ここから本文です

書庫全体表示

たまたまantutuのスコアを色々見てたら、たまたま分かったこと。






ピクセル3aの性能は、ザックリ言えば




「iPhone6S」と同じくらい。





恐らく、日本人の50〜70%程度の人は
iPhone6Sの性能で満足すると思う。





じゃあ、iPhone6Sと同程度のスマホのチップって
どんなのが使われてるのか。









「Snapdragon 670」というチップになる。



じゃあ、それ搭載のスマホを買えばいいじゃんってなる。







・・・んだけど、670搭載してるのが、多分ピクセルしかない。。

うまい商売しやがって・・






その下の「660」搭載スマホなら沢山あるんだけど、



「660」と「670」では、数字はちょっとの違いなんだけど、



antutuの数字にすると結構な開きがあると思う。








『iPhone 6s』や『iPhone SE』と同格のandroidスマホとなると、




多分ピクセル3aしか無い。




いやあ・・・・ほんとやらしいわ。。。






「じゃあピクセル3a買えばいいんだね。」という結論にしないと
いけなくなるような状況。







まあ、グーグルも





「iPhone6Sくらいの性能のスマホ作ろう」ってことで
作ったのかもしれんね。



スコアが同じってことは、そういうことなんだろう。







まあ、ピクセル3aがヒット商品になったのを踏まえて、
他社も当然今後そこを狙ったスマホを出すと思う。




鬼のように性能が高くても、売れなじゃ意味が無い。
商売だからね。








ピクセル3aを徹底的に分析しまくって、

それに近いか、少しだけ上くらいのスペックにして、

そんで各社独自の色んな機能を搭載して差別化ってところだろうな。








スマホにしてもゲーム機にしても、



売れる商品は「最強」ではなくて、



「バランスの良さ」があるのが売れている。




「過不足が無い」とユーザーが思うものが売れる。






その「過不足が無い」ってのは、色んな他社商品を
分析しまくってデータを取らないと分からないよね・・








任天堂やグーグルはまさに



「過不足無い商品」を作るのがうまい。






「手ごろな価格帯だけど、性能もそこそこ高い。」



ってのを作るのが任天堂やグーグルは本当にうまいんだよね。









アップルやソニーは






「鬼性能」だったり、

「プレミアム品質」だったりがウリ。






なので、「プレミアム感」を求めるなら


アップルやソニーだろう。









「品質に若干の不安はあるけど
コスパは良い。」







・・・・ってのが欲しいなら、



サムスンとかファーウェイだろう。








asusに関しては、今となってはいい方は厳しいけど




「劣化ファーウェイ」みたいな感じ。





ただ、ファーウェイの外交問題も

asusには無いので、





外交問題を気にしたくないならasusはアリだと思う。





asusはファーウェイ問題の後結構スマホが売れてるので、




asus的にはファーウェイ問題は相当大きなチャンス
かもしれないよね。











ピクセル3シリーズは、




最大の売りは




「アンドロイド端末の安定感」



だろう。







ネクサスシリーズと同じで、とにかく
androidで安定を求めるならピクセル。

自社端末だから最優先で安定させるはず。






「ネクサス7(2013)」なんかも
かなりの完成度だったと思う。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事