中年ジェット

平和を愛する人のためもろ肌脱いで?がんばろう

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

♪楊芽を吹くクリークで 泥にまみれた軍服を洗う姿の夢をみた お国の為とは言いながら

ほんとにほんとに御苦労ね


民主党に政権がかわって、国民の大多数は無駄なダム工事を中止する政府の方針を歓迎した。しかし、既得権益にまみれた自民党土建族は、ダムのような利権をなかなか手放そうとしない。

地元住民を補償金で懐柔し、いまやダムは金まみれ、肝心な工事はいっこうに進んでおらず、このまま進めると、さらに膨大な金が飛んでいく。全体で8千億円かかるとされ、既に半分くらいの金を使っている。ところが工事の進捗は3割くらいであろう。予定より大幅に遅れているから、もしも完成した暁には8千億どころか、1兆円を越えるかもしれない。その金の殆どが、国民にとっては無駄遣い。そして、どこに金が流れるかと言えば、自民党支持層の金城湯池である土建屋にである。そして、その金の財源は国民の税金および、首都圏の住民の水道料金などである。前にかいたように、あの八ッ場ダムは治水にも何も役に立たない、無駄な公共事業の代表なのだそうだ。

それを今まで金を既に使っているからと、無駄遣いの上塗りをしようという、大澤群馬県知事、自民党群馬県連は銃殺刑ものである。日本人なら、恥を知れ!!
お彼岸の中日に来て、どうのこうのなどという寝言は、嫌がらせ以外の何物でもない。

もちろん、住民の生活には十分配慮する必要はあり、以下日経より引用した文にもあるように、八ツ場ダム反対派議員も、そう言っている。

''住民の生活再建「国が責任を」 八ツ場ダム反対派議員''

 民主党が建設中止の方針を示している八ツ場ダム(群馬県)をめぐり、関係都県のダム建設反対派の議員でつくる「八ツ場ダムを考える1都5県議会議員の会」が12日、都内で役員会を開き、国が責任を持って地元住民の生活再建に取り組むよう新しい国土交通相に要望する方針を決めた。

 民主党は建設中止の際には地域振興など地元住民の生活再建事業を行うとしており、要望は建設中止を前提とした。

 役員会で群馬の関口茂樹県議は「都議選、衆院選で無駄な公共事業をなくすという民意が示された。地元住民に配慮した生活再建をしっかり行うことが、後世に大きな負担を残さない唯一の道だ」と述べた。〔共同〕(12日 23:01) 


しかし、今の長野原町のやっているのは、反対派住民が前原大臣と直接話をしにきたのを、職員が制止して会わせないようにしたり、星河なにがしとかいう女のダム推進派町会議員を一般の住民にみせかけて、推進派の言い分をあたかも推進派の意見が町全体の意見のように言わせたりしたり、姑息きわまりない。それを知っているはずのマスコミも、反対派についてあまり報道せず、町長らが言っていることを一方的に放送しているだけで、真相が伝えられない。

地元では八ッ場ダムのことを「福田ダム」といい、かつて総理をつとめた福田赳夫たちが、その利権のために推進役となって始めた公共事業だという。その後も、連綿として自民党土建族が、利権を守るために暗躍し、福田赳夫の息子の福田康夫も親子二代で頑張ってきた。だから、自民党にしてみれば、こんな金の成る木を簡単に捨ててはなるもんかというわけだ。

可愛そうなのは、民主党の前原。別に国土交通相になろうと思っていなかったんだろうが、めぐりあわせでそうなった。そして、公約を実現しようと、政治家として当然の動きをした途端、大きな抵抗勢力にぶち当たった。

しかし、民意は前原国交相の味方である。どこかの道楽息子が、先祖の遺産も持ち出して遊び呆けているなら、それをやめさせるのが身内のつとめである。例え、その道楽息子の子分たちや、不良仲間がどうこう言おうと関係ない。

八ッ場ダムといい、JALといい、自民党政権では臭いものにふたをされていたのが、一気に出てきたんで、大変だろうが。ほんとに御苦労ね。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事