ここから本文です

書庫全体表示

新報道2001に出演した江田憲司さんと前原誠司さん。


2人とも


『TPP交渉に参加しないなんておかしい。 みんな参加して例外品目を確保してる。みんな例外品目ある。日本も参加して例外品目を確保すればいいじゃない。』


という論調でした。



しかし、これは明らかに間違いです。



日本の政府の資料に『一度決めた議論を蒸し返さないこと』、『早期妥結を目指す』という文言が入ってました。 『・・ということを言う国もあったりなかったり』とか言葉を濁してはいましたが。


しかし、アメリカのCSISという小泉進次郎さんがお世話になったシンクタンクには
もっとハッキリと

『新規交渉参加国は今まで決めたルールに全て同意しなければならない、という
ことを11月のホノルルの会合で確認した』


と書いてありました。 あの、野田さんがTPP議論からはじき出された会合です。 


そういう事実を2人とも絶対に知ってるはずなのに、それを隠した上でそんな
楽観論を展開している。  これは、本当に許せませんね。


従って、私は今後上記のようなバカげたTPP賛成論があっても全く心が
動くことはありません。 



逆に、そんな言論人はこのブログで批判したいです。 そんなデタラメを
国民に吹き込むことが許せないからです。 


TPP賛成するのは構いませんが、もっと説得力のある賛成論を展開してくれないと
すぐに反論されちゃって逆効果だと思いますけどね。



言論人じゃない私ですら反論できる程度の賛成論しかないんですか?

  • 顔アイコン

    おはようございます
    すいません、番組を見てませんでした
    それと、茂木氏が統一試算をまとめるとかいってました
    TPPは日本の主権を失う事や、天災など最悪事を考えたら、計算できるわけが有りません
    地震を予知せよといってるようなものです
    事の重大さが、まるでわかっていません
    残念です!

    [ 俺はい漢和 ]

    2013/1/14(月) 午前 6:30

  • 顔アイコン

    そもそも『今後大規模な地震が発生するかもしれない、そういう国だ。だから国土強靭化だ』って言ってるわけでしょ? じゃあ、そんな国であるならTPPなんて尚更参加なんかしちゃダメじゃないか。 大地震発生したらエネルギー問題も発生するし、工場も被害を受ける。 計画停電によって輸出産業も大打撃。
    そんな状況なのに、何でTPP議論の時だけそういう理屈を一切言わないわけ? 議論の内容によって勝手に『自分にとって都合のいい日本』を作らないで欲しい。

    『大雪と大地震と大津波』という組み合わせだってありえる話なのに。
    本当に平和ボケしてて、危機管理能力が低い方が多いです。 『甘え』とか『攻め』とか言ってる人は視野狭すぎ。 日本全体、世界全体の動きを掴まないとダメだ。 競争とか言ってるけど、『TPPに反対することこそが競争に勝つための戦略である』と分かってねえからバカげた理屈しか言えないんですよね。

    [ めご ]

    2013/1/15(火) 午前 9:02

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事