ここから本文です

書庫全体表示

人間の体は電気信号で動いてるわけだけど、


義手で、それを出来るだけ再現してしまうっていう。。。








理屈では理解出来てるんだけど、でも義手自体がここまで
精巧で、電気信号の再現も握力10キロ相当までなら再現可能ってのは
凄過ぎるわ・・・・








これが握力20kgくらいまで再現可能になれば、

軽めのものなら余裕。




握力30キロになれば、更に自由度がアップ。




握力40キロになれば、多分日常で持つほとんどのものに
対応可能になると思う。


握力40キロ以下の人なんて沢山いるし。








勿論、ハイテク義手だからコストはかかるだろうけど、

でも、一応技術的にはここまで可能になったと言うのが大きい。





対象者のQOLが劇的に向上する。





来年東京五輪だから、そこになんとか技術を間に合わせてきてる
んだろうか?







これに人工知能も搭載して、手の動かし方を
記憶していけば、更に精度がアップするだろうな。







義手だけじゃなくて、高齢者向けの
歩行サポート器具にも応用が利くと思う。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事