ここから本文です
フジっ子ジョウの天気予報と共にⅡ《渥美半島の釣り》

書庫釣り行

記事検索
検索

全306ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

久々の伊良湖白灯台

伊良湖白灯台 PM4:35

イメージ 1

夜勤明けを一寝入りして、久々に伊良湖白灯台に来て見た。
時間が時間の為、赤灯台も含め釣り人は一人も居なかった。

何時もの沈みテトラ際狙いポイント

イメージ 2

黄色のポールの線上が沈みテトラの際。
テトラの上を流す竿と、際を攻める竿を2本用意して来たが、取り敢えず際から攻める事に。
その後、直ぐにテトラの上を攻める常連もやって来た。
聞けば2日前に、メバルと良型カサゴが良く釣れたとの話だった。

ソイ PM5:30

イメージ 3

薄暮になってから、15センチ余りのチビソイが掛かったがリリース。
その後はチビメジナも掛かったが、反応は悪い。
常連客も、今日は反応が悪いとボヤキ。
その後は予報通り風が強くなり始め、仕掛けが落ち着かなくなったので、7時に撤収となりました。

常連客の仕掛けがやたら遠くまで飛んで行くので、帰り際仕掛けを見せてもらった。
するとトビコン(ジョウと同じウキ)に板錘を巻いて、飛ばしているとの事。
竿は2号で、幹糸もナイロンの2号との話。
確かにテトラの上を流すのなら、下の錘はガンダマで十分なんで、これでいいのかも知れない。
次回はジョウも真似をして試して見る事にしました。

明日も休みだけれど、明日は強風の予報。
術後の血液検査もあるし、釣りは休みですかね。
早く南の風に変わって欲しいね。





この記事に

赤羽根赤灯台 PM3:50

イメージ 1

イメージ 2

この所の冷え込みで、もうアジは居ないだろうと思いながらも、今日は風が弱いので最後のアジ釣りに行って見た。
到着したのは丁度上げ止まり。(満潮15:50)
到着した時は何時ものポイントは入り辛い状況。
で、見学しながら様子を見ていると、一人のお父さんが移動したので、席を確保。
内ではサッパが入れ食いだったりするが、外もどうもアジは釣れていない。
ただ、表の遠くではナブラが立って、カモメが騒いでいた。

今日も下にはハゲ針を付けて開始。
するとテトラの前で何かが掛かる。
ヘダイの様な引きだが、何故か水面近くでバレる。

メジナ PM4:35

イメージ 3

4回目でやっと上がって来たのはメジナだった。
その後もサッパ、イワシは掛かるがアジは掛からない。
5時前にまずまずのアタリ。
上がって来たのは。23センチのメジナ。
その後、また大きなアタリ。
上がって来たのは27センチのアジだった。

サンセット PM5:17

イメージ 4

陽が落ちるのも大分遅くなって来たね。
この後6時前に撤収でした。

イメージ 5先日隣で上げられた大アジが今日はやっとジョウにも掛かってくれました。
ただ小アジは消えていたんで、アジ釣りはこれで終わりですね。
メジナを狙えば、メジナは釣れるかも知れませんね。
東の突堤では電気ウキが並んでいたんで、メバル釣りをやっている様でした。
やればメバルも多分釣れますね。

ただ、今から1ヵ月は寒さが厳し過ぎますね。
ジョウは明日から4日間は早出の夜勤。
風邪はほぼ完治したので、元気が有れば、サビキくらいは投げれますかね。







この記事に

赤羽根赤灯台 AM7:30

イメージ 1

イメージ 2

赤羽根ロコパークに着いたのは5時過ぎだったのだが、駐車場はほぼ一杯。
で、漁港上の駐車場に移動すると、ここはスペースが有ったので、ここに止めてて現地へ。
内側は沢山の人が並んでいたが、ジョウのマイポイントは空いていた。
マズメ狙いなので、ケミホタルを付けて開始。
で、最悪の事を考えて、一番下にはハゲ針にアオイソメを付けてながしていたら、アジは殆どアオイソメに掛かって来た。
隣のお父さんにも掛かるので、サビキでも掛かるようだが、ジョウに掛かるアジは殆どアオイソメだった。
サイズも大きくなって、経験も積んでどうもスレて来ている感じだ。
と言うのもサビキに掛かる場合も、アミエビを食い尽くした後、やっとサビキに掛かる感じだったものねえ。

8時前にには20匹近くになったので、これ以上釣ってもしょうがないので、席を譲って帰って来ました。

内はイワシとサッパの入れ食い状態

イメージ 3

大量の小魚が入って来ている様で、カモメも大騒ぎでエサを漁っていた。

イメージ 4今のレギュラーサイズが19匹。
独り者のジョウには十分ですね。

先日プレステートの先端を30センチ程カットした。
先端が堅くなったので、使い勝手は非常に良くなった。
籠釣りは4号がベストな気がするが、先端カットで3・5号くらいにはなった気がする。
カワハギギャング釣り用に買った竿だが、役に立ってラッキーでした。(笑





この記事に

赤羽根赤灯台 PM2:30

イメージ 1

16:22が干潮と潮は最悪だが、アジのユウマズメのジアイに期待して、赤羽根赤灯台に行って来た。
明るい内は全く反応がない・
コマセももったいないんで、下にはハゲ針を付けて見た。
すると、ヘダイはまだ居た。

ヘダイ PM3:45

イメージ 2

ジョウにヘダイが掛かると、彼方此方から釣り人が集まって来た。
皆エサを付けてるのを知らないからねえ。
酷いのは左隣りに来た翁。
潮が右に流れるので、邪魔で仕方が無い。
ただ、何も掛からないので、直ぐに撤収してくれた。

ウミタナゴ PM4:05

イメージ 3

ウミタナゴが掛かったので、写真を撮って見た。
しかし、この後前を向くと、右隣のお父さんにアブコの様な魚が掛かっていた。
聞いて見ると30センチ越えのアジだった。
ウミタナゴの写真を撮っている場合では無かったと後悔。(笑
その後隣のお父さんには30センチ弱のアジが再び掛かった。
ジョウも急いで参戦して見たが、ジョウには大アジは掛からなかった。
暫くすると、ジョウにも大きなアタリが有ったがライン切れ。
遠投するので先に一サイズ太いラインを結んでいたのだが、その結び目が抜けた様だった。
止めるかどうか悩んだが、目の前でウキが浮いたり沈んだりしているし、ユウマズメのアジの行動も確認したいので、新しく仕掛けを作り直した。
切れた仕掛けは流れて行って回収出来なかったが、夕暮れ近くになると、サバ交じりでアジも掛かって来た。
やはり、潮の上げ下げより、朝夕のマズメでアジは活性が上がる様だった。

イメージ 4潮が悪いので前回程は釣れなかったが、結果は18〜19センチ前後が7匹。
この時期の釣りとしてはマズマズかな。

着いた時、昼までやっていたお父さんは内側でイワシは入れ食いだったとの話だった。
ここ東三河はまだ大きな冷え込みがないので、まだ釣れるのかも知れないね。
ただヘダイが4匹釣れたが、体はかなり冷たかったけどねえ。

この後、越戸でメバリングも考えていたが、アミエビの付いた道具を片付けていると戦意喪失。
そのまま帰って参りました。
明日は午後は雨模様。
午前中表浜でサビキでも投げてみますかね。




この記事に

伊古部 AM11:45

イメージ 1

9日は風が強く浜には出なかった。
今日は風も収まったので、夜は夜勤だがこの冬初めてのカニ網を投げて見た。
遠く高塚方面ではまたカモメが騒いでいた。

鳥山に向かうルアーマン

イメージ 2

カモメの大騒ぎを見て一人のルアーマンが鳥山へ。
小魚が居ても、大物はなかなか掛からないので、ジョウは先日月姫さんに教えてもらったメバリングの仕掛けを試し投げする事に。
ラインはPEの1号、そして重めのワームシンカーを付けてキャストするとなかなかいい感じ。
これなら何とかなりそうなんで、一度風の避けれる伊良湖赤灯台の根本か、越戸でやって見たくなった。
土田の岩の際を狙っても面白いのかも知れないなあ。
土田の岩場 ⇒ 土田(どだ)海岸

マゴチを掛けたルアーマン PM12:20

イメージ 3

鳥山に向かったルアーマンに何かが掛かった。
で、見に行くと30センチ強のマゴチだった。
「朝からやっていて、朝は40センチのヒラメ1匹、で今やっと2匹目」との話だった。
カニ網を投げてる場合じゃあないのかもねえ。(笑

カニ獲りは流れが早く仕掛けがあっと言う間に波打ち際に寄せられて勝負にならなかった。
ヒラメを狙った方がいいのかもねえ。
まあ、カニも美味しいので、またやって見る予定だけどねえ。







この記事に

全306ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事