ここから本文です
こぶたの休息
今年は何しよう〜、どこへ行こう〜、何見よう〜!!
イメージ 1



映画 『?嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』 予告編

1991年 台湾作品
監督:エドワード・ヤン
出演:チャン・チェン、リサ・ヤン、ワン・チーサン、クー・ユールン

エドワード・ヤン監督が亡くなって10年。4Kデジタルリマスター、
オリジナル3時間56分版で25年ぶりに蘇ったこの映画。
日本では、権利関係がいろいろあって、長いこと見ることがかないませんでしたが
今回観ることができ、本当によかったと思います。

映画の舞台は、1960年の戒厳令下の台北、?嶺街。
暗い時代背景の中、一人の少年が一人の少女と出会います。
ただし、この映画にあるのはそれだけの話ではありません。

登場人物が多く、暗めで弾きの多い画面で誰がどうなのか掴みにくいのに
だんだんと引き込まれていきます。多くは語らないのに、人の感情とか
人間関係、社会や時代の背景が浮かび上がってくる。

外省人の社会、大人のヒエラルキーが、子供社会にも反映している。
同じ外省人といっても、貧富の差があり、力の差がある。
子供達は徒党を組み、自らを守ろうとする。

少年小四の行動や、少女小明の言葉すら、当時の混沌とした社会を
象徴するかのよう。

こんな映画はそうそうないと思います。ぜひ、DVDが出るように
心から祈るばかりです。


書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 「一念無明」Mad World

    2017/3/20(月) 午後 10:45

    2016年 香港作品 監督:ウォン・ジョン 脚本:フローレンス・チャン 出演:ショーン・ユー、エリック・ツァン、エレイン・ジン、チャーメイン・フォン この作品、第12回大阪アジアン映画祭で、作品賞を ...すべて表示すべて表示

  • 岩波新書から出ている「香港 中国と向き合う自由都市」を読んでいます。 社会学的にちゃんと香港事情を解説している本で、とてもわかりやすい。 香港の民主・政治的歴史と、その存在の複雑性が説明されています。 ...すべて表示すべて表示

  • 弾丸香港 最終章とプロローグ

    2017/1/14(土) 午後 11:39

    2017年1月、すでに行って帰ってきましたが、2016年弾丸香港最終章させて いただきます。 最後はスターフェリーに乗って九龍側へ。 九龍側で、夕飯食べようということにしたんですが、要は ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事