全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

BOOST時、GAINノブ14時以上にすると『ジー』というノイズを、多めに感じていたPinnacle Distortion の自作品、
音的には気に入っているのでノイズを何とかしたいと思い、試行錯誤しておりました。
自作するのに参考とした回路図は、『Last Version』 というものですが、電源部の220uFを100uFへ変更していました。
『ジー』というノイズは電源のリプル・ノイスかと思い220uFへ変更してみたもののあまり変わらず、100uFへ戻す(電源を9V電池にしても、ノイズは変わらないので)。

回路原型のAMZ Mini-Booster ( http://www.muzique.com/amz/mini.htm ) や、
そのノイズ対策 ( http://www.geofex.com/Article_Folders/modmuamp/modmuamp.htm ) 等を参考にし、

抵抗(上記『Last Version』 回路図のR5+R6、R11+R12) のサーマル・ノイズ(熱雑音)対策と
トランジスタによるリプル・フィルターとを併用する事により、大幅に改善されました。

変更前の基板
イメージ 1

変更後の基板
イメージ 2

変更後 トランジスタによるリプル・フィルター サブ基板
イメージ 3

変更後 エフェクター内部 (基板へのIN・OUTはシールド配線へ変更)
イメージ 4

トランジスタによるリプル・フィルターは、『しましまGuitar』 さんの残留リプルのページや、
VOX V810 VALVE-TONE の回路図、VOX V830 Distortion Booster の回路図を参考にしています。

『シー、シャー系』のノイズ対策
 前回までのコンデンサ等の追加 
  ① 電源の高周波ノイズ対策として、100nの積層セラミック、
  ② ノイズ削減の為、Q5の手前へ220pFの積層セラミック、
  ③ ストラトだと1・2弦の低フレットでのジャミジャミ感が少し出ていたので、Q5のDrain側へ1nを追加。
 それに追加して
  ④ Q6手前へ220pFのセラミック・コンデンサを増設(Q6のGateとグランドへ)。
  ⑤ ノイズ対策では無いが、インピーダンスとボリュームへの追随性UPの為、
    R1:1MΩを2M2Ωへ変更、C2:220pFをR1と平行にグランド接地、R2 470Ωを33kΩへ変更。

『ジー系』のノイズ対策
  ⑥ トランジスタによるリプル・フィルターの追加(サブ基板)。
    
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

  ⑦ リプル・フィルター後(上記VR)の電源をメイン基板の電源へ。
  ⑧ サーマル・ノイズ対策(一番重要です)
     R6の1M、R11の1MΩを廃止し、抵抗を外す。
     R5、R12の1MΩを360kΩの抵抗へと変更し、接続先を9Vではなく、上記VBへ変更する。
     低音の歪みをもっとスッキリとさせたければ330kΩへ。
     この抵抗値を変える事により低音の歪み具合が変わります。

Brown Sound in a Box 2 や Pinnacle 系回路の『ジー・ノイズ』の原因は、
上記の高抵抗のサーマル・ノイズへ、更にリプル成分のノイズが加わり、信号増幅されたものと思われます。




開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

 大雨による被害にあわれた皆様、並びに現在も避難を余儀なくされている皆様、本当に心よりお見舞い申し上げます。現在行方不明になっている皆様の早い救出をお祈り申し上げております。

初代のMarshall Blues Breaker 後期型の回路図 (  http://www.generalguitargadgets.com/effects-projects/distortion/bluesbreaker/ ) より 1590A サイズで製作してみました。
Analogman Prince of Tone のクリッピング切替や、LOW-MIDの帯域の切替、GAINアップ、PRESENCEの機能を追加、また、JHS Pedals Morning Glory のように、音量アップの為にFETによる増幅機能を追加しています。

製作の目標
 a. 初代のMarshall Blues Breaker 後期型の明るいクランチ・サウンドで音量を上げる事。
 b. 上記の機能追加をトグル・スイッチやミニチュア・ポットで操作面に配置し積極的にコントロール出来る事。
 c. ブースター・モード時には、トレブル・ブースター(PRESENCEとTONEで調整)としても使用出来る事。
 d. 機能追加のトグル・スイッチをON/ONではなく、ON/OFF/ONを使用する事で3通りにする事。
 e. BB(Blues Breaker)の音の他に、OCDやTSのような音になるようLOW-MIDを操作出切る事。
 f. ディストーション・モード時に増幅率を上げられるようにする事(ストラトでハード・ロック)。

イメージ 1

イメージ 2
  ケースなどは、あまり使用していないエフェクターを再利用しています。

操作説明
 VOLUMEノブ : 音量の調整、 GAINノブ : 歪み量の調整、 TONEノブ : 音色の調整
 TONE左側のミニチュア・ポット : PRESENCE帯域のブースト(左側に最小でBlues Breakerの標準値)
 上部トグルSW : クリッピング切替 左側でオーバードライブ、中央でブースター、右側でディストーション
 右側トグルSW : GAINアップ 下側が標準値、中央で2倍、上側で1.5倍
 左側トグルSW : 帯域の切替 
            左側でミッドを強調したTSモード、中央でBBモード、右側でミッド・ローを強調したOCDモード
 FETによる音量アップは、 VOLUME、GAIN、TONEが中央で、PRESENCEが左側で最小、クリッピング切替が左側(オーバードライブ)、GAINアップは下側、帯域切替は中央(BBモード)で、バイパス時の音量と同一になるように調整しています、具体的にはBlues Breakerより2倍ほど音量アップしています。

基板の写真
イメージ 3
基板の右上のスライド・スイッチ : 上側が標準、下側がGAINの可変ボリューム2・3番を接続
 スライド・スイッチを下側にする事で、標準時(上側)にはGAINノブを動かすと音量も極端に増減しますが、それが緩和し、最低歪み量が多く感じるようになります、GAIN最大時の歪み量は変わりません。

技術的にはGAINの可変ボリューム(100kΩ Bカーブ)2・3番の値と10kΩ (G・G・Gの回路図ではR7(4k7)+R8(4k7))でオペアンプ後段(220kΩ)の増幅量を決定していますが、GAINの可変ボリューム2・3番を接続する事により『220kΩ÷10kΩ=22倍』の増幅率で固定するようになります。スライド・スイッチはGAIN 1番側のピンをニッパーで切断しています。

メイン基板+サブ基板の写真
イメージ 4
 
技術的な説明
 使用部品はオペアンプ:TL072CP、ダイオード:1N4148、FET:2SK30ATM-GR、CRは汎用品。
 主な変更点(以下の回路記号はG・G・Gの回路図より)
  結合コンデンサ C1 : 10n → 22n。
  帯域の切替 トグル・スイッチ : 3P SPDTミニトグルスイッチ ON/OFF/ON
          R2 : 4k7Ω、R3 : 3k3Ω、C3の10nと並列し33nと100nをトグル・スイッチで切替。
  GAINアップ トグル・スイッチ : 3P SPDTミニトグルスイッチ ON/OFF/ON
          GAIN可変抵抗の1番とオペアンプ2番端子との間へ100kΩを接続、
          並列に5k6Ωと100kΩをトグル・スイッチで切替
          下側:100kΩと5k6Ωの並列抵抗値=5k3Ωが最低歪み抵抗
          中央:100kΩが最低歪み抵抗
          上側:100kΩと100kΩの並列抵抗値=50kΩが最低歪み抵抗。
  クリッピング切替 トグル・スイッチ : 6P DPDTミニトグルスイッチ ON/OFF/ON
          左側:オーバードライブ・モード R11(6k8Ω)とD2〜D5(1N4148)をオペアンプ7番端子へ接続
          右側:ディストーション・モード R9(1kΩ)とTONEの間へD6・D7(1N4148)をBIASへ接続
          中央;接続無し。
  PRESENCEミニチュア・ポッド(50kΩ Bカーブ)
          R12(6k8Ω)とC9(10n)の間へ上記ポットを接続
          R17の100kΩ Aカーブの可変抵抗を100kΩの固定抵抗へ変更
          C10(100n)をKing of Toneのように1uFのフィルム及び電解コンデンサへ変更
          R13(1M5Ω)を省略。
  音量アップ 『ひよこのページ』さんのミニブースターをご参照
          http://www8.plala.or.jp/KandR/sub_minibooster.html
          結合コンデンサのC1:10nは省略し、33kΩの保護抵抗を増設
          C2 : 1uFを2.2uFへ変更
          50kΩの可変抵抗を固定抵抗にしソケット化(現状では47kΩ)
          R4(100kΩ)を可変抵抗にしボリュームとする。


開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

Pinnacle Distortionの自作


Wampler Pinnacle Distortion を TAKACHI TD6-11-3 (64.5×115.5×31.8mm) のケースで製作してみました。

カラーは側面が黒、表面が黒・シルバー・赤のラップ塗装となります。

イメージ 1

イメージ 2

ツマミ
 左上:VOLUME 音量、右上:GAIN 歪み量、左下:TONE トーン、右下:CONTOUR 中音域の加減

トグル・スイッチ
 上:BOOSTスイッチ
   左側:PinnacleのBoostモード 初段と2段目のFETを増幅するディストーション、
   中側:BOOST無しのオーバー・ドライブ、
   右側:初段のFETのみを増幅する、ハード・ロック・モード(うしさんの改造)
 下:Modernモード(上側:高域が強調されたよりエッジの効いた音)
   Vintageモード(下側:ローの効いた太目の音)

イメージ 3

イメージ 4

パーツは汎用品を使用、基板下にトグル・スイッチがある為、高さ7mmのスペーサーを取り付けています。
その為に高さ対策で電解コンデンサは高さ5mm品、音声信号のとおる1uFはタンタル・コンデンサを使用しています。

ノイズ対策(シー、シャー系)等のコンデンサ追加 
 電源の高周波ノイズ対策として、100nの積層セラミック、
 ノイズ削減の為、Q5の手前へ220pFの積層セラミック、
 ストラトだと1・2弦の低フレットでのジャミジャミ感が少し出ていたので、Q5のDrain側へ1nを追加。

自作機の感想は、
 ModernとVintageのモード切り替えで、違うエフェクターの様にトーンが変わる。
 BOOSTスイッチで、オーバー・ドライブ〜ディストーションへ切り替えられる。
 CONTOURノブで中音域の加減ができ(右側にする事でドンシャリ)、劇的にトーンを変えられる。
 ギター側ボリューム操作で、クリーン・クランチなど表現力が豊かである。
 音作りの幅(クランチ〜ディストーション、Modern・Vintageの切替)が広い。
 BOOST(当機では左側)時、GAINノブ14時以上にすると『ジー』というノイズを、多めに感じる、等です。


2015年8月17日 追記

 Pinnacleの音は気に入ったのですが、ジー系ノイズがイヤなので以下を実行してみたが変わらず。

  電源を9V電池にしても、BOOSTでGAINノブ14時以降のジー系のノイズは変わらない。
  基板や可変抵抗、入力配線から離れるよう、9V電源の配線取り回しを変更したが変わらず。
  入出力や可変抵抗・スイッチへの配線材を極力短くしてみたが変わらず。
  コンデンサを新たに2箇所追加してみたが、シー、シャー系のノイズが減るぶん、ジー系のノイズが目立つ。
  BSIAB2でもハイゲイン時のジー系ノイズに悩まされたが、このノイズは回路特性なのか?・・・。

 BOOSTでGAINノブ14時以上の設定で使用する際は、ノイズ・リミッターやノイズ・リダクションの使用も検討とする。

 
 

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

久しぶりに、1590Aサイズで製作してみました。

Retro Channel The Fuzz のモデファイ・小型筐体サイズ品となります。

Tone Bender MK2 のゲルマニウム・トランジスタ回路を、 CA3046 というトランジスタ・アレイを使用して再現したファズです。

実機は、LEVEL(左上)、ATTACK(右上)ノブのみですが、BLENDノブを追加しています(真中:低音のトーン及び歪み具合の調整で、右に最大で実機同様のトーンとなります)。

イメージ 1

マーブル塗装を試みましたが失敗です、川の流れと飛沫等を表現したかったのですが、思ったような模様にはならなかったです。ノブも黒色じゃなくて白系にしたほうが良かったかな?。
イメージ 2

基板の写真です。
イメージ 3

Tone Bender MK2の音を、『気温や経年変化による音質変化が無く、安定したゲルマムニウム・ファズ・サウンドを常に再生する』というコンセプトのもとに開発されただけあって、本当にTone Bender MK2 のような音です。
クローン機を制作してみて、凄く研究された回路だと思いました。
歪み最大時の制限抵抗も余裕がある為、もっと歪ませる事も可能です。また高音カットのセラミック・コンデンサを変える事により高音域の調整も可能です。
Tone Bender MK2のブランドやトランジスタの違いによる音のバラつきにも対応出来る回路だと思います。

ギター側ボリュームの反応性はMK2より良く、ギター側ボリュームをゼロにしてもノイズが無いです。


実機のデモ動画です。






開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


 可也前に、お中元かお歳暮で頂いた TWININGの丸缶(紅茶の丸缶)を利用して、FUZZ FACEを製作しました。
筐体サイズは、直径 109mm、高さ 37mm となります。

左のツマミが VOLUME 、右のツマミが FUZZ、真ん中の小さいツマミが PRE-GAIN となります。

PRE-GAINは、Fulltone '69 FuzzのBIASツマミと同様にINPUT直後に50kの可変抵抗で、入力音量とインピーダンスを微調整します、ツマミを右側にすると0Ωとなり入力音量が最大となります(通常のFUZZ FACEの値)。

FUZZ FACEを使用していて、ギター側ボリュームをゼロにすると、ラジオ音が混ざった、ブーという雑音がする場合は、ツマミを15時の位置以下にすると解消されると思います。
イメージ 1
イメージ 2

INPUTジャック、DCジャック、OUTPUTジャックは筐体の上面へ。
イメージ 3

丸缶のフタを開けた状態(フタを閉めれば、フタと缶本体とは導通が有り、ノイズ対策されています)。
イメージ 4

基板上の上側トリマーは BLEND 、ベース音量の調整用で右側に回すと最大になります。
下側のトリマーは BIAS 、トランジスタのバイアス調整用となります。
イメージ 5

トランジスタは、
 前段が Fairchild BC549B NPN Silicon hFE:365
 後段が Fairchild BC549C NPN Silicon hFE:460 を使用しています。

筐体が紅茶用の丸缶の為、耐久性や雑音の混入を心配しましたが、雑音混入も無く、フット・スイッチを踏んでも凹まずに意外と丈夫です(電池ケースをフット・スイッチ横に貼り付けたので補強されたのかも?)。

FUZZの音は、可変ボリューム(VOLUME:500k B 、 FUZZ:1k C 、 PRE-GAIN:50k B)や基板上のトリマーの設定で色んな音色(爆音系・ディストーションよりのファズ・ジージーしたファズ等)が作れます、最初は遊びで製作したのですが、可也気に入ってます(また自己満足)。


今回の丸缶でファズを製作してみようと思った記事を、下記へリンクします。

 デジマート地下実験室 『エフェクターの音はケースによって変わるのか?』
   http://www.digimart.net/magazine/article/2014081800918.html



開く コメント(9)

開く トラックバック(0)

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事