LittleBruteDrive

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

前回に続き、EWS Little Brute Drive Clone
2連POTの改造と変更を行いましたので手順を記事にします。
 
2連POT 100kΩ A/Bカーブへの改造手順です。 
① 導通不良のシングルの100k Bカーブを分解・調整、2連POTの100k Aカーブを新規購入
   シングル100k Bカーブの抵抗体の3番端子に導通が無いのを確認、
   ペンチでハトメを絞め導通確保する(99.9kΩ)。
   新規購入の2連POTの100k Aカーブはロング・シャフトの為、切断箇所をマーキング。    
イメージ 1
 
② 2連POTのシャフト切断(金ノコで切断しヤスリで仕上げ・・・疲れた)
イメージ 2
 
③ 2連POTの下側の抵抗ベーク板を止めている爪を起こし分解
イメージ 3
 
④ 100k Bカーブの抵抗ベーク板と交換・端子を曲げて、改造POTの出来上がり
イメージ 4
 新規購入の2連POTは、上側の抵抗値が91.4kΩ・下側の抵抗値が95.5kΩでした、バランスが悪いです。
 改造後の2連POTは、上側が100k Aカーブ 91.4kΩ・下側が100k Bカーブ 99.9kΩとなりました、バランスが更に悪くなりましたが、ステレオで使わないので妥協します。
 
⑤ 改造後の2連POTへ変更
イメージ 5
2連POTへの配線を短くし、INPUT線と電源+側線の距離を見直しました。
オペアンプ後段のハイカット・コンデンサーは、560pFのままです。
 
写真上側のトリマーは、ボリューム(100kΩ) オリジナル実機では反時計回りで音が大きくなるみたいですが、時計回りで音が大きくなるようにしています、写真下側のトリマーはトレブル(10kΩ)。
 
 
改造前の、両方AカーブではGAINポット後半で音量が若干下がってしまう問題が有りましたが、無事に解消されました、使い易くなったので良かったです。
 
 
音の感想は、前回と重複しますが、
このエフェクターのGAINを下げても、ギター側ボリュームを下げても音がコモらない優秀な歪みだと思います。
 
トレブル設定を高音強調に設定し、ギター側トーンで調整するようにする、
GAINはギター側ボリューム10で好みに設定し、ギター側のボリュームやピッキング強弱でGAIN量を調整する。クリーン〜クランチ〜オーバードライブ〜ディストーションと手元で操作出来ます。
 
 
ワン・ノブの優秀な歪みなだけに、
ストラトに内蔵してしまえばバッファでも使えるし、歪みとしても使えるしと・・・妄想してしまいます。
 
 

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

EWS Little Brute Drive の回路図がアップされていたので、
回路図が正しいのかの検証も兼ねて、試しに製作してみました。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
ケースは Magic Boy Vibe のものを流用し、取り合えず仮組みと音だし確認をしています。
 
オリジナル実機のGAINポットは2連の100k特注品(AとBカーブ)を使用しており、GAINを上げると(A側)、オペアンプ後段(B側)の増幅率を下げ音量を少なくするように、GAINの増減と音量差を少なくし、表面上にボリュームが無くても良いような仕様となっています。
よって、オリジナル実機と同じように、ボリュームとトレブルは内部トリマーとしました。
トランジスタは 2N5088 、オペアンプは LM833N (オリジナルは型番が消され不明)を使用しています。
 
現状のGAINポットは、9.5mmサイズの2連の100k Aを使っています(2連Bカーブでは11時〜13時で音量アップしてしまうので不可です)、AカーブではGAINポット後半で音量が若干下がってしまうので、来週にでも(気が向けば・・・?かな)、16mmポットのAカーブとBカーブを購入・改造し、オリジナルと同様にしてみようと思っています。
 
回路図の間違い
 トランジスタのCOLLECTORからBASEへ接続している抵抗は400k(黄 黒 黄 金)では無く470k(黄 紫 黄 金)が正解だと思う。
疑問点
 オペアンプ後段のハイカット・コンデンンサー値:560pF?。
 GAINポットの配線を長くし100k Bカーブ使用時に発振した、ポットの配線の問題か、
 若しくは、もう少し値を大きくするか?。
変更点
 リップル・ノイズ除去用のコンデンサーを、 10uF から 100uFと47uF へ変更。
 この回路は増幅率をかなり上げているので、電源由来のノイズを拾い易いと思う。
 
試作機の感想
 ・ ギター側のボリュームを下げても、音がコモらずにゲインを下げてくれる。
 ・ ピッキング・レスポンスも良く、倍音の伸びも素晴らしい。
 ・ 内部トリマーのトレブルを調整すると、私好みの高音部のおいしいトーンが出る。
 ・ GAINを下げた時のクランチ・サウンドも良い。
 ・ アンプ・ライクな非常に素晴らしいディストーションだと思う。
 
 
YouTube オリジナル動画
     chuya-online.com のサンプル 
 
     popintothechemist のサンプル
 
 
また、ポットを改造したら記事にします。
 
 

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事