全体表示

[ リスト ]

今週のスタジオゲストは、木津佑実子さんでした。
 
関澤   「今週のゲストは、女性神主の木津佑実子さんです」
小林アナ「私は女性の神主がいらっしゃる事を今日始めて知りました」
木津さん「最近は女性の神主さんも増えています。私は高岡関野神社が忙しいとき手伝いに行きます」
小林アナ「神主になるには、どうすればなれますか?」
木津さん「学校があり試験に合格して神主になれます。生活は大変ですけど」
小林アナ「今、巫女たちに御車山祭りで奉納する舞を指導中と聞きましたが、何処の学童さんですか?」
木津さん「高岡山町の平米小学校と博労小学校学童20人です。下は小学2年生から6年生です」
小林アナ「女の子達は、どんな気持ちで練習していますか?」
木津さん「低学年の学童は、赤い袴と白い装束にあこがれきゃっキャしていますが高学年になると、
       落ち着きが出てきて神様に奉納する心境になります」
関澤   「先ほど木津さんから聞きましたが、ある時舞の途中で突然伴奏の音楽が止まり無音状態に
       なった時、踊り子達は一糸乱れる事無く平然と踊りきったと聞きましたが」
木津さん「あの時は、私もビックリしました。しかし何事もなかった様に無音状態で最後まで踊った時は、
       感動すると共に神様と共にいるんだと思いましたし、巫女たちが神々しく見えました」
小林アナ「私は踊りが苦手だし、音楽が止まると『終わった』と思い止めてしまうと思います。
       練習はどれ位の時間ですか?」
木津さん「4月30日の宵山の披露を控えていますから、朝9時から夕方6時まで続きます」
関澤   「その熱心な巫女たちの話が、前田家18代当主 前田利佑公の耳に入り今年初めてご覧になります」
木津さん「子供たちは、その話を聞いてより一層熱心に猛練習しています」
小林アナ「是非、観に行きたいです」
関澤   「本当の観来山(みくるまやま)ですね」
木津さん「是非見てやってください」
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事