果樹と野菜とブルーベリーと

ブルーベリー観察園と果樹野菜畑のご案内です

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全413ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

毎年夏を越すのはそれなりの苦労なのですが、盆栽と違ってもともと蘭類は脆いとところがあります。
明日は無き姿かもしれません。
記録として残します。

東玄関前のエビネ

イメージ 1

南ベランダのエビネ
イメージ 2
10号鉢のエビネ                           今年は調子が良い赤弁赤舌ニオイ   
イメージ 3イメージ 4












プランターの苗もこんなイ大きくなりました。           カトレアに花芽が付きました。
イメージ 5イメージ 6













南ベランダのデンドロ1
イメージ 7

ルーフの下で少し日陰になる場所
イメージ 8

苗、ルーフの下で1日2時間程度の日当たり

イメージ 9

今年伸びたバルブ(モモコ)                    つり下げたデンドロ


イメージ 10イメージ 11














今年はイチジク苗を10株買いました、いずれも異品種の外国産イチジクです。
イメージ 12
品種はビオレソリエス、ロンドボルドー、サルタン、キング、リサ、ブレスウイング、カルフォルニアブラック、エバービーリング、バナーネ、レディーブラックの10種です。
2年後にはイチジク園が出来る予定です^^
桃が無くなりました。







この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

袋掛け

葡萄と和梨に袋掛けの時期です。
今日は下の畑の露地栽培葡萄(多摩豊か)と和梨、豊水と南水、それに上の畑のアキヅキに袋掛けをしておきました。
鳥に襲われますので、台所用の網袋も二重にかけました。
上手く口に入るといいのですが。

雨避けしている上の畑のぶどう棚はまだ袋掛けしていないのですが、
今年はバッチリ防鳥ネットを張っていますので安心です。ただ雨避けをすると病気は出ないと思っていたんですが黒糖病が発生したので消毒したところ葡萄が汚くなっています。

上の畑、和梨秋月
イメージ 1

下の畑豊水と南水

イメージ 2

下の畑、多摩豊か                         ブドウに色が付いてきています
                                      早生ピオーネ

イメージ 3
イメージ 4












秋ソルダム(晩成スモモ)                      バナナ、今年は大きくなっています
イメージ 5
イメージ 6













雄宝は晩成のようです                 これは銀嶺という品種で早生のようです。以上が3新品種                  
イメージ 7
イメージ 8












これは藤稔                            これはピオーネです

イメージ 9
イメージ 10












袋掛けした方がいいのか、このままでもいいのか、迷います。

イメージ 11




この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

そろそろハイブッシュも終わりですが、終わりごろの晩成種は生食よりジャムの方が向いています。
ただ少し水分は多いので煮詰める時間がかかります。
ただ柔らかいのと種子が口に当たらないという長所もありますので、ラビットアイのジャムより食べやすいです。
ただし、粒粒感は有りません。

あくまで自家製ですので砂糖20%、それ以外の添加物は一切使いませんでした。ですから開封した後はあんまり保存は効きません。ペクチンも入れていませんので少し柔らかめですからパンに塗るよりヨーグルトに入れる方が使いやすいです。

9時から1時まで4時間の労作です。
主に煮詰める時間です。
10キロのブルーベリーに1,3キロの砂糖を使い、製品の重さが約6キロ足らず。
かなり中身は濃いですね(^^
300ml瓶に娘が作ってくれたラベルを張り出来上がりです。

イメージ 1

今年のラベルは少しカラフルになりました。
イメージ 2

ラベルの位置を瓶の上にするか下に張るかは難しい問題です。
真ん中にしました
左から下→真ん中→上「
イメージ 3

合計22本ができました。
ハイブッシュでもう一回ぐらい作れそうです。
ラビットも入れると百本ぐらいは出来そうですが、売れますかね。

イメージ 4


今年のジャムは後一回のハイブッシュはペクチンを入れてパン用にして、
ラビットアイは粒粒感を強調したジャムを作ろうと思います。
作り方は干しブルーベリーで水分を抜く方法ですが、これを最後に入れて粒粒感を強調するやり方でハイブッシュでもやってみましたが、ラビットの方が向いているんじゃないかと思っています。

食感
出来て1昼夜したものを食してみました。
砂糖だけで十分に固まっていますのでかなり濃い感じです。
ハイブッシュも晩成種は酸っぱみの強いものが多いのですが、丁度ジャムにすると砂糖の甘さと相まって味がかえって強調されて美味しいです。
ヨーグルトに入れるよりも味の濃さからショートケーキやフランスパンなどの方が楽しめるかもしれません。
今夜は冷ややっこに載せてみましたが、豆腐の味も引きたてるようです。






















この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

エビネ園

畑の隅にエビネ園を開設しています。
コウズニオイ園、黄エビネ園、地エビネ園、交配エビネ園の四つあったのですが、黄エビネ園は生育が思わしくないため、櫁柑山等分散しました。

交配エビネ園

イメージ 1

イメージ 2イメージ 3












イメージ 4イメージ 5













地エビネ園
イメージ 6



イメージ 12
上部には50%遮光の寒冷紗を張っています。

イメージ 11

イメージ 13イメージ 14












コウズ、ニオイ園
イメージ 7


イメージ 8
イメージ 10












だ交配エビネ園、圃場
木を切るために踏み荒らされました。
イメージ 9

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

エビネ開花

ついにエビネが開花しました。
自宅玄関前とベランダで未開花株から10本立の大鉢まで30鉢ほど栽培しています。
始めて今年で3年になりました。
どちらかと言うと品種や個体の美よりも花卉としての美しさを求めています。
蘭裕園の山本社長の理念に共感しています。
花の色が昨年より全般的に濃くなったように思います、赤や紫色がよりはっきりしてきましたが、おそらく自家製の玉肥のせいではと思っています。

東側玄関前のエビネ
丁度朝1時間ほど日が当たって置き場所としては良いです。
殆どは蘭裕園で買い求めたものです。多いものは10バルブ以上、大鉢です。
2年育てると価値は5倍以上になっています(^^

イメージ 18

明清柴弁白舌、ニオイ、3年目です                ワインカラーお雛様咲
                 
イメージ 1
イメージ 17












薄明清柴弁白舌
 もっとも薄い柴弁です                     ワインレッド、最高級品種舌が大きいです。
イメージ 2
イメージ 3













清柴弁白舌 最高級品種 品があります。               オレンジ弁黄舌4倍体
イメージ 4イメージ 5













清柴弁白舌 、今年購入                            黄弁白舌 ニオイ すごく香ります。
イメージ 6イメージ 7













白弁白舌、ニオイ    今年購入                        赤弁赤舌、ニオイ
イメージ 8イメージ 9














南側ベランダ一部に寒冷紗を張ってエビネを育てて居ます。
意外と好適環境のようです。胡蝶蘭やカトレアも一緒に置いています。

イメージ 10

オレンジ弁、オレンジ舌、大輪 ニオイ                     月光  黄弁黄舌
イメージ 11
イメージ 12













初花、紫弁赤舌                          緑弁白舌 大輪
イメージ 13イメージ 14













初花 大白帝×怪童                          初花 神寿×紗莉
イメージ 15イメージ 16




この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全413ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事