ここから本文です
じゃむまるのシネマデイズ
猫&映画&マイ フェイバリット シングス

書庫全体表示

ジョディ・フォスターの4作目となる映画監督作で、ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが「オーシャンズ12」以来11年ぶりに共演を果たしたリアルタイムサスペンス。司会者リー・ゲイツの軽快なトークと財テク情報で高視聴率を稼ぐ人気テレビ番組「マネーモンスター」の生放送中、ディレクターのパティは、スタジオ内に見慣れない男がいることに気付く。すると男は突然拳銃を振りかざし、リーを人質に番組をジャック。テレビを通じ、意図的な株の情報操作によって全財産を失ったと訴える。男の言う情報は、番組が数日前に放送したもので、リーは無自覚に誤った情報を発信していたことに気付き、カイルと名乗る男とともにウォール街の闇を暴くために動き始める。クルーニーが「マネーモンスター」司会者のリーに、ロバーツが番組ディレクターのパティに扮し、番組をジャックする男カイル役を、アンジェリーナ・ジョリー監督作「不屈の男 アンブロークン」に主演した若手俳優のジャック・オコンネルが演じる。              映画.comより


才気ある巧みな演出だが。
オープニングから惹きこまれる。
「マネーモンスター」って人気財テク番組のタイトルだったのか〜、という前知識何にもなしの観賞です。
なのでタイトルが出ただけで、おーーー!と新鮮でした。

でも、観賞後の感想は、ジョディ・フォスターってやっぱり才能あるんだ、上手いな〜、なんだけど、内容に比して感動が薄いというか深みが感じられないという残念さがあって、それはなぜなのかな、と思うに、
犯人の青年の立場もわかるし、同情もするんだけど、TVを見ている観客と同じで、自己責任じゃぁないか、と思ってしまう部分も大きい。
騙された、が通用するほど世間は甘くないんだよね、でも、あの結末は血も涙もないよね、なんて思いもある、そのあたり感情移入できれば違う感想になるのだけれど。
これが現実か、という持たざる者の悲哀、それを表現するにはエンタメに寄りすぎた、という気もする。

観賞後、フライヤーが残っていたのでもらってきた。

かなりネタバレ、ほとんど内容が書いてあるじゃん。

・「マネーモンスター」がジャックされた。
 犯人は銃を手に司会者リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)を人質に取る。

・株の情報操作が意図的に行われ、全財産を失くしたとTVを通じて視聴者に訴 える犯人、リーはその訴えに自分の過ちに気が付く。

・情報操作を暴くためリーは人質から”共犯”へと立場を変え”真実”究明に体を張 るが、警察の銃口は彼らに狙いを定めていた。

・「カメラを回して!」番組ディレクターのパティ(ジュリア・ロバーツ)は  次々と指令を出す切れ者。

真実は生中継で暴かれる。

これみんなフライヤーから、その通りの映画でした。

この映画の見どころ、一つはカット割りの巧みさ、キレのよいテンポ。
そしてジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニーという大物キャストの存在感と役作りの巧みさでしょう。
犯人役のクリス・オコンネルも頑張っていましたが、この二人相手では存在感を出せませんでした(でも、よかった!)
ジョージ・クルーニーは『ヘイル・シーザー』からの続きかと思える軽薄さがどんどんヒューマンに変わっていく様子がさすが。
そして、それ以上にロバーツがかっこいい、危機にも次々冷静に指示を出すディレクター、これ、フォスターが自分を投影しているでしょう(笑)
女性キャストが端々まで生き生きしている、アイビス(もっと存在感出して!)の秘書ダイアンもいい女だし、その指令を受けるアジア系部下も出来る女。

で、ジョディ・フォスターが描きたかったのは”いい女”なのかな、一つにはね!

イメージ 1

  • 顔アイコン

    1・・・・(*゚▽゚*)

    1kurage

    2016/6/21(火) 午前 10:54

    返信する
  • > クラゲさんへ
    ナイスありがとうございます。
    蒸し暑いですね〜ふう〜

    じゃむとまるこ

    2016/6/21(火) 午前 11:06

    返信する
  • 同感です。この作品の女性達は正義感がしっかりしていて良かったですね。カイルの毒舌妻も強くて笑えました。

    [ サンタムール ]

    2016/6/21(火) 午前 11:22

    返信する
  • 顔アイコン

    本作は観たいと思っているので読まずにおきます。再訪いたしますね

    アンダンテ

    2016/6/21(火) 午前 11:34

    返信する
  • > サンタムールさんへ
    コメディの要素も大きく、楽しめました。
    洗練された映画作りは巧みですね〜、ただ、私の好みでは、もう少し社会派映画に傾いたほうが見応えがあったのに、と残念な気もしました。
    クリス・オコンネル君、才気ある女性監督たちに気に入られているようですね(笑)

    じゃむとまるこ

    2016/6/21(火) 午前 11:49

    返信する
  • > アンダンテさんへ
    再訪お待ちしています。

    じゃむとまるこ

    2016/6/21(火) 午前 11:49

    返信する
  • なるほど、女性賛美の作品ととらえるなら納得出来ますね。なにせ強い監督さんですから(笑)。今出先なので、帰宅後トラバさせていただきますね。ナイス!

    チャコティ副長

    2016/6/21(火) 午後 0:58

    返信する
  • アバター

    私もいつか見るかもしれないので、かなりネタバレ、と書いているところから飛ばしました〜(笑)
    とりあげたテーマはいいのに、感動はイマイチ、惜しい、ってこと、ありますよね。

    Shoko

    2016/6/21(火) 午後 1:16

    返信する
  • > チャコティ副長さんへ
    この映画、実は観賞予定はなかったのですが、大雨で、家でウディ・アレンの『世界中がアイラヴユー』を見ていたら、ジュリア・ロバーツがとても素敵で(何とアレンとキスシーンが、監督っていいな〜)
    急遽近所の映画館へ。
    ジュリア・ロバーツって苦手だったのですが、やはり魅力的ですね。

    じゃむとまるこ

    2016/6/21(火) 午後 4:54

    返信する
  • > Shokoさんへ

    かなりネタバレの部分は全部フライヤーに書いてあるんですよ、宣伝のためなんだろうけど、やりすぎだと思います。
    ジョディ・フォスター監督はエンタメとして作りましたというようなことを言っていたような気がしますのでこれはこれで良いのでしょうが、社会派の方にシフトしたほうが見応えがあったように思いました。

    じゃむとまるこ

    2016/6/21(火) 午後 5:00

    返信する
  • なるほど、そんな理由でジュリア・ロバーツ目当てでしたか(笑).そんな見方もまた好し…ですよね.トラバ返しさせて下さいな.

    チャコティ副長

    2016/6/21(火) 午後 9:51

    返信する
  • > チャコティ副長さんへ
    けっこう俳優目当てあります、今興味あるのはトム・ハーディ二役ギャングですね〜、劇場予告篇魅力的でした。
    TBありがとうございます。

    じゃむとまるこ

    2016/6/21(火) 午後 10:23

    返信する
  • 顔アイコン

    監督としての資質はあると思います。センセーショナルな前半より、後半の展開がなかなか面白かった。
    こういう作品を、ビッグネームじゃないキャストで撮ったらもっと深みが出たと思います。
    TBお願いします。

    atts1964

    2016/6/22(水) 午後 6:30

    返信する
  • > atts1964さんへ
    そういえばクリス・オコンネル君、よかったと思うのですが、スターのオーラに食われていたような・・・
    仰る通りですね、地味なキャストで足が地に着いた感じにすると訴えてくるものが大きかったような気がします。
    TBありがとうございます、私の方からもお願いいたします。

    じゃむとまるこ

    2016/6/22(水) 午後 10:26

    返信する
  • 内緒さんへ
    ジュリア・ロバーツは好きではないのですが、この映画では監督自身が投影された出来る女ですね〜♪

    ジョージ・クルーニー・・
    『フィクサー』
    『マイレージ マイライフ』
    『ファミリー ツリー』
    あたりをおすすめします、どの作品もレンタルであると思います。

    じゃむとまるこ

    2016/6/24(金) 午後 11:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事