果樹と野菜とブルーベリーと

ブルーベリー観察園と果樹野菜畑のご案内です

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全415ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 毎日暑い日が続いて、先の西日本の豪雨災害とはまた別に熱中症の被害が各所に出て居ます。
まだこの暑さの変化は見られません。酷暑日の連続です。
これからお盆に向かって、果たしてどうなるのでしょうか。

 暑い中、摘んできたブルーベリーが冷蔵庫に入り切りませんので、ジャム作りをしました。
毎年の年中行事ですから手慣れたものですが、今年は添加物は一切使わないことにしました。
砂糖は例年通り、ブルーベリー5:砂糖1(重量比)の20%ですから、ジャムとは呼べないかもしれませんが、糖尿病ぎみの方でも使用できます。

今年のラベルは2種類です。
三浦半島のジャム、添加物一切なし、というのが今年の売りです。

イメージ 2



摘んできたラビットアイです。すべて完熟ブルーベリーを手摘みしていますので味は保証します。

大鍋にいっぱいですが煮詰めると減りますのでこれと同じ量を追加します。
煮詰めて約半分になります。(砂糖が20%入りますので実質的には原料の4割ぐらいになります)
今年はグラニュー糖を使いました。

イメージ 1

煮詰めた処  
あく抜きが大変です。                           煮沸消毒の後、密封を確認
イメージ 3
イメージ 4













完成
約300ミリリットル、ガラス瓶です。

イメージ 7





今回はラビットアイ19本、 ハイブッシュ28本を作りました.
まだ今後同じぐらい作る予定です。最近は愛好者も増えて良く売れます。

イメージ 5イメージ 6
















この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

袋かけ

梅雨明けが宣言されましたが、皮肉なことに大雨が西日本や北海道を中心に降って、全国的に大水害が起こっています。
記録的な降雨と大水害になるような気配です。
被害にあわれた方々に心からお見舞いを申し上げます。


今日は遅くなりましたが、和梨と葡萄に袋掛けをしてきました。
和梨は鳥害には合わないと思いますが、カメムシなどに吸われて果実が変形してしまいますので袋で予防です。
ブドウも周りを防鳥ネットとビニールで囲ってありますので、なんのためにやるのかよく分かりませんが、
蚊やカナブンに吸われないようにかなとも思います。

和梨 6年目
アキヅキ
専門の梨畑のように徒長枝が上に伸びて居ます^^


イメージ 1

約50個ならせています。
イメージ 2イメージ 3










こちらは3年目の大天梨。初なりです。












和梨は南水、豊水、アキヅキが6年生です
大天梨、甘太が3年生です。今年から5〜6個ならせています。
ウイルスフリー苗として豊華という品種も植えていたのですが、皮肉にもウイルスにやられて枯れました^^


葡萄
ブドウは藤稔、ピオーネ(2本)、ゴルイビー、多摩豊という10年選手と、銀嶺、バナナ、シャインマスカット、雄宝4年生を植えています。シャインマスカットは生長不良です。
藤稔とピオーネはもう幹回りが30センチ以上あります。


イメージ 4

藤稔 摘房の失敗で袋に入れるのに苦労しました、    早生ピオーネにはもう色が付いていました。


イメージ 5
イメージ 6













ピオーネ
晩成でまだ十分に摘果がされて居ません。

イメージ 7

まずは掛けやすいところから                    こんな感じで色が付いて行きます。

イメージ 8イメージ 9













ブドウには普通の大きさのものには紙の袋、巨大なものには透明の袋(多孔)をかけました。
毎年大きすぎる房は甘みと色付きが悪いです。


スモモも今年はソルダム、菅野中生、ニューハニーあやかとサマービュート(初なり)を収穫終わりました。
サマービュートはなかなか美味しいスモモです。サンローゼスは3年目ではまだなりませんでした

後は晩成の秋ソルダムとケルシーが残っています。

今年はケルシーがたくさんなってます。             秋ソルダムはならせすぎ入て枝が下垂しています。
これは意外とと甘いスモモなんです。
イメージ 10
イメージ 11













この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

ソラマメとエンドー

八十八夜のころ、ソラマメとエンドーを食べた記憶があります。

今年は順調にソラマメを収穫できました。
風袋は15キロ近くありましたが、剥いてみるとたったの3,5キログラム。
ソラマメは莢が大部分ですね。

イメージ 1


エンドー豆は、あんまり食べるとおなかを壊す、そんな歌がありました。
昔はそんなにとれていたのでしょう。

エンドーは風袋の約二分の一が実です。
4,2キロありました。

イメージ 2
いずれもたらふく食べた後は、
冷凍保存です。豆ごはんで食べていきます。

今の時期フキが美味しいのでエンドーと炊くと風味があっていいですね。










この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

幼果着々

畑は藪になってきてますが、果樹の幼果が目立つようになってきました。
6月になれば枇杷、ブルーベリー梅、ヤマモモなど、7,8月になればスモモ、イチジク、桃、ブドウと続きます
果物は秋に収穫というイメージがありますが、実際は夏の方が多いですね。

一番早いのは枇杷です(茂木)                    田中は少し遅いです
イメージ 1
イメージ 2












5月末からサザンハイブッシュ(スター)            オニール
イメージ 3
イメージ 4












ミスティー                                ラビットアイ〈ティフブルー)
イメージ 5
イメージ 6












スモモ(ソルダム)                           イチジク(バナーネ)
イメージ 7イメージ 8












葡萄(藤稔)                              子梅(5月中旬に収穫してカリカリ漬け) 
イメージ 9
イメージ 10












和梨                                       プルーン
イメージ 11イメージ 12





この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

エビネの開花

今年は桜の開花も早かったですが、エビネも概ね10日ほど早かったようです。
コウズ系が概ね満開、他は咲いていないのもあります。

鉢植えして4年、植え替えていないものはどうしても作落ちするようです。
4号から10号鉢まで植えていますが4〜5号は1,2本、10号鉢には平均10本の花茎が伸びて居ます。
コウズは蘭裕園が作った4倍体が主です。他の薩摩系」などは福岡の秋元さんが作ったものです。

玄関前のウエルカムフラワー

イメージ 1

イメージ 2イメージ 3












パープル紫系コウズ

イメージ 4

イメージ 5イメージ 6













イメージ 7
イメージ 21












ワインレッド系」
イメージ 8

イメージ 9イメージ 10イメージ 11












イメージ 22











黄色系

イメージ 12
イメージ 13











イメージ 14イメージ 15













赤舌系
イメージ 16イメージ 17













イメージ 18イメージ 19













赤系

イメージ 24
イメージ 23












イメージ 20
























この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全415ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事