お城と淀川の鳥撮り記

大阪市近郊の鳥撮りを一眼で始めたけど最近はコンデジばかり
昨日撮れなかったチュウヒに一眼で再挑戦。

いつもならCMは2〜3人いればいいほどですが、今日はトラフズクから流れてきた人がプラス数人。もっと多くの人が流れてくると思っていたけどトンビとあまり変わらないんで人気が無いんかなあ?

今日見ていた時(12時30分から15時)に3回飛んだが、自転車で移動中、あるいは知り合いさんとしゃべっている時に飛んで行ったとかでまともに撮れず。この前コンデジで撮った時の方が良かった。
そして時に残念なのは3回目。体半分が白いチュウヒが飛んだが、道具を片付け後で再度出したが間に合わず。

チュウヒ
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

そしてトラフズク。今日も居るか気になっていたが、昨日と全く同じ場所に居た。
但しCMもたくさん。鳥からあまりにも近い場所なんで飛ばさなければいいんですけどね。今日はいい加減に10枚ほど撮っただけでおしまい。そのあと此処の名物チョウゲンボウを撮って猛禽3種としたかったがなぜか不在。いつもなら産経新聞の看板あるいは日本ペイントの屋根によく居るんですけどね。
イメージ 4

2018年1月20日

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

トラフズクに間違いないと思います。
十数年ぶりに見た。

チュウヒを一眼できれいに撮りたくて淀川中津の浜に行った。二時間ぐらい待っても飛ばずあきらめて、何かいないかと鉄橋をくぐって隣の公園へ。

そこでもベニマシコさえ出てこず、あきらめて帰ろうと自転車をこぎ出したら、綿帽子みたいなものが見えた。何か確かめたくてバックすると、鳥みたいですねえ。
イメージ 1

フクロウかと思って自転車を降りてカメラを構えると、こちらを睨みつけた。
イメージ 2

これって、トラフズクですよね。
ほんとに久しぶり。
そのまま見ていると、だんだん目を閉じてきてしまった。
イメージ 3
イメージ 4

今日は誰もCMが居ないんで、先ほどまで中津浜で一緒にチュウヒを見ていたSさん、野鳥の会のHさんにも紹介。
こんな所にいるとはねえ。以前は三島江で見たのみ。
明日はいるんだろか?

2018年1月19日


この記事に

開く コメント(0)

ポカポカ陽気なんで家を追い出されたけど行くところが思いつかず、最近行っていない毛馬〜城北へコンデジを持って10時から様子見に。

毛馬ではこれといったものは無し。

赤川に行くとカワセミ
イメージ 1
イメージ 2

そしてベニマシコ。♂3羽と♀3羽の群れだった。水路の両脇で。温度が高い為か良く出てきた。
イメージ 3
イメージ 4

上空でチョウゲンボウがホバリング
イメージ 5

そして今冬初撮りのオオジュリン。2羽しかいなかった。同所で。
イメージ 7

城北の橋下ワンドでまだ居たミコアイサ♀。
イメージ 6

2018年1月18日

この記事に

開く コメント(0)

暖かくなりそうな日なんで、そろそろツリスガラの気配があれば良いなと、例年早く見られる中津へコンデジを持って様子見に行ってきました。

中津の葦原の阪急電車鉄橋に近い所で待っていると、チュウヒが飛び出した。巣作りのためか枝を持って近くに舞い降りた。
イメージ 1

しばらく待っていると飛び出しゆっくり飛んでまた近くに舞い降りた。今年はここ(阪急電車鉄橋近く)で巣作り?
イメージ 2

次いで、鉄橋を渡って河川敷公園へ。
オオジュリンでもいないかと探していると、すぐ近くでエサを啄んでいたハトの群れに猛禽が後ろから飛び込んできた。そこまで約5m!草の中に隠れこんだので見に行くと、飛び出してすぐにカラスに追われた。
最初オオタカかハイタカと思ったけど、ノスリでしょうね。
イメージ 3

ベニマシコは7羽見た。うち♂は3羽。
イメージ 4

オオジュリンぐらい何とか撮ろうとしたが声はすれどサッパリ。例年よりかなり少ないみたいで撮れず。
これでは今年のツリスガラは昨年以上に苦労しそう。

ほかの鳥と言えば、草原をうろうろしている時にヤマシギが足元から飛び出して行方不明に。ツグミ、ムクドリは多くなかった。ジョウビタキは通年ぐらいかな?
アリスイ、クイナ、ヒクイナは今日は見なかった。

2018年1月15日


この記事に

開く コメント(0)

そろそろ梅の蕾が大きくなってきただろうから、梅絡みのジョウビタキでも撮ろうと久しぶりにお城の梅林へ。

しかし梅はまだ早かった。但し愛想良しのジョビ太君は居ましたが、それでもなかなか良いところには止まってくれません。あと一か月ぐらい居てくれたら梅絡みのいい絵が撮れるかもと期待です。
イメージ 1

今のお城では他にはオオタカぐらいのものだろうと市民の森で常連数名と待っていると、二度入り込んできたけどカラスに追い出されて撮れず。

それならばと、ねぐら入りのハイタカを飛騨の森に見に行くと、17時前ですが二羽とも入っていた。
ハイタカ一号
イメージ 2

ハイタカ二号
イメージ 3

昨年末に一部の人が夢中になったツミ、まだいるそうですがねぐら入りの場所が判らず、カラスに追いかけられることも少なくなった様で、出会い頭でしか撮れないようです。

2018年1月11日

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事