ここから本文です
石見智翠館高校女子ラグビー部のブログ
サニックスユース、コベルコカップ、全国U18全制覇の「高校3冠」を狙う、石見智翠館高校女子ラグビー部のblogです。

書庫全体表示

黒木理帆、来校!!

ここぞとばかりに連投稿です。

菅原です。

前回お伝えした、女子15人制ラグビーワールドカップ アイルランド大会を終え、帰国した、現役バリバリのサクラフィフティーン、

黒木理帆

が、本校に遊びに来てくれました(^^)/

本校校長の竹迫繁とのツーショット↓
ワールドカップ、アイルランド戦で実際に着用したユニフォームを本校に寄贈してもらいました(^◇^)
イメージ 1
校長も相当がっしりした体躯の持ち主ですが、黒木の身体はそれとほぼ同サイズ(-_-;)
リホ、鍛えすぎだ!!

本校教頭、森川並男ともパシャリ↓
イメージ 2
教頭、嬉しそうです。

校長、教頭との談話後は、本校女子ラグビー部の練習に参加、約1時間、ハンドリング中心のセッションを開いてくれました♪
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
率直な第一印象…。

…説明ヘタ!!(笑)(笑)(笑)
地元、宮崎弁の独特のなまりがそれに拍車をかけていました( *´艸`)

ただ、ハンドリングの要点がおさえられたセッションで、生徒のみならず、我々スタッフも大変勉強になりました(^^♪

アルカス、日本代表はこんな練習してるんですね〜〜〜。
早速以降の練習に取り入れています"(-""-)"

練習後は恩師、磯谷監督と( `ー´)ノ
イメージ 6

帰り際、黒木と話しました。
アルカスのこと、日本代表のこと、ワールドカップのことなど、しっかり語ってくれました。
その中で、大変印象に残った言葉がありました。
ワールドカップを経験し、実感した事だそうです。

「チームのために身体を張る、タックルをするという『心の底からの』覚悟を持って臨めば、何だってできる。」

あまりの言葉の迫力に、思わず息を飲みました。

高校時代の黒木は、タックラーというより、アタッカーの印象が強くありました。
いや、タックルは苦手な部類だったはずです( ;∀;)
その黒木が、海外の大型選手相手に、何度も何度もタックルを繰り返していました。
イメージ 7

「『心の底から』チームに献身する覚悟」

その気持ちが、黒木の好タックル連発を生んだのでしょう。
(ミスタックルも何本かありましたが(笑))

シンプルな発想ですが、
今の高校生にここまでの覚悟を持たせてやれているのか。
そもそも高校生がそう思えるほどのチームを作ってやれているのか。

黒木のシンプルな、しかしド迫力の言葉に、考えさせられました。

リホ。
帰ってきてくれてありがとう。
また遊びに来い。
みんな待っとるで。
次に会う時も、お互い成長した姿を見せよう。
公約、果たすぞ。


いつものように、女子ラグビー普及・発展のために、下記URLのクリック・タップにご協力ください。
https://sports.blogmura.com/rugby/ranking.html



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事