ここから本文です
フジっ子ジョウの天気予報と共に供坩美半島》

書庫釣り行

記事検索
検索

全288ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨日の釣り行

東赤沢 AM6:30

イメージ 1

朝一、表浜を覗くと若干のうねり。
午前中は風も強いので、去年失敗したガーデンミリオンマム(丸く育つ菊)の植え付け等をやって暇潰しをし、夜宇津江に出かけた。

宇津江漁港 PM18:20

イメージ 2

「海の中も上手く住み分けが出来ている」と言うのがジョウの自論で「クロダイの乗っ込みが始まれば、冬のメバル等のロックフィッシュは沖に出て行くのではないか?」と思っているのだが、今は微妙な時期なので取り敢えず風が収まったので、宇津江に来て見た。
下げ止まりが21時37分なので、潮は良くない。
が、やり始めると7時前に久々にクジメ掛かった。

イメージ 3
実は今日は一番下の針にはジャムシを付けていた。
間違えてクロダイでも居れば掛からないかと言う話だったのだが・・・・
しかし、その後は糸を張って待っていると、何かがエサをつついている感触は伝わって来るのだが、針掛かりはしない。
こんな時は子メバルの可能性が高いんだけどねえ。
結局8時過ぎまでやってクジメ1匹だけでした。
クジメは20センチでした。






この記事に

谷ノ口 第二マイポイント

イメージ 1

まだキスは居ないだろうと思いつつ「ニベでもいいや」と行く事で、まずは予定通り谷ノ口の第二マイポイントで竿出し。
が、瀬が少し近い(4色)せいか、底がうねっている様で、何故か仕掛けが絡まって上がって来る。
うねりは1m弱なんであまり問題ないと思うのだが、波が瀬を超える時に底が巻き上がる様だ。
それでも7投程やって見たが、反応もないので、高松に移動する事に。

高松 AM10:05

イメージ 2

高松ではスロープの東で竿出し。
ここは瀬が遠いのでうねりは関係無かった。
一色寄りでは4〜5人が竿を出していたが、釣れてる様子はない。
ジョウの竿にも反応は無い。
そうこうしている内に2人のベテランが水温を計りながら声をかけてくれた。
水温は17度だと言う。
「反応は有る?」
「ダメですね。まあイシモチでも釣れればと思ってるんだけど・・・」
「イシモチにはもう少しニゴリが欲しいね。昨日西ノ浜で連れが30程釣ったと言う。ただ、今日はまだ1匹だと言ってるけどねえ。まだムラがあるんだろうね」
との事だった。
で、ここは1時間ちょっとで引き上げて西ノ浜に行く事に。

西ノ浜 PM0:05

イメージ 3

西ノ浜では何時ものポイントで竿出し。
アオサの残骸やゴミが有って相変わらずキャストはし辛い。
それに、何時もより遠浅で浜はフラット過ぎる。
案の定投げても投げても反応は無い。
表浜で釣れる前に西ノ浜で釣れるなんて怪しいと思いながらやって来たのだが、マスマス疑心暗鬼になって来る。(笑
で、ここも1時間で撤収して、今日も日出でやって見る事に。

今年も咲いているバクヤギク

イメージ 6

イメージ 7

バクヤギクは今年も咲いていましたね。

日出 PM1:40

イメージ 4

イメージ 5

砂が浚われている為、沖の沈みテトラまでは7色は有りそう。
昔は5色の中で良く釣れた事も有るが、今は6色は投げないと嘗てのポイントまでは届かない。
ここでやると、ついつい力が入ってしまうのだが、ジョウは頑張っても5色がやっと。
ジョウのキャスト力では無理だと言う事が今日解った。(笑
それでも3色の先に駆け上がりらしき物は有るので、頑張って見たが、流石にこの頃になるとバテ加減。
3時前に撤収となりました。
元気が有れば夜釣りに行こうと思いましたが、セッコクがどんどん咲き始めて来たので、セッコクの手入れをする事にしました。
キスは5月半ばまで無理かもねえ。
本当は今はクロダイ釣りをやればいいんだろうけどねえ・・・・
今後はクロダイもやってみますかねえ。






この記事に

久美原で投げ釣りも

久美原 PM2:10

イメージ 1

夜勤明けを少し寝て明日の為に浜に偵察に出て見た。
浜田でニベが釣れてたので、ジョウは久美原で竿を出して見た。
久美原は降り口から30m程西が深さが有るので、そこで竿出し。
瀬までは4色とジョウには一番向いている。(笑
前回悲惨だった筋肉痛が怖いので、今日は8分の力でキャスト。
8分の力でも5色目は少し出る。
今年は無理をせず、自分の力に合わせてポイントを選んでやる事にしますかね。

ただ、投げても投げてもやはり魚信は無い。
ニベは産卵で寄って来ているらしい(魚信さん情報)ので、釣れてもいいと思ったんだけどねえ。
結局1時間やっても反応がないので、明日の為に谷ノ口を偵察に行く事に。

谷ノ口第二マイポイント

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

谷ノ口はいいミオガ走っている。
砂が浚われてテトラが出ているが、何とか浜には降りれる。
浜に傾斜も有るので、満潮でもポイントまでは届く。
明日はこの辺りでやって見ようかと思う。
ただ、谷ノ口は道が悪く南神戸付近まで行くには道中かなり深い砂道がある。
一般車では南神戸付近に近づくと、駐車スペースが余り無いのが難点。
谷ノ口スロープ辺りや南神戸の駐車場から歩く方が賢明だね。
明日何かが釣れる様なら、今年はこの辺りが面白いと思うんだけどねえ。
明日は朝から頑張る予定。
乞うご期待ですね。
夜も風がないので、場合によっては夜釣りまで。
体力が持ちますかね。(笑





この記事に

伊古部 PM0:40

イメージ 1

今晩夜勤をやると休み。
風も無いのでカニ網を投げに出て見た。
伊古部は豊橋サーフでも一番いいミオガ流れている。
ここでHガニが居なければ多分他には居ないはず。
が、結果は無反応だった。
2投してもカニの反応はないので、この後は投げ釣りもやって見た。
沖の瀬までは干潮でも5色は有る。
何か反応が有りそうな気がしたが、1時間やっても何も反応が無かった。

下げ止まりの2時までやって上がっていたら、魚信(爺)さんに遭遇。
魚信さんはハマムシを捕っていたのだそうな。
100匹くらい捕れたと言うので、見せてもらいながら、捕り方も教えてもらった。
エンピと言う細長いスコップが必要なんで、ジョウはやらないかな・・・

カニもキスももう少し先の気配。
5月にならないとダメだね。
それでも、明日明後、明後日は天気も良さそうなんで何かやりますかね。




この記事に

昨日の夜釣り

宇津江沖

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今は早出の昼勤なので、昨晩は風が無かったので、宇津江に出撃してみた。
宇津江の沖の定置網周りには竹が乱立した。
この竹はイカ獲りの仕掛けが沈めてあると言う目印だと言う。
漁師さんの話だと、カゴの中に産卵しやすい様に何かの木の枝が入れてある様な話だった。
現物を見た訳ではないので、これ以上詳しい事は判らないんだけどね。

潮は20:30が下げ止まりで最悪の潮。
案の定投げても投げても反応は無い。

イメージ 4唯一掛かったの右の魚。
カサゴなのかソイなのか良く判らない。
サイズは15センチ。
ボウズも寂しいので持って帰って来た。
下げ止まりでも穴から出て来れば何とかなるとは思っていたが、やはり下げ止まりでは反応は悪いね。
風の無い日にリベンジに来ますかね。
それといつかまたエギも投げてみますかね。
今使っているアペルト磯2号は元々エギングロッドと言う話だしね。(笑





この記事に

全288ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事