マナピ〜の釣行記

離島・地磯での釣行記や家庭菜園記等、アップしていきたいと思います!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

先日、7/14 15とブロ友の皆さんと夏の祭典で、上五島釣行してまいりました
心配された台風もそれて、釣行当日はもうベタ凪ぎ私が五島釣行すると決まって時化になるのに、今回は暑さ意外は快適な釣行です
さて、港に着くとよるまささん到着今回初めて同礁するので声をかけてご挨拶暫くして、バットマンさん到着氷を調達しにご一緒して頂きましたが、小銭がないハプニングバットマンさんにお借りし無事氷調達完了
さて、メンバー及びたの釣り人も集まり、レインボーは予定通り正午出港、瀬上がりは皆さんがアップされていますので、省略します(笑)
さて、ヘタの瀬の市の角によるまささんと上礁、しかし下げ潮で直接瀬付け出来ず、一等席横からの移動となりましたよるまささんに助けられようやく荷物移動終了、体力の半分を奪われましたが、休憩し先ずは昼釣り再び一等席横まで移動し昼釣りしたものの、35位までのクロを数匹釣って暑さに勝てず、昼釣り終了再び市の角に移動し、夜釣りの準備をしますよるまささんは、瀬上がりからルアーをされていたようでしたがアラカブしか当たらなかったとのことそして、いよいよ夜釣りに突入ですよるまささんは市の角より開始、私は隣の岩場から開始します
よるまささんには、暫くウリ坊が当たっていたようで、手を焼いている様子私はまだ要領が掴めず、ただ電気ウキが浮いている状況すると、そのウキが中途半端に海中へ、ようやく夜グロゲットしかし、それからはなかなか喰わせることが出来ず、仕掛けの打ち返しを繰り返すのみ、一方よるまささんは、場所を替え夜グロとイサキを連発中もうさすがとしか言い様のないパワフルでフットワークの良さに見ていて気持ちいい光景(ん、夜景)でした
そして、遂に私の遠投した仕掛けに得体の知れない物がかかったようで、とにかく重く糸は出していき、かといって暴れることはなく、ひたすら竿で耐えること10分以上よるまささんも異変に気付き来てくれましたが、なかなか寄って来ないよるまささんが海ガメかもと言われ、だったら針を取ってあげないとと思い、必死に耐えあと10mという所まで寄せましたが、再び沖に向かって走り出し、ラインブレイク(泣)竜宮城へはお預けになりました。その反動で後ろに転がりあわや落水寸前これで、体力を消耗ししばし休憩、睡魔も来たため少し横になって小休止明け方近くに起きて仕掛けを作り再開したものの、クロもイサキも微笑んでくれず、夜釣りは終了片付けをし、船が来るまでワームで遊び、アカハタをゲットこれにて終了、レインボーに乗り込み爆睡しました今回は、よるまささんの夜釣りを横目で観察し、市の角のような浅い磯での狙い方等、大変勉強になりました。またフットワークも必要だと改めて感じた釣行でしたよるまささん、色々ありがとうございました
そして、磯ハエさん、かっぱさん、バットマンさん、ヒーローさん、たかきよさん、磯枕さん、お世話になりましたまた釣行しましょう
長々とすみません
おしまい

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

こんにちは〜
6月24日、天候に恵まれ、以前から釣行したかった大瀬戸へ釣行してきました。
私の所属しているクラブの大会で、当初平戸の地磯での開催を予定していましたが、潮の関係で満潮時が釣られなくなるとのことから、渡船代が5000円以内で、今回8人全員同じ磯に乗れて、40クラスのクロも釣れる場所を探し、大瀬戸ツノ瀬になった次第です
さて、大会スタートグループ3人づつが竿を出し、30分ハーフの60分競技で、一人がタイムキーパー私は、タイムキーパースタートとなり、皆の釣りを見学しつつ、状況を見ながら、仕掛けや投入点、喰わせるポイントを観察
象のハナグループは、数は出ないものの、30〜42サイズが釣れている。そして、60分となり、選手交代いよいよ私も初大瀬戸での竿だしです。しかし、welcomeフィッシュがなかなか来ません(泣)。竿だしして、10分ようやく当たりしかし象のハナの先端に突っ込まれ、バラシそれから数投後、沈ませで探っていたらラインが勢いよく走り、良型と確信ハリス1.7にものをいわせ、点在する沈みを強引に交わし(言葉だと格好いいですが、単に寄せただけ(笑))、目測45位の多分尾長が姿を見せますが、最後の反転で何と、針外れ(泣)。唖然としましたが、針とハリスを着け直し、同じ所へすると、浮きがしもり、ゆっくり潜行と同時にラインが走ります合わせて今度こそと気合いが入りますが先程よりは軽い36位の口太が見え、寄せているとクロの後ろから黒い物体が、そして突然回り込んで、私の貴重なクロを一飲み(泣)。その正体は鮫それから何度か鮫の餌に献上最後のリーグで何とか35の口太が釣れ、鮫に献上することなく、貴重な釣果となりました。その後、バリとアジとなりリーグ終了結果、クロは1枚と情けないことに。
けど、初大瀬戸のポテンシャルをまざまざと感じ、リベンジを誓い、ツノ瀬を後にしました。優勝した会長は、43頭に7〜8枚でした
他のメンバーの中には、ルアーにてワラサを上げていたり、イサキを釣っていたりと其々楽しんでいたようです
みやび丸の船長さんにもお世話になりました
また、大瀬戸チャレンジしたいと思います\(^o^)/

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

ミズイカじゃないけど ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

チヌからもイカからも暫く見放されていましたが、今日は久しぶりに甲イカ君が微笑んでくれました。
丁度1kgでしたが、墨が半端なく多かった〜〜

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

チヌに見放されて ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

こんにちは〜ブログアップ忘れていました
4月15日、所属しています、釣技TBC平戸の大会があり、参加してきました。今回はブロ友の柳川さんにもラブコールをし、参加頂きましたありがとうございます
さて、今回の大会はペアマッチということで、チームワークの釣りとなります
まずは、クジ引きやなさんとペアになれるかと期待して引きましたが、ペアはいつも田平で一緒に竿だししているいなちゃんやなさんは、若手のホープ、せいや君とペアやなさん次回こそペアになろうねとの思いを乗せ、三平丸は定刻通り出港
さて、私といなちゃんの上礁した磯は、相浦港の入口近くで、水道になった磯でした
餌を混ぜ混ぜしながら、いなちゃんと談話競技時間過ぎているのに気付き、あわてて竿だします。今回は、私は棒浮きでのチャレンジあの棒浮きが海中に消し込む瞬間が堪らなく好きで、チヌ釣りではかかせません(笑)。さて、あちこち探りながら釣っていると、遂に魚の当たりが………
隣のいなちゃんにいなちゃんの絶妙な竿さばきで、チヌがタモに収まり、チヌがいることが確認できた所で、気合いが入りますそして、再び当たりが……隣のいなちゃんに今度のは型が良さそうで、元気に引きまくっています羨ましい視線を送りつつ無事にタモインいなちゃん二枚さすがに、焦りがつのる私いなちゃんに棚やポイントを再度聴き、棒浮きからアウラのキャストに変更、ハリスも1.7から1.5号へ針も3号から2号へ変更し、1枚を狙いますが、フグやキュウセンが当たるも、チヌが来ない(泣)。
半べそ状態で、いなちゃんに「いなちゃん、釣れんでごめん」と謝る私そして、とうとう時間切れ納竿となり港へ。そして、検量となりましたが、幸いなことに、ペアでチヌを揃えた組はなく、シングルでの争いとなりました。そして、いなちゃんが釣ったチヌが優勝ボーズの私にもバッカンの賞品が来ることに気になるやなさんは、私と同じだったようでした
雰囲気はよかったんですが、この日のチヌも活性が低かったようでした
さて、次の大会はクロを予定していますので、またやなさんやブロ友さんにもお声かけたいと思います
やなさんをはじめ参加頂きましたオブサーバーの皆様、岡船長、そしてTBCメンバーの皆様、お疲れ様でした

開く コメント(10)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

さて仕事帰りのチョイエギシーズンが今年もやって来ました
今シーズンも出だし悪かったんですが、先週頃よりようやく、釣れ始めました
チョイエギで、数釣りは出来ませんが、約20〜50分の間に釣れると、その日の疲れも癒されます
画像は先週から本日(4/16)までの釣果です

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事