ここから本文です
石見智翠館高校女子ラグビー部のブログ
サニックスユース、コベルコカップ、全国U18全制覇の「高校3冠」を狙う、石見智翠館高校女子ラグビー部のblogです。

書庫全体表示

記事検索
検索
台風21号の影響で、本校は本日、終日休校の措置がとられました。
各メディアでも、朝から台風21号に関する報道が絶えません。
我々の住む地域では、今のところ大きな被害は報告されていません。
しかし、先日の豪雨災害では、市街地ではなかったものの、山間部を中心に甚大な被害が出たというニュースがありました。
同じ島根でも、山間部は大丈夫なのでしょうか。
皆様のお住まいの地域は、どういった状況でしょうか。
心配です。
天災が続く昨今、皆様のご無事を祈るばかりです。

菅原です。

ご報告が遅れ大変申し訳ございません。
先週8/25、26に、山口県で行われた、国民体育大会中国ブロック予選に、島根県女子ラグビーチームとして参加させていただきました。

昨年、愛媛県で開催された国民体育大会では、準優勝に輝いた島根県女子ラグビーチーム。
イメージ 1

今年こそは本国体優勝を、と意気込んで臨んだ今大会。
最終登録メンバーは以下の通り(10名)。

・青木蘭(慶應義塾大学4年、横河武蔵野アルテミスターズ)
・黒川碧(立正大学3年、アルカスクイーン熊谷)
・杉江朋香(法政大学3年、横河武蔵野アルテミスターズ)
・阿部恵(立正大学2年、アルカスクイーン熊谷)
・小林詩波(追手門学院大学1年、追手門学院ヴィーナス)
(以上ふるさと選手(本校卒業生))
・武田芽依(石見智翠館高校3年)
・今釘小町(石見智翠館高校2年)
・長利奈々(同上)
・尾崎夏鈴(同上)
・鈴木侑晏(同上)

今回は、中国地方5県すべてからチームが出場。
総当たりを行い上位1チームのみが福井国体への切符を手にします。

我々島根県は、3勝1敗の2位で、本国体への出場権を逃しました。

多大なるご支援を頂戴した、島根県体育協会の皆様、島根県ラグビーフットボール協会の皆様、関係者の皆様に、あわせる顔がありません。
本当に申し訳ございません。

優勝は、太陽生命ウィメンズセブンズシリーズでも活躍を続ける、ながとブルーエンジェルスのメンバーを中心とした山口県チーム。

我々島根県にも、15-5で勝利、見事本国体初出場を決めました。

島根県対山口県の試合、我々は相手に、開始直後の前に出るディフェンス、強烈なタックル、そこからのターンオーバー、一気にトライ、という、早々に強烈な先制パンチをお見舞いされました。

この立ち上がりのプレーが全てだった気がします。

最高の立ち上がりを見せた山口県チームに対し、我々が攻め込む時間帯もありましたが、アタックの判断ミス連発でなかなかスコアできず。
5点ビハインドで迎えた、島根県の後半ラストチャンスも、素早い出足でターンオーバーされ、そのボールを反対にトライにつなげられ勝負あり。

改めて、山口県女子ラグビーチーム、その関係者の皆様、中国ブロック予選優勝、福井国体出場、本当におめでとうございます♪
あなたたちこそ、勝者にふさわしいチームでした。
イメージ 2
…写真左端、赤いキャップをかぶった男性に見覚えがあるのは、私だけでしょうか??

それはさておき、山口県チームにも本校卒業生の姿が。
イメージ 3
オレンジのジャージを着た選手、写真右から、
・中美咲(ヤマネ鉄工株式会社、ながとブルーエンジェルス)
・藤埜瑳紀(同上)
・辰己裕有希(山口学芸大学1年、ながとブルーエンジェルス)
・照内鈴音(日本体育大学2年、日本体育大学ラグビー部女子)

中、藤埜は、昨年は島根県で愛媛国体に出場、準優勝の中心メンバーでした。
辰己、照内含め、4人とも大活躍の大会でした(^^♪

卒業生の活躍は、本当に嬉しいですね。

しっかり恩を仇で返してくれました(笑)。

福井国体優勝、そして福井土産で許してあげるとしましょう(^^)/(笑)

本校卒業生、ふるさと選手5名も、各チーム事情もありながら、今年も島根県のために一肌脱いでくれました。
イメージ 4
写真左から、青木、阿部、磯谷監督、黒川、杉江、小林

みんな、今年も帰ってきてくれてありがとう。

そして、彼女たちを派遣してくださった、横河武蔵野アルテミスターズ、アルカスクイーン熊谷、追手門学院ヴィーナス関係者の皆様、多大なるご協力を賜りましたこと、この場を使い、改めて厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

最後は本家本元、黒川碧考案のアオちゃんスマイルで。
イメージ 5

繰り返しになりますが、島根県体育協会の皆様、島根県ラグビーフットボール協会の皆様、関係者の皆様、思い描いた結果を残せず、本当に申し訳ございませんでした。


いつものように、女子ラグビー普及・発展のために、下記URLのクリック・タップにご協力ください。
https://sports.blogmura.com/rugby/ranking.html

3週間を終えて

こんにちは。
キャプテンの人羅です。

長いようであっという間だった夏休みも終わり先週の木曜日から二学期が始まりました。
7月31日〜8月2日にかけて行われたKOBELCOカップ第8回全国高等学校女子合同大会では多くの方が大きな声援をいただきありがとうございました。しかしその声援に応えられることができず、準優勝という結果に終わってしまい後悔の残る大会となりました。
10月末に行なわれる第1回U18女子セブンズでは必ず日本一を取り返しに行きますので応援よろしくお願いします。

さて、8月5日から8月25日にかけて平成30年度スポーツ庁委託事業 「2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業」ラグビーを通じた国際交流プログラム事業というスポーツ庁が主催されている事業に本校から3年人羅 美帆と2年中村 沙弥が参加しました。

2019年に日本でラグビーワールドカップが行なわれるということで少しでも多くの人にラグビーを知ってもらうために日本から12名の女子高生が国際交流も兼ねてラグビー大国New Zealandへの3週間の短期留学プログラムが行われました。

イメージ 1


日本全国から集まった12人なので初対面の子ももちろんいましたがそんな12人が掲げた本プログラムでの目標は「link」です。3週間という短い期間だけど、お互いに繋がり合おうという意味が込められています。

語学研修としては、地元のTauranga Girls College(以降TGC)にInternational studentとして通わせていただきました。
TGCではESOL、class experience、PEの3つの単位を体験しました。
ESOLでは現地のInternational担当の先生が本プログラムに参加している12人に楽しく英語の授業をしてくださりました。

class experienceとは現地の生徒と2人1組のbuddyを組みbuddyと一緒に授業体験をすることです。
英語や数学、生物などに加えてビジネスやドラマ、言語など海外ならではの授業も体験できました。

PEではスポーツクラスとの合同体育を行い、腹筋に腕立てにバービージャンプにフィットネスなどラグビートレーニングかと思うほどハードな授業を体験させていただきました😅


イメージ 2



ラグビー研修においては私たちが滞在していたTaurangaにあるBAY OF PLENTY RUGBY UNION(以降BOPRU)というチームのRUGBY CAMPとして3週間ラグビーに取り組みました。
そして、3週間私たちのラグビーセッションのコーチをしてくださったのがNZ女子代表ブラックファーンズでプレーをされているKelly BRAZIER選手です。


イメージ 3



また、ジムトレーニングコーチとしてはNZにあるWaikato大学でストレングスとコンディショニングコーチをされているFrancesco Sellaさんが3週間私たちにストレングスのトレーニングをしてくださりました。


イメージ 4



練習は朝7:15〜8:15まで行なわれるジムセッションと午後13:30〜16:00まで行なわれるteam trainingです。
ジムセッションは上半身、下半身、コアの3つにフォーカスして1時間という限られた時間で行われました。


イメージ 5



午後のセッションではアップでFlankによるスピードトレーニングを行いその後はKellyによるハンドリングやコンタクトのスキル練習をしたり、ビーチセッションを行ったりしました。


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9



また、3週間の間には3回の練習試合が行われました。今回のプログラムで初めて同じチームとしてプレーをする人ばかりだったため最初はなかなか上手くいかずチームとして戦えていませんでしたが、Kellyの指導のもと自分たちでも掲げた目標にあるように練習や試合を重ねるごとにLinkしていけたように感じます。


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15



そして、もちろん観光もしてきました(^^)
Taurangaから車で約45分離れたところにあるRotoruaという場所に観光や試合観戦をしに行きました。
最初のロトルアツアーでは地元で大人気のルージュというゴーカートのようなものやジップラインというスリル満点な体験をすることができました。他にもマオリ村に行きマオリの儀式を見学したり、NZでしか見られないというキウイバードを見たりととてもいい体験ができました。


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19


2度目のロトルアではハカ体験を行いました。マオリの方からハカに秘められたストーリーや込められた思い、ハカの言葉の意味を教えていただいた後実際に練習をしました。
オールブラックスなどがしているのを見てかっこいいと思っていた気持ちが、ハカをさらに深く知ることでさらに強いものになりました。


イメージ 20


イメージ 21



その後はBay of plentyの社会人チームの試合観戦に行きました。トップレベルの試合を間近に見ることができ、これもまたとてもいい経験となりました。


イメージ 22



私にとってこの3週間は今まで過ごしてきたどの3週間よりも濃くて毎日が新しいことばかりで本当に充実したものになりました。
このプログラムの本来の目的にあるように、この3週間で学んだこと体験したことを日本に帰りチームや周りの人にしっかり伝えて行きたいと思います。



最後に、5ヶ月間NZへ留学に行っていた4人のメンバーも帰ってきたということで、ここからまた切り替えて秋に笑って終われるように頑張っていきたいと思っていますので、これからも智翠館女子ラグビー部の応援よろしくお願いします。



いつものように、女子ラグビー普及・発展のために、下記URLのクリック・タップにご協力ください。
https://sports.blogmura.com/rugby/ranking.html

激烈!!夏合宿!!

連投稿です。

菅原です。

コベルコカップ終了直後から、宿を移動し、恒例の夏合宿を敢行!!
今年も、気持ちの切り替えが大変難しい状況となってしまいましたが、そうも言っていられません!!
次のターゲットへ向け、前進あるのみ( `ー´)ノ

8/2、夕食後からのスケジュールは以下の通り( 一一)
※原則、早朝、午前、午後、夜間の4部トレーニング

8/2
夜間トレーニング(フィジカルサーキット)

8/3
早朝トレーニング(フィットネス)
午前トレーニング(フィットネス、フィジカル、コンタクト、ハンドリングミックス)
午後トレーニング(ゲーム形式)
夜間トレーニング(フィジカルサーキット)

8/4
早朝トレーニング(フィットネス)
午前トレーニング(オッペンカップ参加)
午後トレーニング(オッペンカップ参加)
夜間トレーニング(フィジカルサーキット)

8/5
早朝トレーニング(フィットネス)
午前トレーニング(オッペンカップ参加)
午後トレーニング(ゲームvs三重パールズ)
夜間トレーニング(フィジカルサーキット)

8/6
午前下山

…超ハード!!
早朝トレーニングの様子↓
イメージ 1
イメージ 2
ロードレースからの、菅平の名所「ダボスの丘」ダッシュ!!
私も走りましたが、これ、最後の方、ホントに足が動かなくなるんですよ…(^_-)-☆
思い出しただけでも息切れしてきます。。

帰り道には、かわいらしいポニーの姿が。
イメージ 25
腹立つわー(*_*;(笑)
とてもとても、かわいいと思えるような精神状態ではありません(@_@)(笑)

オッペンカップの様子↓
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 5
イメージ 18
合宿のハードトレーニングの中、本当によく戦ってくれました。
本当によく頑張る娘たちです。
特に1年生!!
コベルコカップを経験した者も多く、タフな選手が多い!!
今後が楽しみですね(*´з`)

大会パンフレットには、大変見覚えのある面々が。。
イメージ 11
今年度から、本校卒業生4名がお世話になっている、四国大学女子ラグビー部の広告。
この娘たちも、本校夏合宿を乗り切ったんだよなー…。
様々な卒業生が、本校を巣立ち、様々な舞台で活躍してくれているなー…。
と妙にシンミリしてしまいました。。
…すました顔が腹立たしいですが(笑)。

夜間トレーニングの様子↓
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
毎回、フォーカスポイントを設定、説明し、とにかく鍛えまくりました( *´艸`)

三重パールズとのトレーニングマッチの様子↓
イメージ 22
イメージ 23
現在の日本女子ラグビー界を牽引するチームである「三重パールズ」。
大学生、社会人のトップクラス、日本代表まで所属する強豪相手に、特に1年生が大奮闘('Д')/
合宿最後のトレーニングマッチを、満足する形で終えることができました♪

試合後は各学年で。
ケガ、合宿等で不在者もいますが。。
1年生↓
イメージ 24
2年生↓
イメージ 19
3年生↓
イメージ 20
三重パールズの皆さんとも↓
三重県の名産、真珠をイメージしたパールズポーズで。
昨年度卒業生の三輪里佳(最前列、タンクトップの女性の右隣り)も元気そうでした。
イメージ 21

コベルコカップの敗戦後という、今年も大変難しい精神状態でのスタートとなった夏合宿ですが、選手たちのハードワークには毎回本当に頭が下がります。
このハードワークが、秋の結果に、ひいては彼女たちの人間性の成長に必ずやつながるはずです。
今年も激烈な夏合宿を乗り切った、石見智翠館高校女子ラグビー部の今後に、乞うご期待!!

コベルコカップに続き、関係者全ての方々に感謝いたします。
本当にありがとうございました。
今後とも、石見智翠館高校女子ラグビー部を、何卒よろしくお願いいたします。


いつものように、女子ラグビー普及・発展のために、下記URLのクリック・タップにご協力ください。
https://sports.blogmura.com/rugby/ranking.html

最後の意地

皆様、ご無沙汰しております。
お盆で忙しい最中のご家庭が多いのではないでしょうか。
年に1度、仏様をしっかりお迎え、お送りしましょう。
暑い日も続いております。
くれぐれも熱中症にはお気をつけくださいね。

菅原です。

ご報告が遅れ、大変申し訳ございません。
7/31~8/2の期間で、

KOBELCO CUP 2018 第8回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会

が開催されました。
中国ブロック女子チームは、今年も全員本校選手(本校単独チーム)という構成で参加させていただきました。
現実を受け入れるのに、まだ時間がかかりそうですが…、結果は以下の通り。

イメージ 1
今年も悲願の初優勝は叶わず、2位。
同時に高校3冠(サニックスワールドユース、コベルコカップ、U18全国女子の高校三大大会制覇)の目標も、また来年度以降へ持ち越しとなりました。

なお、今大会から新設された女子の大会優秀選手には、中国ブロック不動のナンバーエイト、チームの最前線で身体を張り続け、今や本校FW、いや本校女子ラグビー部を象徴する選手とも言える、

鈴木侑晏(すずきゆあん、石見智翠館高校2年)

が選出されました。
イメージ 12
ゆあん、本当によくやった♪
おめでとう!!
これからもバチバチ身体ぶつけてくれ♪♪
でも、ケガにはくれぐれも気をつけろよ。

関東、九州、近畿、東海、そして我々中国の各ブロック5チームが、3日間のリーグ戦を行い、優勝を争いました。

初戦 vs近畿ブロック
7-0 勝
イメージ 2
最高の準備をして臨んだ今大会の初戦。
予想通り強烈なフィジカルバトルとなりました。
敵陣ゴール前の密集で、相手の認定トライを誘い、それが決勝点。
難しい試合をものにしました。

第2戦 vs九州ブロック
5-5 分
イメージ 3
優勝へ向けての大一番。
プラン通り、FB今釘のキックでうまくエリアを獲得し優位に立ち、終始中国ペース。
敵陣深く攻め込んでいた時の本当に一瞬の隙。
パスをインターセプトされ約90mの独走トライを許します。
万事休すかと思われた後半ラストワンプレー。
敵陣ゴール前、九州ボールスクラム。
フィールド外にボールを蹴り出せば九州の勝利。
何とその九州のキックを、キャプテン人羅が執念のチャージ!!
イメージ 6
それをCTB杉本がおさえ、土壇場で同点!!
イメージ 7
何とか引き分けに持ち込みました。

第3戦 vs東海ブロック
14-5 勝
イメージ 4
相手の徹底した前に出るディフェンス、強烈なタックルの前に、準備してきたアタックがほぼ抑えられました。
勝つには勝ちましたが、東海ブロックの選手たちのハツラツとしたファイトが、周囲に鮮明に印象づけられた試合となりました。

最終戦 vs関東ブロック
7-14 負
イメージ 5
最終戦を残し、2勝1分で九州ブロックと勝ち点で並ぶも、得失点差で九州が大きくリード、昨年度覇者の関東ブロックを相手に、38点差以上での勝利が優勝の条件となりました。
当然、開始早々から前のめりでディフェンス、アタックをしかけます。
ボール争奪の場面で優位に立ち、先制するも、反則をきっかけに同点に追いつかれます。
後半、息を吹き返した相手の猛攻に耐えきれず、逆転トライを許し、ノーサイド。
イメージ 8
昨年に続き、2位(準優勝)で、人羅組の夏は幕を閉じました。


大会を終えて。

振り返ると、やはり悔しさ、悲しさ、切なさ、申し訳なさ…様々な感情がこみ上げてきます。
なかなか気持ちが整理できません。
お伝えしたいこともまとめきれませんが、どうかご容赦ください。

今年も部員全員で、決戦の地、菅平に乗り込みました。
イメージ 10
試合に出られない部員だけでなく、会場まで応援にかけつけてくださった保護者の皆様、卒業生…。
智翠館ファミリー総出の、割れんばかりの、いや地鳴りのような、いや怒号のような声援が、グラウンドの選手たちの背中を力強く押してくれました。

前述の通り、最終結果は2位。
過去の最高順位に並ぶ、立派な成績です。
しかも今年は、第8回大会にして初めて、因縁の相手、関東ブロックを順位で上回ることができました。
それでも悲願の初優勝は今年も叶わず…。

今年もキャプテンを、多くの部員を泣かせてしまいました。
地面にうずくまるキャプテン、部員たちの姿、見たくなかったなー。
イメージ 9
大会後、キャプテンの人羅は、部員たちに言いました。
「いつも泣いてばかり、頼りないキャプテンで申し訳ない。」

違う。
違うんだよ人羅。

人羅がいつも、そのリーダーシップで、プレーで、態度で、言葉で、チームを鼓舞してくれたから、チームに勇気が、魂が宿った。

九州戦、ラストワンプレー。
「諦めない気持ち」を「持つ」ことは、割とできる。
俺はそう思う。
ただ「諦めない気持ち」を「体現する」ことができる者の数は、実はかなり限られる。
そんな気がする。
あの土壇場で「諦めない気持ち」を「体現した」人羅。
人羅の執念が、ボールを押さえた杉本に、その前にスクラムを押すFWに、キック処理、カウンターアタックの準備をするBKに、そして会場全体に乗り移った、そんなトライというか、瞬間だった。

関東戦も、後半ラスト数分で、7点ビハインドの状況、ノーサイドまでの最後の数分間、攻め込まれっぱなしだった。
38点差以上の勝利は、極めて難しくなった。
それでも、トライまで最後の数メートル、数センチの侵入を、君たちは絶対に許さなかった。
そして見事に守り切った。
守り切ったって、もう優勝できないタイム、スコア、エリアだったのに、関東の猛攻に対し、FWを中心に、チーム全員でいったい何発タックルした??
全てがトライセービングタックルだった。

人羅がキャプテンだったから、今年もチームがここまで戦えた。
勝敗を超越した、

最後の意地

を見せられるチームになった。
やっぱお前はタダモノじゃねえよ、人羅!!

勝てなかったのは、勝たせてやれなかったのは、俺たちのせいだ。
謝らないといけないのは、俺たちだ。

もちろんキャプテンだけではなく、試合に出ていた者も、そうでない者も。
君たちひとりひとりの決死の覚悟が、石見智翠館高校女子ラグビー部というチームの歴史を、ひいては日本女子ラグビーの歴史を支えています。

悔しい。
メチャクチャ悔しい。
でも、いつまでもくよくよしてもいられないので、次の準備に。

8月後半には、国民体育大会中国ブロック予選が始まります。
それを勝ち抜けば、10月の福井国体本選に出場できます。
9月からは、日本最高峰の舞台、太陽生命ウィメンズセブンズシリーズが再開されます。
そして10月には、今年第1回を迎える、言わずもがな我々が初代女王を目指す、U18全国高校女子大会が控えています。

公式戦目白押しですが、その全てで、

Best Performance

が発揮できるよう、ひとつずつ最高の準備を積み重ねていきます。


今大会開催、参加にあたり、お世話になった全ての方々、本当にありがとうございました。
今後とも、石見智翠館高校女子ラグビー部を、何卒よろしくお願いいたします。
イメージ 11


いつものように、女子ラグビー普及・発展のために、下記URLのクリック・タップにご協力ください。
https://sports.blogmura.com/rugby/ranking.html


スキンケア講習会

こんばんは。
キャプテンの人羅です。

昨日1学期の終業式を終え、夏休みが始まりました。
本日からは今月末から行われるKOBELCOカップへ向けた校内調整合宿が始まります。
暑さに負けず頑張っていきたいと思います(^^)


さて、17日の火曜日に3年生のみのスキンケア&メイクアップ講習会が開かれました。
アイビー化粧品に勤めておられる2名の本校卒業生の方が私たちのためにお肌の手入れの仕方やメイクを教えてくださりました。


前日に海に行って日焼けをしていたこともあり、お肌の状態は最悪の中講習を受けました😅
皮膚の詳しい構造や、日焼けをした後のケアの仕方などなど、新しく知ることばかりでとても勉強になりました。

日頃、異常なほどの紫外線を浴びている私たちですがスキンケアをするだけでも将来のためになるとよく分かりました。

講習の後は実際にメイクをしてくださりました。
ポイントメイクだったので肌の色になかなか
馴染まず、プロであるお二方も少し困っておられました( ; ; )


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



高校3年間ラグビーしかしてこなかった私たちのメイクアップされた顔をご覧ください。


イメージ 4


イメージ 5



まずは、肌を白くすることから始めたいと思います。。。

大学生になり社会に出て行く私たちに貴重な講習会を開いていただき本当にありがとうございました!
今回学んだことをしっかり生かして、1つしかないお肌を大切にしていきたいと思います。

是非、来年もよろしくお願いします。
私たちのために貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。



いつものように、女子ラグビー普及・発展のために、下記URLのクリック・タップにご協力ください。
https://sports.blogmura.com/rugby/ranking.html

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事