ここから本文です

書庫全体表示

ちょっと長過ぎませんかね……



長いからといって、遊郭編自体に何か思い入れがあるかというと、
無い。




遊郭編はちょっとシナリオもキャラ設定も迷走してると思う。





『遊郭』に特化するなら、もっと遊郭について
色々と掘り下げていくべきだったけど、大して掘り下げて無いし、

遊郭編で、誰か印象に残る新キャラが出てきたかと言うと、
別にそんなことも無い。





ボスキャラとの対決も、潜入工作が全く意味が無くて、
結局は普通に登場して、普通に炭が戦ってる。




だきと炭の戦いもグダグダ。
相手の戦法が『切断系』なので、糸使いと同じようなバトルにしか
ならない。



炭も、日の呼吸をどこまで使いこなせるかが不明。
日の呼吸の設定も曖昧。






その後のねずこの暴走は何の意味も無い。
グダグダ。





そして、唐突に兄が登場した。

全部兄にもっていかれて、今までのだきの話が無駄になってる。




更に、その兄もどっちかっていうと切断系の能力で
だきと被る。





その兄との対決も、お互いの自分語りで全然進まない。





派手柱の能力も煉獄と比較するとかなり微妙なもので、
パッとしない。単に基礎戦闘力が高いだけのキャラ。





ぜんいつと伊之助も全く作者が使いこなせていない。






その状態で、兄と妹の鬼との対決だが、
兄と妹の連携プレイがうまくいってない。





作者の実力の限界を超えるような2人の鬼を出してしまってて、
どうやって畳めばいいのか分からなくなってるように感じるね。






ヒロアカやワンピと同じことになってる。


ヒロアカもワンピも鬼滅も、


『畳み方が分からない。』


という状態になってる。






こんな状態になったのはジャンプの編集の
責任だろうな。



看板級が3作品とも畳み方が分からなくなってしまって
グダグダになってるのはちょっと異常。






鬼滅は大丈夫かと思ってたけどさ、



遊郭編あたりから急激に怪しくなってきたと思うね……








元々






「鬼を倒して血を手に入れて、血清を作って
ねずこを元に戻す。」






っていうストーリーなのに、







いつの間にか、





「きぶつじとその部下を全員倒す。」





ってなってて、手段と目的をはき違えているように思う。







主人公の本当の目的はきぶつじ打倒じゃなくて、




「唯一生き残ったねずこを元に戻す。」




だよね?






きぶつじを倒すにしても、ねずこを元に戻して、
あの時何があったかを聞き出すのが一番大事だと思う。








ねずこも、ぜんいつも、いのすけも、





全然ストーリーに活かせていないんだよな……




遊郭編はどうでもいい話で水増ししてるだけで、
ただただ長い。。






バトルもとにかく切断系が極端に多いよね。

もう切断系は禁止にした方がいいと思う。飽きるよ。







なんか、鬼滅の刃もさ、だんだん
ネタ切れ感出てきてしまったよね・・・・






全くネタ切れを感じないのはブラクロくらいかね。




ブラクロの場合、まだダイヤモンド、ハート、スペードの
話が残ってるし、



魔神復活したくらいで折り返しだろうから、
まだ出し尽くした感じは無いんだよな。







鬼滅はこれはかなりきついなあ……





バトルのネタが無いなら、バトル無しで
世界観で見せていけばいいのにね。





だってさ、柱以外にどういうキャラがいるのか、
あの世界ではどういう状況なのかが全く見えてこないんだよね。






鬼との戦いの最中に唐突にお館様を出したり、
他の柱を出したりするのはどうかと思うよ。


見せ方が下手過ぎる。







ワンピースみたいに、戦いの前に
ある程度世界観とか、色んなキャラの掘り下げをしていかないとね。




突然天才的な柱がいるとか言われても、
何の思い入れもねえよって・・・






ワンピとヒロアカが苦しくてブラクロはアニメ化で
忙しいから、



だから鬼滅に色々しわ寄せがきてるのかね、やっぱ・・・






ネバランも大分前からグダグダだし、



ストーンはあんだけプッシュしてるのにイマイチ売れない。



ロボは低調なまま。





鬼滅の負担が大きいなあ・・

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事