ここから本文です
フジっ子ジョウの天気予報と共に供坩美半島》

書庫釣り行

記事検索
検索

全280ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2日目も撃沈


今日も高塚から。
(今日はどうもパソコンの画像の取り込みが不調で画像はアップ出来ず)
結果は何の反応も無く撃沈。
今日はサビキを付けてのトライ。
ソゲも掛からないとは・・・・・
高塚は瀬は無い物の、底がフラットで海の中は余りいい状況ではないんだね。
青物以外は期待出来ないかも知れない。

この後は元気が有ったので久美原へ。
久美原ではコノシロが湧いている様で、ルアーに3匹掛かった。
そして、城下に向かってランガンしていたら、城下から戻って来た隣のお父さんに何か掛かっている模様。
結構な格闘の末上がって来たのは60センチ前後のヒラメだった。
時間は10時頃だった。
もうちょっとズレてたらジョウにもチャンスがあったのにねえ。(笑
その後城下まで行って、久美原に戻って来たのだが
ジョウにはコノシロ以外は掛からなかった。
ヒラメ、マゴチはやはり瀬の有るポイントがいいね。

ジョウは明日から夜勤。
明日も天気が良ければ出撃出来るんだけどねえ・・・・





この記事に

一日目撃沈

高塚海岸 AM6:30

イメージ 1

伊古部方面

イメージ 2

平日なんで釣り人も少ない。
やたら寒い。
そのせいかも知れない。
満潮は7時19分。
前回上がった後にワラサが掛かっていたので、今日は8時近くまで頑張る予定だったのだが、一向に反応が無い。
しかし、8時前に何かの反応が有った。
ただ針掛かりしない。
追って来て再び反応するので、何かが咥え損ねたかと思って急いで次のキャスト。
すると3色の中でまた同じ反応。
で、今回は思い切り合わせを入れて見た。
すると何かが乗った。
ただ、大物ではない。

コノシロのスレ AM8:45

イメージ 3

結果は魚心さんも掛かったと言っていたコノシロでした。
2本のサビキの一つに掛かっていました。
群れは小さい様で、この後は掛かりませんでした。
サイズは小さいので、リリースでした。

天気がいいと言うので、厳寒の服装では来なかったんだけど、無茶苦茶な寒さ。
手がかじかんで、大変でした。
ホッカイロの季節ですね・

一旦上がって2回戦に行く予定でしたが、冷えた体を癒す為に一旦横になったら二度と体が動きませんでした。
年ですね。(笑
良く休んだので明日も出撃予定ですが、何処に行きますか。
9時以降は雨の予報。
もう一度高塚ですかねえ・・・・・





この記事に

今日は朝夕高塚で

高塚海岸 AM6:25

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今日は朝一は先日の偵察で良かった高塚海岸へ。
平日だが結構な人。
ちょっと出遅れ加減だったが、何とかスペースは確保出来た。
暫くすると伊古部方面のルアーマンに何かが掛かった。
少し遠くて何かは判らない。
サイズは60センチくらいは有りそうだった。
ジョウも気合が入ったが、ジョウのサビキ&ルアーには反応がない。
途中からはヒラメ専用ルアーを投げたのだが(名前は忘れた)余り飛ばない。
それでも根気よく投げたのだが、結局コツンとも言わなかった。
で、8時前に諦めて上がって駐車場で、浜松からキス、ヘダイ釣りに来たお父さんと釣り談義をしていたら、上の写真の2人目のルアーマンに何かが掛かった。
その後直ぐに上がって来たので、よく見たらワラサだった。
多分前のお兄さんが掛けたのもワラサだね。
ジョウには掛からなかったが、青物が寄って来るならここしかないとの予想は当たっていた気がする。

で、この後は釣り具屋を回って昨日ロストした釣り具を調達して、その後満潮(16時)を目指して再び高塚へ出撃して見た。

高塚の夕暮れ PM4:205

イメージ 4

夕方はワラサ対策でルアーのテスト。
長年この時期にはワラサに挑戦して来たが、一度も釣った事がないので、どれがいいのかも判らない。(笑
今日釣り具屋で勝って来たルアーは余り飛ばない。
使っていたロッドはシマノのアペルト磯4号460だったんだけどねえ。
結句夕方も無反応だった。
次回はリーガルの4号にしてみますかね。

明日から4日はジョウは早出の勤務。
この勤務は釣には参加が出来ないので寂しいね。
競馬でも考えますか。




この記事に

伊良湖赤灯台 PM1:30

イメージ 1

風予想は5m前後。
平日の午後なんで釣り人も先端の生餌釣り師以外は余りおらず、今日は竿は3本出せた。
この時点では釣りを満喫モードだったのだが・・・・

カレイ33センチ PM2:35

イメージ 2

潮も余り流れず反応は良くないが、何とかボウズ逃れ。
この時点ではダメ元で満潮まではは粘る予定。
ただ、少し風は強くなって来てる感じなのが・・・・

荒れ始めた海 PM2:50

イメージ 3

満潮まであと1時間余り。
波を被りそうなので、荷物は濡れない位置に移動させたのだが・・・・

防波堤を超える勢いの波 PM3:50

イメージ 4

満潮近くになると、波は防波堤を越し始めたので、灯台下に避難して蒲郡から来たお父さんと潮が下げるのを待とうとしていたのだが、中々波は収まりそうにない。
で、4時20分になった所で、波を被るのを承知で竿を収め始めた時だった。
蒲郡のお父さんが「おお〜い、道具が流されたぞ〜〜!」との声。
防波堤に立て掛けた竿を先に収めていたので、振り向くと内側寄りに置いていたキャリーカートと竿と仕掛けを入れてたバッグ等が綺麗に消えていた。
キャリーカートはかれこれ10年近く使っていた物だし、もう既に新しいのは準備は出来ているし、仕掛けは自作の物で高価な物はない。
ただ、竿はインターラインサーフ。
安く手に入れた物だが、まだ十分使えたので残念。
天気が良ければ回収作業をしたのだが、そんな状況でもない。

以前鳥取県米子市に行っていた時に、そこの或る企業の釣りクラブの人達にしっかり波に関して教えてもらっていた。
「1つ大きな波が来たら、その後3つ目くらいに更に大きな波が来る。波に襲われて道具が流されそうになっても、もったいないからと言って道具を追いかけては絶対にいけない。まずは落ち着いて自分が流されない様に踏ん張ってやり過ごす事が大事」と。

久々に危険を感じる程の波との遭遇に、米子の事を思い出しながら、この後落ち着いて道具を片付けて、撤収して参りました。
無茶はしてはいけませんね。(笑

帰って確認した所、流されてもったいないと思った物は
竿1本約8,000円。
ロッドキャップ2個約1,000円。
ラインを切るカマ約1,500円。
こんな物でした。

怪我等しなくて良かったとしますかね。
明日はヒラメ探しに行きますかね。




この記事に

伊良湖赤灯台 AM6:50

イメージ 1

予定通り赤灯台へ。
平日なんで何とか場所は確保出来た。
ただ、やり始めは潮が動かず反応が無い。
満潮は11時前なんで、潮が動き始めるまでのんびり待つ事に。

ここでの釣りのポイント。
潮が動き始めると、右から左に川の様に潮が流れる。
こうなると置き竿にしていると下の人のラインに絡まってしまう。
そこで、右の竿を投げた後は、流れるのを見ながら左の竿を上げて、右に投げた竿の更に右に投げる。
これを繰り返しながら、他の人に迷惑がかからな用に釣るのがコツなんでありますね。
今日も潮が止まっている間は反応は無かった。

AM7:45

イメージ 2

潮が緩やかに流れ始めた8時前に一匹目が掛かった。
サイズは29センチだった。
この後直ぐに2匹目が掛かったのだが、またタモを使わずに引っこ抜こうとしたら、途中で落ちてしまった。
かなり重かったので38センチクラスだったねえ。
やはり、真面目にタモで掬わないとダメだね。
その後、何とか2匹目をと頑張ったが、そのうち上げの潮止まりを迎えてしまった。
下げの潮の動くのを待つのは疲れる。
そこで、11時前に撤収を決めました。

下の浜 AM11:10

イメージ 3

この所、この浜からカレイを狙っていると、クロダイ、キビレが必ず釣れる。
しかし、今年は満潮では浜が殆ど無くなる。
今年はもうここから竿を出す事はないかもねえ・・・・

久美原 PM1:05

イメージ 4

イメージ 5

午後は南の風が吹く予報だったが、表浜はうねりが入っていた。
やっと良くなりかけたのに、今年は最後まで上手く行きませんね。
ジョウは今後は表浜のヒラメにシフトしようと思っています。
さて、大物はつれますかねえ・・・・







この記事に

全280ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事