ここから本文です

書庫全体表示

3.2兆円の経済効果=農業生産は3兆円減―政府のTPP試算
時事通信 3月15日(金)9時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000043-jij-pol
 政府が環太平洋連携協定(TPP)に参加した場合の影響を分析した試算が15日、分かった。複数の政府関係者が明らかにしたもので、貿易の自由化に伴う輸出拡大や内需刺激で、国内総生産(GDP)を0.66%押し上げ、3兆2000億円の経済効果を見込む。コメなど主要な農産品の関税を撤廃すれば、農業部門の生産額が3兆円減少するとみられるが、輸出拡大などが農業でのマイナス効果を相殺するとした。
 安倍晋三首相が15日、TPP交渉へ参加表明するのに合わせ、政府試算を公表する。
 政府はこれまでに、米国、豪州など9カ国によるTPPに参加した場合、GDPが2兆7000億円増加するとの内閣府の試算を公表している。 




これって、例によって10年間の累積? しかも実質GDPでしょ? 名目じゃない。


デフレの時に実質GDPだけ上がったら、ますますデフレが悪化してワーキングプア増えますけど?
当然のことながら、税収が減る。





それから、農業生産額が年間で一気に3兆円も減ったら農業のみならず日本経済にとっても
えらいことですね。


補助金、仮に3兆円年間で出すとして、一体どこから出すの?



3兆ってえらい額ですけど?



3.2兆円って、別に税収が3.2兆円増えるわけじゃないし。価格変動抜きの計算なんだから、
生産量増やせば増やすほど実質GDPは増えますよ。 



生産量をいくら増やしても価格競争激化して今より物やサービスの価値が落ちたら、
企業の儲けは減ります。 当然、税収は減る。  給与ももちろん減る。


TPPっていうのはそういう話。 


TPPで給与や税収が増える根拠を今日まで誰ひとり具体的に指摘をしていないのがその証拠。



上記の記事だって、名目とも実質とも書いてない。 以前のデータを実質って書かないで載せてるので
間違いなく実質GDPのことでしょうけど。  ていうか、TPPで名目がどうなるかなんていう
記事を私は1回も見たことがありませんが。



『GDPがこんだけ増えますよ!』ってしか言ってない。これでは読者はこう思うだろう。



『工業の利益で農業の不利益を補える。最悪でもプラマイゼロにはなる。』


と。 



後になってから気がつく。 


あれ? なんか前より生活苦しくなってないか?・・と。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事