ここから本文です
フジっ子ジョウの天気予報と共にⅡ《渥美半島の釣り》

書庫釣り行

記事検索
検索

全297ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

伊良湖赤灯台 AM5:10

イメージ 1

昨日休んだ分元気一杯。
今日は夜明け前には赤灯台でスタンバっていた。(笑

トヨタ系は休みでないので、人も思った程では無かった。

薄暮の中今日もアジを期待したが、やはりアジは居なかった。

カワハギ AM5:45

イメージ 2

満潮は11:52.
上げ始めでノンビリやっていたら、フグの後にカワハギが掛かった。
カワハギが居るのならと言う事で、真剣にカワハギ釣りを始めると、30分余り入れ食いが続いた。
今日は向こう合わせで、勝手に掛かって来た。
魚が居れば掛かるんだね。

その後はマッタリな時間も続いたが、シマアジもポツポツ掛かり、3匹はゲット出来た。

峰風 抜 8・9m2W AM11:00

イメージ 3

相変わらず満潮近くなると、アタリも無くなって来た。
今日は北西の風が強くスズミの「PRO STAFF 鮎Ⅱ」と言う竿でノベ竿仕様で始めたのだが、マッタリして来たので久々に峰風のガイド付きを使って見た。
すると流石にダイワの竿だけあって、9mで使ってもスズミの竿よりも扱い易かった。
全体がスリムな分、風にも強いのがいいんだね。
今後はこの竿がいいかも知れない。
9m有れば石積みの前に仕掛けが落ちるしねえ。

イメージ 4イメージ 5











シマアジは24センチ、23センチ、20センチ。
カワハギの最長寸は17センチ。
この他ヘダイ5匹はお隣さんに進呈した。
カワハギはサイズもアップして来た。
そろそろフェリー乗り場にも行って見ますかね。

明日からは早出の昼勤。
この勤務は夜釣りしか行けない勤務。
次の休みまで長いね。(笑




この記事に

伊良湖赤灯台 AM5:20

イメージ 1

昨日のイマイチ釣り行のリベンジのつもりで、3時台に出発し5時には赤灯台に着いていたのだが、強い北西の風で防波堤は波を被っていた。
駐車場で寝ていた若者に一歩先を越されて、竿が出せたのは波を被りそうな位置だけ。
何時もなら先端は波を被らないのだが、今年は表は砂で埋まっているので、その切れ目で波が打ち上がって来ている様だ。
波も、雨も一緒なので竿は出して見た物の、北西の風に煽られて竿は扱い辛い。
おまけにデリケートなカワハギのアタリも取れない。
が、ここまで来て帰る訳にも行かない。
で、苦労しながら続けたのだが・・・・

やっとシマアジ AM5:45

イメージ 2

明るくなってやり始めて30分余りした時にやっとシマアジが掛かった。
渥美釣り具の店主が「福江のアジも伊良湖に行った」なんて言ってたが、これは嘘だったね。
フェリー乗り場には居るのかも知れないけどねえ・・・・
シマアジはこの一匹だけで終わったので、この後はカワハギ釣りに専念したのだが、やはりアタリが取れない。
その内蒲郡のベテランも来られたが、状況の悪さに1時間余りで、赤羽根に移動するとの事で別れた。
ジョウはびしょ濡れなので、やけくそで9時過ぎまでやったのだが、結局討ち死にだった。

堀切信号前 AM10:45

イメージ 3

表浜を覗くと北西の風が吹いたせいだろう、べた凪ぎ。
堀切で先客の様子を見ていると、ヘダイは上がっていた。
で、竿は出して見たのだが、やはりヘダイ祭り。
1時間弱やってもキスは居ないので、1時間で撤収でした。
大潮なんで、波打ち際で産卵フィーバーが有る事を期待したが、それは無い様だった。
王府で昼食を取った後、元気が有れば何処かでやろうかと思ったが、雨も降り始めてそのまま帰宅でした。

イメージ 4状況が悪かったと言え、情けない様な貧家。
やはり魚は上げ潮でないといけない気がするね。
シマアジは24センチ。
スズミのアユ竿で簡単に上がって来た。
今後はノベ竿でやりますかね。






埋まった赤灯台

イメージ 5

このままでは生餌釣りも難しい。
一度強い北西の風が吹いて欲しいね。

赤灯台下の浜

イメージ 6

先端は埋まっているが、下の浜の砂は攫われて、浜に降りれるポイントが無い程になっていた。
イシガレイのシーズンまでには変わっていて欲しいね。





この記事に

雨の中頑張りましたが

伊良湖赤灯台 AM5:40

イメージ 1

着くと稲光がしていたが、空は雷雲は無い。
で、竿出し。
しかし、平日なのにかなりの人。
先端は初心者ルアーマンで埋まっていた。
で、空いていたのは、デカイ声でしゃべる講釈ジイさんの隣になってしまった。
声を掛けるとデカイ声でしゃべり続けるので、無視をしてやる事に。
が、満潮が5:56で、ほぼ上げ止まりにのせいか、シマアジの反応は無い。
コノシロが1匹釣れただけで、その後が続かない。
その内かなりの雨が降り出したので、カッパを着ながらの釣りとなった。
最初はエリアマスターで始めたのだが、やはり少し柔らかい。
で、その後は買い置いて有った、スズミのアユ竿8mをノベ竿仕様で試して見た。
350gちょっと有るのでガイドは付けていなかったが、使って見るとなかなかいい。
青物は居そうにないので、カワハギ狙いに変えるとカワハギはポツポツ上がって来た。
しかし、ヘダイをリリースしていると隣の講釈ジジイが「リリースされると魚が釣れなくなるんで、捨てるなら死んでから捨ててくれ」等と訳の解らないクレームを言い出した。
余りの無茶な話に隣の連れが「表に放すならいいだろう」と助け船。
すると「表ならいい」と言う。
朝早くから来ていて自分だけ釣れないので、八つ当たりの様な話。
「大声でしゃべっているから魚が逃げるんだよ」と言い返してやりたかったが、そう先も長くない年。
ここはグッと我慢して釣りを続けた。
最後にジジイの置き竿にヘダイとチャリコが掛かったら「俺が前にリリースしたら怒られるなあ」だと抜かしていた。
このジジイには二度と会いたくない物だ。(笑

イメージ 2
潮が下げ始めるとカワハギの反応も悪くなったので、9時過ぎに撤収でした。
その後は大雨。
いいタイミングでの撤収でした。
講釈ジジイは明日は来ないと言っていたので、明日リベンジに行って来ます。(笑
スズミのノベ竿でシマアジを上げて見たいんだけどねえ。
今の赤灯台は砂で埋まって根掛かりはしないので、ノベ竿でもいいのかも知れないと思い始めてるんだよね。





この記事に

伊良湖赤灯台 AM9:30

イメージ 1

赤灯台に着くと蒲郡のベテランは既に竿を出していた。
風も4mで、海も穏やか。
絶好の釣り日和だった。
蒲郡のベテランは相変わらずエサ取りに苦戦していた。
が、ジョウが竿を出すと直ぐに反応が有った。
いきなりシマアジの4連。
昨日作った輪ゴムのクッションの効果は有る様で、4連の引きにも耐え、引っこ抜けた。

ダブル AM9:50

イメージ 2

4連の写真は興奮して取り損ねたので、ダブルの写真を撮って見た。
輪ゴムのクッションのおかげで今日はバラシは無い。
良いサイズのダブルも問題なく引き抜けた。
今日は流石に釣り人も少なく、ほぼ常連ばかり。
シマアジは常連3人は順調に釣果を伸ばせたが、夫婦連れは竿が短く苦戦。
先端で生餌釣りのブリ名人の連れは、シオ、ヒラメを上げていた。

イメージ 3

シオとシマアジのダブルは流石にタモ入れ。
この辺りまでは絶好調だったのだが、この後サバ軍団が現れ始めてから悲劇は起こった。

サバの8連 PM0:20

イメージ 4

サビキ6本とカワハギ針2本にサバのパーフェクト。
タモを入れる気にもなれず、糸を持って上げようとしたその時だった。
バギッ!

日新グランロール鮎「彩銀」逝く

イメージ 5

糸を持とうとした時に上を見ていなかったので、無理な力が掛かったらしく、折れてしまった。
これなら引っこ抜いた方が良かった。
失敗でした。
この後はエリアマスターに替えてやったのだが、サバの大暴れは収まりそうにないので、2時前に撤収でした。

シマアジ22、シオ1、カワハギ1

イメージ 6

シオは28センチ、シマアジは半分は23〜25センチ。
カワハギは14センチでした。
蒲郡のベテランに「血抜きはしないんだね」と言われましたが、最近は面倒なのでやっていません。
バッカンに道具を入れて運べば出来るんだけどねえ・・・・

竿は折ってしまいましたが、久々の爆釣でした。
ガイドを付けた竿はまだエリアマスターと峰風が有るんだけど、また折れても困るんで、もう一本作っておきますかね。

シマアジも、もう暫く釣れるかな。





この記事に

シマアジ好調

伊良湖赤灯台 AM10:15

イメージ 1

明日、明後日が休みだが、台風で釣になりそうにない。
で、また前回同様、台風の前に出撃して見た。
夜勤が8時に終わって大急ぎでやって来ても、セット出来たのは10時15分。
風予報は4mとなっていたが、台風の影響なのだろう7〜8mの風は吹いていた。
冬のメバル釣りなら撤収して帰る所だが、今日は覚悟の出撃。
強い向かい風の中竿出し。
竿が煽られ、仕掛けもポイントまで飛んで行き辛い。
が、始めると直ぐに反応が有った。
満潮は11時25分だが、何とかジアイに間に合った様だった。
ただ、バラシが続く。
風を考えて堅い竿を使っているので、強い引きが吸収出来ない様だ。
次回はクッションを用意して来ないといけないね。

ダブルも AM11:50

イメージ 2

慌てて上げずに弱らせて引き抜く様にしてからは、バラシも減って来た。
今日は上げ止まり後も釣れ続けた。
隣のお父さんも順調に釣果を延ばしていた。


イメージ 3イメージ 6











カワハギは今日は勝手に掛かって来た物ばかり。
一匹はまあまあのサイズでした。

シマアジは持ち帰ったのは10匹。
実は何時も「赤羽根の穴釣り師」として登場するお兄さんは、全くご近所さんと判明。
彼はカワハギ釣りをしていて、シマアジは釣れず、食べた事が無いとの事だったので、3匹を進呈して帰って来た。
5匹以上バラシタので、良く釣れた方でした。
撤収は2時前でした。


ハリセンボン

イメージ 4

先端でデカイハリセンボンが掛かったので、記念撮影をさせてもらった。
目が可愛いねえ。
こんなに愛嬌のある顔とは知らなかったね。
パンパンにふくれた時を撮れば、もっと可愛かったかもね。

日出〜小潮津 PM2:00

イメージ 5

台風の影響は既に現れていた。
余り被害なく通過して欲しいねえ。
今から夜勤ですが、明日はゆっくり寝れます。(笑




この記事に

全297ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事