ここから本文です
石見智翠館高校女子ラグビー部のブログ
サニックスユース、コベルコカップ、全国U18全制覇の「高校3冠」を狙う、石見智翠館高校女子ラグビー部のblogです。

書庫全体表示

校内合宿!!!!

こんにちは。
キャプテンの井上です。

今年もやってきました( ´∀`)
9/15〜9/18にかけて毎年恒例、校内合宿!!!


今年も金曜日からだったので学校終わりの午後練習からスタート!!
ミーティングから始め、今から望むぞと、気持ち作りができました。
菅原先生が資料を作ってくださり、気合いが入ったと同時に
頑張ろうと思えました^_^

ミーティングの中でまずは自分たちの目標を再確認。
ただ合宿をするのではなく目的を持ってしなければ意味がありません。
⚪立正カップ優勝
⚪太陽生命WSSコアチーム残留
これを常に頭に入れて大事な場面をイメージしながら
校内合宿に挑みました。

そして、菅原先生から
One Bravery 〜1つの勇気を見逃さない〜という言葉が提示されました。
一人一人の勇気ある言葉から伝染していこうという意味が込められています。


菅原先生の想いが伝えられ、校内合宿がスタートしました。
(ちなみに説明が遅くなりましたが、校内合宿とは名前の通り、学校内で行われるもので1日4部練行われます。主にフィットネスが中心でメンタルを鍛え、
チーム力を上げるための合宿です。)


最初の練習には特別コーチとして、
天理のコーチも務めていらっしゃる山下コーチと田中コーチに来ていただきました。
走り方やディフェンスの追い込み方、アタックなど幅広いメニューを1時間半でみっちり教えていただきました。

イメージ 1

イメージ 2




沢山のアドバイスを頂き、学ぶことが多すぎる濃い練習となりました。
また10月に来ていただけるということなのでもっと様々なことを教えていただきたいと思います。
今回は、急遽私たちのために練習を組んで頂きありがとうございました。
まだまだ未熟ですがこれからもご指導よろしくお願いします。



そして20時から夜練。
銃剣で行われ、下半身や上半身などを鍛えます。
この日は下半身を追い込みまくりました(^_^)

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



約2時間に渡るトレーニングを終えた後は、保護者さんの愛情のこもったおにぎり(^^)
私たちのために校内合宿期間中、夜食を作ってくださいました。
昨年同様、手の凝ったおにぎりやキュウリ。

イメージ 7


もう美味してく仕方ありません。
本当に沢山の方々に支えてもらっているんだなと実感できる瞬間です。
夜の忙しいときに本当にありがとうございました。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


とっても美味しかったです。



早朝練は5時から行われます。
雨の日もあり、体育館での時もありましたが主にロードや坂ダなど走り込みをみっちり1時間半行われました。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14




そして9時から午前練。
(このころにはまだ朝なのに午後ではないかという感覚に襲われます。^^)
14時から午後練。
パススキルやコンタクトスキルなどボールを使った練習を挟みながら
タイム走などしんどいフィットネスをいれます。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18


短時間でどれだけ自分で心拍数を上げるかがポイントです。
大切なのは試合よりも練習の方がしんどいという状態をつくることです。
それはもう自分次第なので、自分に厳しくできた人が有利です。
そんな中でも周りの仲間のために声をかけることができるか。
それも勇気ある行動です。
学年問わず沢山の選手の声を励みに乗り越えることができました。




こんな生活を四日間行いました。


それはもう肉体的にも精神的にもボロボロです。
ですが、そんな中でも勇気ある言動や行動は沢山生まれました。(^^)


最後は校内合宿恒例のキックダッシュ!!
ご存知の方もいると思いますが、
ある決められた本数を連続でキャッチするまで終わりません。

今年は人数も多かったので6グループ作り、連続24本キャッチするまで終われませんでした!!!

イメージ 23

イメージ 24


毎年日付が変わるか変わらないか選手同士で予想したりするのですが
なんと、今年は22時前には終わっちゃいました(°▽°)
とにかく一年生が優秀です。
とりあえずキャッチがうまい。
先生の高度なキックを華麗にとってみせます(°▽°)
やってるみんなもびっくり‼‼‼

そこでなぜか物足りないと思ってしまった私たち。
全員1人ずつ連続でキャッチするまで終われませんをすることに!!

イメージ 19

イメージ 20


こんな言動が出るのも石見智翠館女子ラグビー部を良いところだと私は思います。
もう一度一から切り替えて行いました。
途中、なぜそんなことを言ってしまったんだろうと思ってしまったぐらい
難しかったです。
集中力がきれかけたときはみんなで円陣を組んで歌ったりして集中力を高め、
頑張りました!!

イメージ 21

イメージ 22


最後はけが人やマネージャーも全員キャッチして
23時51分。全員でやりきることができました!!!

イメージ 25

イメージ 26


あの達成感は本当に頑張った人しか味わえないものだと思います。

イメージ 27

イメージ 28




ずっと1人で蹴り続けてくれた菅原先生。
途中から氷を足に巻きながら、俺のことは気にしなくて良いと言い、
精度の高いキックを蹴り続けてくれました。

イメージ 29

本当に感謝です。


今回は怪我で参加することができなかった選手やマネージャーも
一緒に戦ってくれました。
最高のサポートありがとう。


選手一人一人の勇気ある言動や行動のおかげで乗り越えることができたのだと思います。
どんなに多くてもチームに必要ない人なんて一人もいません。
誰かのプレーや言動、行動を見て頑張ろうと思えてる人は必ずいる。
そんなことを考えさせてもらえた四日間だったなと思います。


今回の合宿をしんどかった。
だけで終わらせるのではなく、
自分たちの目標を達成するための一歩にします。
まずは、立正カップ。
もう1ヶ月を切っています。
チーム力を大切に、今回の合宿でできなかった修正をしっかりしながら、
残りの時間を過ごしていきたいと思います。


最後になりましたが、
菅原先生。
私たちのために色々なメニューを考え、
素晴らしい四日間にして頂きありがとうございました。
おかげでとても濃い四日間にすることができました。




まだこのチームは終わりません。
最後まで沢山の応援をよろしくお願いします。


いつものように、女子ラグビー普及・発展のために、下記URLのクリック・タップにご協力ください。
https://sports.blogmura.com/rugby/ranking.html

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事