ここから本文です

書庫全体表示

ナルトが面白い!()

ナルトって漫画は私は内容全然知りません。



私はこのブログ始めた頃、


『ナルトワンピースブリーチ』のジャンプ格闘漫画3つとも
読んだことがない!


って書きました。



その後、2009年頃にワンピースに興味をもちました。


シャボンディ諸島編で黄猿がでてきてから徐々にハマっていきました。


だから、50巻以降のワンピースは内容を大体把握してます。



ナルトは最近読み始めて、600話以降の話は把握してます。

つまり、本当に最近の部分しか知りません。


だけど、滅茶苦茶面白い。



ていうか、どうやら『最終決戦』に突入しているようで、
だから展開がやたらと派手で面白いんでしょうね。


だけど、伏線がまだ残されてるようなので、もう少しだけ続きそうな
気はします。



ラスボスは


『うちはマダラ』


なのか、


それとも


『うちはオビト』


なのか。



私は『オビト』の方が面白いなあって思います。



マダラはむちゃむちゃ強いけど、
過去にいろんな体験をしてて、
木の葉の里を作った人。

しかも一度千住柱間と決着をつけてる。




で、オビトですけど、この人は根が深すぎ。



命懸けで親友2人助けた後に、先祖の闇に触れ、
助けた2人が何者かに襲われて、駆けつけたら
片方がもう片方の親友に心臓貫かれて絶命。


これだけでも十分カオスですが、だけど

『ひとり死んだだけで現実世界全部滅ぼす』

っていうのは流石に動機としては無理がありすぎます。



で、最近のナルトで

『里を守る意味は?』

っていうテーマを延々と取り上げました。


その結果、サスケが『里を守る』という結論に至り、
全員で戦場に向かうことになりました。



で、これが壮大なフラグっぽいんですよね〜。



オビトは親友2人がいる現場で敵に

『木遁 挿し木の術』

で敵を倒し、その敵のお面をとびひざげりで割りました。


その割れた面の下には前歯が折れた忍者の苦痛な顔がありました。



で、よく見ると、その忍者の額あての部分に微妙にですが、
三角マークが見えます。


これって・・・・木ノ葉隠れのうずのマークの一部では・・・・・・


これを見た瞬間、オビトは狂ったような雄叫びを上げて
忍者の顔面を執拗に叩きました。



もし、オビトが見たのがこの葉のマークだとしたら、
親友2人を襲っていたのは『木ノ葉』ということになります・・・



もしこの仮説が正しかったら、
マダラは柱間という唯一の救いがいますけど、
オビトは自分が命をかけて守った木ノ葉が
親友を狙うような卑劣な組織に見えたのでああなった
ということになりますね。 

しかも、うちはイタチっていうクーデターつぶしの時とは
何やら事情が異なるようですし。


まあ、なので、オビトの方がその若さや誰の声ももはや届かない歪みっぷりが
ラスボスにふさわしいですね。 

しかも、主人公ナルトの人生にも深く関わってるし、
昔のオビトはナルトみたいなキャラ。闇に落ちたナルトっぽい
ですよね。見た目も。

物語を影からずっとあやつってきたのもオビトだし、マダラを
仲間と見ていない。 

マダラは超強いけど、なんか紳士な感じの雰囲気。達観してるし。


オビトはいいね。 凄くいいよ!


なんていうか、あれですね。



ドラクエ4が好きな私には好きなキャラですね。


デスピサロっぽい感じなんですよ。




マダラっていうのは、『エスターク』なんですよね。

柱間は『マスタードラゴン』。


今更エスタークとマスタードラゴンの戦いをもう1度見せられても
イマイチ盛り上がらないので、やっぱデスピサロポジションの
オビトですね。

ナルトにとっても親の仇。 ドラクエ4の主人公ポジション。


ああ、こうやってみるとナルトってドラクエ4っぽいのね。
ワンピースと比べてやけにドロドロしてると思ったよ。










ちなみに、ブリーチは未だにストーリー不明・・・・



すっごく『薄い』ということだけは把握してます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事