ここから本文です

書庫全体表示

刑事にすると、結局日大選手が裁かれるかもしれない。
けど、もうあの会見で十分制裁があったと思う。

そして、被害者サイドも選手の減刑を求めてるらしい。



選手の減刑を求めるって、だったらもう示談にすれば
いいのにって思うんだよな。




刑事事件化して、選手の減刑を求める意見書を出して・・・


・・・って、凄く流れがややこしくなるしさあ、

それで選手だけ減刑されるっていう保証は全く無いのだが。




だったら、民事訴訟にして、コーチと
監督、日大に対して損害賠償請求した方がいいと思うけどね。




まあ、刑事と民事両方するのかもしれんけど・・・




でも、あの選手の会見以降、選手の仲間とか、
保護者会が選手をフォローしようとする動きとかあるんだよね。

国の調査も入るし。




ここまで来ると刑事事件化する必要性が大分
薄れてくる気がするんだよなあ。



だいたいさあ、部活の中での出来事が刑事事件化とか
きいたことない。






サッカーで骨折とかして、それを理由に刑事事件化する
みたいなもんでしょ?



サッカーとか野球で骨折してイチイチ刑事事件に
するっていうことなんて無いんだよな。



サッカーや野球だって今回みたいな件
いくらでもあるでしょ。


わざと潰しに行ったりとかしてるよね。
特にサッカーは。

反則とられるの覚悟で後ろから突っ込んで
服引っ張ったりとかしてるし。




そういうのでレッドカード食らった選手に対して
イチイチ刑事事件になんてなって無いと思う。





今回のも、サッカーのラフプレーと同じ範囲の
出来事だと思うね。









厳密には違うかもしれんけどさあ、

警察からすれば野球やサッカーのラフプレーと
同等の扱いをすると思うのよね。






今回の件、被害選手が半身不随とか、
死んでしまったとか、そういうケースでは無い。


もう練習へ復帰もしている。





なのでさあ、『その程度のケガ。』という
処理になるんじゃないかなと思うのよね。






仮に、裁判になったとしてもだ。



選手には情状酌量の余地があるし、既に社会的制裁を
受けてる。

コーチと監督の場合、どこまで証拠が集まるか分らん。



なので、刑事事件化してもどこまで今回の件が消化
されるか分らんよな。


ていうか今回の件って日大っていう組織そのもの
の問題なので、それは刑事事件化したところで
解決には繋がらないと思う。



民事にして、コーチ・監督・大学という組織に
対しての損害賠償請求の方が話が分かりやすいと
思うんだよな。






刑事事件にはしたいけど、選手は減刑して欲しいとか、
コーチと監督は厳罰にして欲しいとか、


話が凄くややこしくなるし、

警察がそこまで細かい要求に答えてくれる保障が
一切無いんだよね。









なんつーかさあ。




被害者の父親って人が、なんつーか・・・


世論を読み違えてる感があるんだよな。






だって、被害選手って加害選手を逮捕とかして欲しいって
思ってるんだろうか?


父親が顔出し会見とかしまくってるけど、そんなことしてるから
被害者の自分も素性バレバレになって、


凄くやりにくくならんかね?


その辺のバランスはどうなんだ?




そこが凄く引っかかるのよね。




被害選手の気持ちが完全に置き去りにされてて、
父親の方が主役になっちゃってるんだが。。




ツイッターとかFacebook使って情報拡散したりとかさあ、
民衆を扇動するようなことをしてて、

これはこれでどうなんだって思うのよね。


被害者サイドが世論を煽り過ぎてる感がある。






もうちょっとクールな判断が必要に思うよね。




もうなんか、完全にTOKIO山口の時みたいに
マスコミのオモチャにされてる感がある。






今回の件って、単にアメフトだけの問題じゃ無いよね。

日大の組織の問題だよね。

明らかに大学が学生をしっぽ切りしている。


その点をどうするか考えないと、問題の解決には
ならんだろう。



大学生が、大学と関係ないところで
単独記者会見とかあり得んからね。



ここまで学生の負担が大きいとなると、


大学という教育機関としてはもう
致命的だよね。




大学と学生の関係って物凄く重要で、

そこを重視して大学選びしてる高校生は当然
多いだろう。




今高校生の人達が、あの選手の会見を見て、
日大という組織に憧れとか期待とか、そういうものが
出来るかって言ったら、出来んだろうし、失望だろうな。


日大で4年過ごすだけのモチベーションを保てるとは思えない。


大学ってのはブランド力は重要だよ。
学生・高校生の勉学へのモチベーションを保つのに、
ブランド力は重要。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事