じゃむまるのシネマデイズ

猫&映画&マイ フェイバリット シングス

全体表示

[ リスト ]

映画 【運び屋】

巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた孤独な老人の姿を描いたドラマ。家族をないがしろに仕事一筋で生きてきたアール・ストーンだったが、いまは金もなく、孤独な90歳の老人になっていた。商売に失敗して自宅も差し押さえられて途方に暮れていたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられたアールは、簡単な仕事だと思って依頼を引き受けたが、実はその仕事は、メキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だった。脚本は「グラン・トリノ」のニック・シェンク。イーストウッドは「人生の特等席」以来6年ぶり、自身の監督作では「グラン・トリノ」以来10年ぶりに俳優として出演も果たした。共演は、アールを追い込んでいく麻薬捜査官役で「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパーのほか、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシアら実力派が集結。イーストウッドの実娘アリソン・イーストウッドも出演している。                映画,comより

イメージ 1
               

最高齢傑作記録更新中
イーストウッドの人生観が色濃く出ている、もちろん彼は88歳で本作の主人公とほぼ同年代、最晩年であるから、この映画を撮るということは当然彼は自分の人生を肯定して思い残すことは何もない、そう考えているのが良くわかる。

百合の栽培家として数々の賞に輝き家庭を顧みず好き勝手に生きた、そういう主人公に自分を投影している。
その身勝手さが許されない時がくる、時代に取り残され破産の憂き目にも。
そんなとき、つい美味しい話に乗ってしまう、まあね、お調子者なんですね〜、やばい仕事だとわかってもやめられないというのは性分だろうし基本お人よしというか外ずらが良いええかっこしいというか、いますね〜こういう男性、これが夫だとまったく困ったものです。

クリントさん数々の軽妙な台詞をこなしながら90歳を演じています、しかし入れ込んでいるデイリリー品評会授賞式に表れた輝いていた時代の彼はダンディで魅力的、88歳にして演技で高齢感を出すとは恐れ入りました。

本作、映画の構成は1993年作『パーフェクト・ワールド』に似た構成になっています。
追う方はイーストウッド、追われる方はケヴィン・コスナー。
本作は反対に、追う方がブラッドリー・クーパー、追われる方イーストウッド。
徐々に包囲網が狭まりついにとなるまでの展開がさすがイーストウッドと感嘆します。この場面に至るまでのエピソードの積み重ねが、これ以降のまとめとしての流れに大きな説得力をもたらし、名作『パーフェクト・ワールド』に勝るとも劣らない傑作に仕上げています。

「彼は遅咲きの花よ」と言ってもらえる(許される)結果となる行動を彼は後悔はしない、自らの過ちを誇りをもって受け入れる。
その結果がラストシーンになる、彼はデイリリーを丹精込めて世話をしている、とある場所で、もちろん後悔ない。
幸せな人生・・・大きな余韻に包まれてのエンドロール。
音楽も素晴らしかった。

孫娘役の女優さん、ヴェラ・ファーミガさんにそっくり、演技も似ています、お嬢さんか?と思っていたら何と妹さんとか!
新鮮さと対比するダイアン・ウィ―スト(迫真の演技)、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシアの安定感も魅力的です

閉じる コメント(25)

> りゃんひささんへ
巧い構成、俳優陣も良し。
ただし・・・イーストウッド映画、とても好きというわけではないです。
それはなぜか、というと、ナルシズムが居心地悪くさせる。イーストウッド主演だとより強くそれを感じます。
多分、ちょっとなぁ、とおっしゃられるところだと思います。
それでも、素晴らしい出来だな〜と思わせられます。
TBありがとうございます。

2019/3/10(日) 午後 4:10 じゃむとまるこ

顔アイコン

結構好みの映画かも。調べ物があって火曜日から市立図書館に行くことにしているのですが,図書館の下の階がシネコンになっていて,現在上映中。仕事の途中で観に行きそう。混んでなければいいのですが…。

2019/3/10(日) 午後 5:07 [ 飛行機雲 ]

面白かったですね
わが父も96歳ですが、可愛いおじいちゃんの時もあれば
なかなかしたたかだったり,スカーフをしないと出掛けないと
言ったかと思うと,それ部屋着だろうと言う格好で外出
取り扱いに苦慮してますが
この映画観たら、高齢者だからと
こっちが勝手に思っているだけなんだなと思いました

2019/3/10(日) 午後 5:13 [ ナチュラル ]

> 飛行機雲さんへ
文句のつけようがない巧さがあって・・・ただ「とても好み」とはならないかもしれません。
好みというのはデリケートな問題で・・・
巧いです、良い出来です、でも、でも・・と言われる方がいらっしゃるのもわかるんです。
映画館はどうでしょうか、混んで当然の内容ですが、観客受けはまた別ですし・・・

2019/3/10(日) 午後 9:07 じゃむとまるこ

> ナチュラルさんへ
そうですね、かわいいおじいちゃんというのはどうでしょうか?
プライドもこだわりもあって当然ですし、こちらが合わせるということが必要なんでしょうね。
とはいえ高齢な方とのお付き合いは難しいと日々感じます・・・合わせることが忍耐が必要で難しいです。
映画はさすがイーストウッド、この冴えはどこから来るのだろう、なんて考えてしまいました。

2019/3/10(日) 午後 9:15 じゃむとまるこ

顔アイコン

ローハイド、ガンマンシリーズ、ダーティハリーシリーズ以降のクリント・イーストウッドはあまり知りませんが、もう88歳になっているのですね。

時の流れが早すぎます。

2019/3/10(日) 午後 10:45 nan*****

> nan*****さんへ
88歳で本年度ベスト級の映画が撮れるのですから、見習わなくては、円くなってはいけない、言うべきことは言わなければ、と思います。

2019/3/10(日) 午後 10:52 じゃむとまるこ

顔アイコン

ちょっと豪華なキャストでしたね。
枯れた味の中で、モテモテ老人だったのが驚きでした(^^)
記事にしたらTBに伺います。

2019/3/11(月) 午前 7:08 atts1964

私もじゃむさんと同じ日に観ましたよ。
4・5かな。演出にいつものキレがなかったように思う。1シーンでもあればそれでいいんだけど。レビューは書かない。
老人にかわいいなんていうのは、おこがましいね。
でも、一人だけ素晴らしく人生を終えたなっていう人がいる。95歳くらいのおじいちゃんだったけど、自分が何者なのかわかってたような気がする・・。
この映画の主人公のように。耳が良くて回りの状況を把握してたのがすごい。

2019/3/11(月) 午後 4:03 [ まあしい ]

> atts1964さんへ
モテモテなのは苦笑しました
クリントさん相変わらずで、という・・・
TBお待ちしています。

2019/3/11(月) 午後 6:40 じゃむとまるこ

> 内緒さんへ
表題…苦心のしどころです
コメントのやり取り・・・これが楽しいのですが、Yahooブログがなくなるのは本当に寂しいです。
ぎりぎりまで更新しますのでよろしくお願いいたします。

2019/3/11(月) 午後 6:45 じゃむとまるこ

> まあしいさんへ
高齢になると天動説に変わる方が多く、なかなか厳しいです。
88歳で客観的思考ができるというのは稀有なことだと思います。
映画は『ザ・パーフェクト・ワールド』と似た構成でうれしくなってしまいました。
音楽も良かったです♪

2019/3/11(月) 午後 6:51 じゃむとまるこ

顔アイコン

イーストウッド、ここのところ、切れのない作品だったので、もういいかなぁと思っていましたが、『グラン・トリノ』と同じ脚本家なら俄然興味が湧いてきました。
観たら、また来ます。

2019/3/11(月) 午後 10:09 やっくるママ

> やっくるママさんへ
キレがないということについては、そうおっしゃるレビュアーさんも多いようです。
でも、ぜひご覧いただきたいな〜と思います。
悔いのない羨ましい人生だと思いました。

2019/3/11(月) 午後 10:23 じゃむとまるこ

顔アイコン

テンポよくテキパキと必要事項を伝えつつ笑いの要素も加えて…上手いなぁと感心しきり。妻との関係、娘との関係、外面の良さ。妻の一言が解るには90際近くになっていなければダメだった。それぞれが適材適所なのも良かったです。
TBさせて下さいね。

2019/3/12(火) 午前 8:11 アンダンテ

> アンダンテさんへ
巧いな〜と思いました、イーストウッド印ですよね〜。
『グラン・トリノ』の脚本家とのタッグで、鑑賞後の余韻が似ていました。
TBありがとうございます。

2019/3/12(火) 午前 8:55 じゃむとまるこ

「グラン・トリノ」の時はスーツを作ったところで、結末がわかってしまいましたが、今回の結末は、まあそうなるよね。。。なんだけれど、もう一つ最後になにかあるかなと少しだけ期待してしまいました。それを裏切られたのがまた良いのですが・・・
TBお願いします。

2019/3/12(火) 午後 7:24 オネム

> オネムさんへ

>もう一つ最後になにかあるかなと少しだけ期待・・
そうですね、わかります。
で・・・あの結末ですよね〜・良いです♪
TBありがとうございます。

2019/3/12(火) 午後 8:28 じゃむとまるこ

顔アイコン

結局,映画館ではなくDVDで観ました。近年のイーストウッド作(「アメリカン・スナイパー」,「ハドソン川の奇跡」,「15時17分,パリ行き」),どれも自分的にはあまりピンとこない作品でしたが,これはよかったです。ある程度,年を重ねれば,取り返せないことに対する後悔は誰にもあることですが,それでも好きなように生きていくのがいいと思っています。仰る通り,エンディングはとてもよかったです。

2019/6/24(月) 午後 9:36 [ 飛行機雲 ]

> 飛行機雲さんへ
そうですね、「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」どちらも鑑賞しましたが、特に「ハドソン〜」が、巧いな〜と思うのですが、今一つでした。「15時17分,パリ行き」は食指が動かずで観ていません。
本作はイーストウッドの人生感が良く出ていましたね。

昨日からFC2への引っ越し作業をしているのですが、アナログタイプの私はかなりてこずっています。

2019/6/24(月) 午後 10:20 じゃむとまるこ

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事