遠い蒼空

末期ガン患者入院記録

全体表示

[ リスト ]

「星と月は天の穴」を分析するために「引用」を手段とする実験を試すことにした。
下書きはかなり貯まったが、肝心の論文は何年に一度というようなスローペースでしか発表できない。実験がなかなかうまくいかない。
その間に手塚治虫論を書いたりしていたこともある。
「星と月は天の穴」は私がもたもたしている間に、全集に収録されたり、テクストの数が増えてゆく。どのテクストを定本とするか、またまたテクスト・クリティックをしなければならない。
全部で八種類のすべてのテクストを比較したと思う。講談社文庫、のちに講談社文芸文庫が一番確かなテクストであることが分かる。

閉じる コメント(2)

いいタイトルですね、星と月は天の穴。吸い込まれそうな感じがする…。

2010/3/23(火) 午後 7:26 [ onkun ]

そういうタイトルの小説を書こうとしている小説家の話です。

2010/3/23(火) 午後 7:45 [ 遠い蒼空 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事