議論を呼び起こすような重い議論は、代表選では触れない戦略ではないか」との見方も出ている。

開くトラックバック(0)

【参院選】
野党共闘「首相に口汚くののしられた」 民進・岡田克也代表が恨み節

 民進党の岡田克也代表は4日の記者会見で、参院選の改選1人区で野党4党が統一候補を擁立した共闘について


「安倍晋三首相ご自身の口でかなり口汚くののしられたが、


国民にはあまり届いていなかっただろうと思う」と述べた。


 同時に、次期衆院選でも与党から批判を浴びることを想定し「そういう風雪に耐えて、しっかりと協力していく。耐えられるだけのものをしっかりと作り上げていくことがわが党の執行部として求められる」と指摘した。

開くトラックバック(0)

2016.7.30 23:07更新 http://www.sankei.com/politics/news/160730/plt1607300045-n1.html

【民進党代表選】
岡田克也代表不出馬会見詳報(上)「野田佳彦前首相には、私の考えをじっくり話させてもらったhttp://www.sankei.com/images/news/160730/plt1607300045-n1.jpg次期代表選不出馬の意向を表した、民進党の岡田克也代表=30日、東京・永田町の民進党本部(宮崎瑞穂撮影)

 民進党の岡田克也代表は30日午後、党本部で記者会見し、任期満了に伴い9月に予定される党代表選について「出ないと決断した」と述べ、不出馬の意向を明らかにした。詳細は以下の通り。
 ◇ 
 私から2点、申し上げたい。第1点は、いよいよ今日で都知事選、選挙運動期間が終了する。まず鳥越さんに非常に頑張っていただいていること、7月10日の参院選の結果を見て決断していただいて、出ていただいたことを心から感謝している。現時点で追いかけている状況かもしれないが、何とかして追い着き、追い越す。都知事として当選するように党としても全力を挙げていきたい。何が何でも、今までの流れを断ち切って新しい都政を始めるために鳥越さんに最後、踏ん張っていただきたいと思っている。
 もう1点は、私の代表選についての問題だ。都知事選をやっている最中に、私が一定の方向性を出して、いろんな人がまた手を挙げて党内がゴタゴタした印象を与えるのは好ましくないと申し上げてきたが、事実上、選挙運動期間も終わる中で、私の考え方を明らかにしておいた方がいいと考えた。

結論から申し上げると、次の代表選には出ないという決断をした。7月10日の参院選が終わってから「白紙だ」と申し上げてきた。まさしくリセットして、それまで何とか党を立て直す。そのために参院選で結果を出すということで1年半やってきたが、これからどうすることが日本の政治にとって、あるいは民進党にとって好ましいかということを考えてきた。
 1つは、私自身の達成感というのがある。(旧民主党元代表の)海江田(万里)さんが(平成26年衆院選で)落選されて、代表がいなくなった。その後、私が代表に就任したわけだが、この1年半の間に例えば維新の党との合併、あるいは野党共闘路線の方向付けができたと思っている。
 衆院の候補者についても、おおむね200人程度をそろえることができ、戦える態勢はできた。その中で迎えた今回の参院選だが、過半数を相手方に許したわけだから、負けは負けだが、3年前と比べると17議席から32議席ということで、一定の成果を出すことができたと思っている。どん底の状態から反転攻勢ができる一歩を踏み出すことができたと思っている。そういう意味では、一区切りつけられる状態まで来た。

相当な責任感でかなり集中してこの1年半やってきたが、ここで一区切りをつけて新しい人に担っていただいた方が党にとっても、日本の政治、政権交代可能な政治をつくるという意味でも望ましいのではないかと判断した。もちろん私の任期はまだ2カ月近くあるから、その間しっかり責任を果たしていくが、後は一歩後ろに引いて、新しい人々に党を担っていただきたいと思っている。
 私自身は代表として1年半やってくる中で、どうしても代表であるがゆえに深く取り組めない問題もあった。私の認識では世界は大きく変わろうとしている。米国の大統領選挙を見ても、EU(欧州連合)の状況を見ても、あるいはアジアにおいても中国の最近の振る舞いなど非常に大きな変化があるのではないか。そういう問題に代表だからこそできることもあるが、しかし代表であるために深く極められない件もある。もう少しフリーの立場であれば、しっかり取り組めるのではないかと思っている。
国内も(安倍晋三首相の経済政策)「アベノミクス」は、私は限界に立ち至っていると思うが、その後、日本をどうしていくのか、特に財政の健全化、あるいはこれからの本格的な少子高齢化の中で社会保障制度の改革など少し自由な立場で極めたいという思いをずっと持っていた。そういったことをこれから真剣に取り組んでいく、そういう時間を作ることもできると思っている。いろいろ総合的に考える中で、次の代表選には出ない方がいいという判断をさせていただいた。 
 《岡田氏の説明が終わり、記者団との質疑応答に移った》
−−明日、投票日を迎えるタイミングで代表選に出馬しないと表明した理由は
 「基本的に関係ない問題だと思っている、都知事選と私の代表選への不出馬は。国会も月曜から始まるので、あまり長く引っ張るのは適切ではないと判断した」
 −−不出馬の意向を1週間ほど前に固めたということだが、何かきっかけがあったのか
 「特にきっかけはない。ずっと7月10日から頭の中を空っぽにして、久々に参院選も終わって、少し解放された気分の中で頭をリセットして、これからの日本の政治や、自分としてどういうふうに身を処すべきかということを考えたとき、合理的な判断として、私が出ないほうがいいだろうと。ここは新しい人にやってもらったほうがいいだろうと考えた」

−−このタイミングでの不出馬表明について、これまで都知事選の間はゴタゴタしないほうがいいとおっしゃっていた。このタイミングで発表したことで、無責任だという声が出かねないのでは
 「無責任だというご意見はちょっとよく分からない。私は引き続き代表として、この都知事選、最後まで戦っていく。その話と、私自身の今後の代表選の問題とは全く無関係、切り離された問題だ。国会が月曜から始まることを考えても、今のタイミングがいいだろうと。昨日ということも考えたが昨日か、今日かということの中で、今日を選ばせていただいた」
 −−そもそも鳥越さんに出馬を依頼されたのは代表だと思うが、まだ投票日も終わっていないのに、出ないと表明した。明日の有権者の投票行動への影響も考えたのか
 「いろんなことは考えた。鳥越さんの話は、鳥越さんが決意されて、私はその決意を聞いて、ぜひお願いしますと申し上げたというのが正確なところだ。いずれにしても、私は鳥越さんを当選させることについて、大きな責任を負っていると考えている。そのことと、2カ月近く先の代表選には出ないということは関係のない話だ」

《岡田氏は、都知事選と代表選不出馬の判断が関係ないと強調した》
 −−党内では参院選の結果に対する責任として、代表選に出るべきではないという声があるが、参院選の結果を踏まえて出ないという要素はあるのか
 「代表の責任論って直接、私は聞いたことない。いろんなことをブログで述べられている方はいらっしゃるかもしれないが、私はもちろん、6年前と比べて議席を減らしていることは事実だ。ただ3年前の17議席から32(議席)、公認だけで(増やした)。というのは、今までの最悪の状況から一歩踏み出すことができたと、私は考えている」
 −−野田佳彦前首相に会われたと思うが、野田さんのグループから応援をもらえない感触があったのか
 「全く(そういうことでは)ない。野田さんのグループということじゃなくて、私と野田さんのつながりは、非常に太い信頼関係で結ばれている。野田さんには事前にご理解をいただこうということで、じっくり話をさせていただいた、私の考えを。私の考えは、方向性は決まっていたので、ご理解をいただくために話をさせていただいた」
−−共産党との共闘関係について。新代表には今後も共闘関係を続けてもらいたいか、関係をいったん見直してもらうほうがいいか
 「私があんまり言わないほうがいいと思う。ただ先ほど言ったように、野党共闘の問題も、方向性は出せたと思っている。そのことも私自身が、一つの達成感があると言ったことの一つだから、もちろん私は肯定的に考えている」
 《岡田氏は次期代表に対し、「民共路線」継承への期待感をにじませた》

開くトラックバック(0)

田中元首相は権力乱用せず=生活・小沢氏が回顧

時事通信 7月26日(火)20時28分配信http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2Rhygs4kZdXOD8ARn2Zv_97/RV=2/RE=1469637304/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=dKd4hp2gPUrGGuyckhRrVAU0MJU-/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTYwNzI2LTAwMDAwMTUxLWppai1wb2wA/RK=0/RS=LvLiDjDdnE8NdQV7PQwdyrxm1No-      生活の党の小沢一郎代表は26日、田中角栄元首相の逮捕から40年にちなんで東京都内で開かれた会合に出席し、

「田中先生はあれだけの力を擁していたにもかかわらず、


自分の保身のために国家権力を行使するという

発想がなかった」などと元首相を回顧。



  「民主主義国家の政治家として、大事な基本の考え方だ」と語った。



  一方、安倍政権について、「自分たちの地位保全のために国家権力を行使し、テレビや新聞を抑えている」などと批判。「こんなことはかつての自民党の政治家は決して考えなかった」などと断じた。

 小沢氏は、自民党時代に旧田中派に所属。元首相は小沢氏の「政治の師」とされる。

開くトラックバック(0)

2016.7.21 22:48更新 http://www.sankei.com/politics/news/160721/plt1607210045-n1.html

【鳥越俊太郎候補「淫行」文春報道】
鳥越氏、報道陣の質問に「弁護士から説明させる」「『政治的力が働いた』というのは僕のカン」

 東京都知事選に立候補している鳥越俊太郎氏は21日夕、東京都中野区での街頭演説の後、週刊文春が「『女子大生淫行』疑惑」と題する記事を掲載したことについて記者団の質問に答えた。
 以下全文。
 −−鳥越さんはジャーナリストなんですけれども…
 はい
 −−司法の手に委ねるという、言論で返すということはお考えではないのですか?
 ああ、できるだけ地方にですか?
 −−ではなくて、あの、今回の週刊文春の件をジャーナリストという立場で告発するということはどうなんでしょうか?
 いや、それはもちろんありますけども、とりあえずは、事実無根なのできちっと法的措置を取ることがまず大事だと思いましたので、そこから始めたいと思います
 −−実際に記事に書かれた女性と、当時は別荘にいったというのは事実なんですか?
 ま、そういうことも含めましてね、これはあの、裁判になったり法的な問題ですので、うかつに私の口から具体的な事実についてあれこれ言うのは控えさせてください。これはすべて、そういう問題については、私の法的代理人である弁護士の方に一任をしております。以上です。


 −−政治的な、何か背景があるみたいなことをおっしゃってらしたが。それは何なんですか?

 はい?

−−政治的な力が働いたみたいなことを先ほどにおわせてましたけれども
 いやいやそれは、私のまあ、感想なので、あんまりそれは感想なので、




事実を確認したわけはないので、



それをあんまり強く言うことは控えたいと思います。

 −−大きな力が働いたと思われた理由はどういったところなんでしょうか?

 いや、理由は何もありません。僕のカンです。私は51年間この仕事をしてきて、直感をいつでも働かせながら仕事をしてきましたんで、直感である程度そういうことはあるかもしれないな、というのはまあ、思った次第…それは何も事実があるわけではありませんので、こういう事実があるからこうだ、というつもりは全くないです。
 −−相手の女性にまったく心当たりはないんですか?
 はい?
 −−相手の女性に心当たりはありますか?
 それについても、一切ここで私は答えるつもりはありません。そういうことも含めて、そういう私の法的代理人弁護士の方に、まあ一切、そこが窓口になってますので、そこで、通してください。これ以上のことを言うつもりはありません
 −−結果として今回の報道でイメージダウンというのは避けられないという見方もあるんですが、それについてはどう思われますか

ま、それももう私は私なりにちゃんと受け止めてますので、具体的には、それがどうなるかということについてはですね、私が何も感想をいう立場にはありませんので、それについて、もし影響がどうかということをお聞きしたいんだったら、私の弁護士の方にちゃんと聞いていただければ、お答えできると思います
 −−少なからず不安に思っている都民もいるかと思うんですが?
 はい?
 −−少なからずこの件について不安に思っている都民もいるかと思いますが…
 まあ、それはだから私がきちっと法的措置をとったということで、不安はできるだけ解消していただきたいと思います。断固たるつもりで私はやっていますから。
 −−政治家になろうとしているのであれば、まず説明する責任があると思うが、それはどうでしょう
 はい。もちろん…
 −−この場で…
 だから、それは説明の責任はきちっと私の法的代理人のところからきちっと説明させていただきます。
 −−本人が説明するのが筋では…
 いやこれはですね、告訴状を提出いたしましたので、今後は法的な裁判とかいうことになってまいりますので、それの具体的なことについて、私の一存で具体的に言及するのはここでは控えさせていただきます。以上です、ありがとうございました。

開くトラックバック(0)

全2513ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事