浮気なぼくら

素人考えで自分勝手に望遠鏡を改造するブログです

50cm望遠鏡

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Mel Bartels の 13 inch F/3.0 Zip-Dob 34cmドブソニアンには、いろいろな先進の工夫がおこなわれています。
イメージ 1

そのひとつが、メニスカス・ミラーの採用です。
メニスカス・ミラーというと、一般的には、シュミカセの主鏡の杯型( 鏡の端に行くほど薄くなる )のものをご存知の方も多いと思いますが、Melのは下の図のオレンジの線のように裏と表に同じRがついていて、厚さが一定になる形のものです。

というのも、Melは鏡の厚さが直径の1/10程度の薄いミラー( 写真から推定すると3〜4cm? 値は公開されてません )を使っており、

イメージ 3
( Mel のサイトより )

34cmでのF3の彫り込み量はたぶん1cm近くになり、鏡の中央が鏡周に比べて相当薄いことになってしまう、というのがメニスカス化のスタートだと思います、

しかし、メニスカス・ミラーのメリットはMel本人にも予測がつかない形であらわれたようです。
以下、主に裏面がフラットな通常の鏡と比較しての話です。

1 軽い
   まあ、これは想定内でしょうか

2 鏡の剛性が上がり、セルが3点支持でも歪まない
   当初予定していた9点支持は必要なく、3点支持で十分だったようです。それに対し、裏面フラットミラーは9点支持しないと歪んだとのこと

3 温度順応が早い
  外へ出して15分程度でOKとのこと。ミラーが薄いからということもあるでしょうね。

4 しかも温度順応の最中も放物面が歪まない
  これが一番すごいと思いますが、外へ出して数分で星像が安定するそうで、つまり鏡が冷えている最中も放物面の形が崩れずに保たれている、ということになります! まさに革命的!
( 鏡周が薄くなっている杯型のメニスカス・ミラーでは逆に温度順応に時間がかかる、という話ですので、こちらは温度順応中は歪んでいるんでしょうね。シュミカセは密閉式だから温度順応に時間がかかるって言われてたけど、案外、杯型のミラーが犯人かも・・・・ )

5 パイレックスの20分の1程度の値段の安いガラスでも作れる
 パイレックスはもう売ってなくなりましたが、鏡の温度の不均一による歪みを気にしなくてよいので安いガラスでも実用性があるそうです。ただし、鏡材をメニスカスに加工するコンピュータ制御の「 窯 」が必要で、そのコストをトータルでパイレックスと競争力がある、という表現でした。( この「 窯( computer controlled kilns )  」が良く分からないんですが・・・ )

などなど、まさにいいことづくめ! 次世代、F3前後のドブソニアンが主流になるとすると、ひょっとしたらメニスカス・ミラーも標準になるかもしれない、って気さえしてきます。
特に4のメリットは忙しい日本人にこそ最適なのではないでしょうか?

しかし、日本で厚みの一定したメニスカス・ミラーが登場する日は来るんでしょうかね・・・・


Melの34cmには他にも素晴らしいコンセプトが満載です。
機会がありましたらまた紹介します!

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

ニュートン式は接眼部が筒先にあるので、大型の望遠鏡になると、脚立を使う必要が出てきます。
たとえば、下の画像は双望会でのひとこまですが、

イメージ 4

コスモキッズ双眼の奥にあるのが、NinoさんのNinja500、その奥が大森さんのNinja500、さらにTakさんの45cm、などですが、いずれも様々な脚立類を使われています( この3台のF値はドブソニアンの標準F値ともいえる4.5です )。

さて、そんな中でも双望会最大口径であるやおきさんの66cmですが、

イメージ 2

主鏡がF3.3なので、66cmという口径にもかかわらず、コンパクトな三角形の足場により運用できています。
これは安全性・迅速性の面で大きなアドバンテージですね。

また、ものすごく緻密な工作で、最近60cmドブソニアンを完成させた沖田さん
http://blogs.yahoo.co.jp/okita_tenmon
も、F3.32の主鏡を採用し、かなりコンパクトに製作されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/okita_tenmon/archive/2016/05/23
沖田さんの運用を拝見したわけではないのですが、おそらく脚立等の使用は最小限でおさめておられると想像しています。


***

追記
沖田さんは脚立ではなく、このような踏み台を自作し組み合わせて使っておられるそうです。

イメージ 5 イメージ 6
( 高さ22cm )                        (高さ11cm )
安定感がありますね!

***


このように、主鏡のF値を短くすることによって、かなりコンパクト化することができ、大口径ほど運用上の利点が大きくなってきます。

Mel Bartels氏の最近の作例はFの短いものが多いようなのですが、例えば
13 inch F/3.0 Zip-Dob 
では、F3の主鏡により、34cmの口径にもかかわらずテーブルトップ望遠鏡になっているという、驚異のパッケージングです。

イメージ 1

右にある15cm( 6 inch F/2.8 Dob  )には何と、F2.8の主鏡が採用されています。


さて、当方の50cmですが、505mmF4.4でfl=2236mm になります。

イメージ 3

上のお二人の60cmクラスよりも焦点距離が長いうえに、ポンセットに載せているので、脚立なしで使えるのは、ごくごく低い仰角にとどまります。

しかし、ここで朗報? 
笠井トレーディングのサイトで、50cmF3.6主鏡が新たにラインナップに加わっているのを発見!
http://www.kasai-trading.jp/newtonianmirrors.htm
D=508mm fl=1800mm が ¥485,000 (税込\523,800)との事。

もし、この鏡に換装すれば鏡筒を40cmは短くできますね。
トップリングの厚みが約20cmなので、トップリング2つ分ぐらい短くなるイメージでしょうか。
これなら、脚立不要の範囲をかなりひろげられそうです。
さらに、インディゴ式延長レンズ1.33倍仕様は、主鏡F値3.4程度まで対応しているので、ケラレのない双眼視もできますし。

唯一の問題点は、接眼部を低くするためだけに50万出すか? という部分ですが・・・・(笑)

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

火星最接近

5月31日は火星が最接近ということで、しかも晴れていたので、久々に50cmを出してみました。

イメージ 1 イメージ 2
  
望遠鏡を出し始めた時点では、木星、火星、土星すべて見えていたのですが、組みあがってみると一面ベタ曇りに・・・・・・(笑)。
仕方ないので、光軸やポンセットの調整をおこないつつ、雲の切れ間の星でピントを確認したりしていました。

何とか雲越しに木星を探し出しますと、まあ見えることは見える・・・・シーイングは中くらい。
接眼部にカメラを取り付け、撮影してみることにします。

イメージ 3

2インチバローで、合成焦点距離、fl=4,472mm です。
雲越しに強引に撮影した結果( 一枚画像 )↓

イメージ 4

すごくわかりにくいのですが、左の端の方に大赤斑があるようですね。
50cmの作品としては全くお恥ずかしい限りです。
これじゃ、こないだの10cmの写真とあんまり変わらないなあ・・・・・・

やはり口径を生かすには動画で撮って100ショット以上合成しないとだめでしょうかね・・・・

その後は完全に曇って、火星はわずかに眼視で確認し、木星同様雲越しに撮影するもほとんど模様は写らず!

イメージ 5

そして土星は・・・・見えませんでした。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

土曜日の晩に南阿波サンラインに行っていました。

イメージ 1

当初、GPVの予報では晴天のはずだったのですが、実際には午後5時半ごろ出発した高知では曇ってました。
そして、午後7時半ごろ到着した南阿波でもやっぱり曇っています。
55cm双眼のにゃにゃにゃさんも6時ごろ来られていたらしいのですが、既に撤収された模様。

しかし、今日は淡路島からTAKさんが見えられることになっているのと、ひょっとしたら晴れるかも? に期待して、少し粘ってみることにします。

イメージ 2

一人ですることもないので、レッドライトで字を書いたりして遊んでいました(笑)。

そうこうするうち、TAKさんが到着。
TAKさんのテレキット45cmと、当方の50cmはいつでも出せるようにして、話をしながら天候の回復を待ちます。

イメージ 3

神速の天体導入で知られるTAKさんですが、豊富なフィールドワークで厳選された、「 見て面白い天体 」の話は充実しており、星図で場所を聞いたりしながら、いろいろ教わりました。

この球状星団の近くに小さな球状星団があって、これが見えたり見えなかったり、など、内容はだんだんとマニアックに展開し、エイベル天体にまで話は及びました。
本当は望遠鏡で現物が見られれば、さらに面白かったんでしょうけど、それはまた次の機会に、です。

話の間にも、一瞬南のほうが晴れたりしていたのですが、望遠鏡を出すほどでもなく・・・・・・・

イメージ 4

結局、午前0時過ぎに、さすがに今日はもうダメかな? で、撤収決定。
TAKさんとは、来月の再会を約束して、お互い帰路に着きました。



そして、2時間かけて高知に帰ったところ・・・・・・・

イメージ 5

・・・・・こっちは晴れている!

さすがにもう50cmを出す気はしなかったのですが、せっかくですので少し写真を撮りました

イメージ 6

素直に地元で見ればよかった、と言うオチが着きつつ(笑)、土曜日は終了!

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

今日は、高知県東部某所で観望です。

イメージ 5
( 18mm F4 ISO100 露出56分 )

高知県東部では、近くに明かりがなく視界が開けた場所さえあれば、どこでも観望地になります。

今回は当方実家より5km、車で10分の近場で、あらかじめ目星をつけてあった某所に初めて50cmを設置しました。海岸線から少し山のほうに入るんですが、ここでもまだ波の音が聞こえます。
言わば「海が聞こえる」状態(笑)で観望スタート!。

ポンセットを大体北にあわせて設置、本体を組み立て、北極星でファインダーを合わせます。

イメージ 1

現在はファンダーorサブスコープが5本くらいつけられるようになっている、50cmドブソニアン望遠鏡「 テレギドラⅡ 」ですが、、今回は耳軸上側にグリーンレーザー、トップリングの接眼部上に5cmファインダーと、シンプルな仕様です( 多連装仕様は双望会にとって置きます )。

さて、それでは本日予定している、いろいろなテーマの検証に移ります。


①ポンセットの追尾速度は振動音「 G 」でOKか?

ポンセットの追尾速度ですが、先週、モーターの振動音を「 G 」に合わせることで恒星時になる、ということだったので、チューナーで音高を測定しながら、Gに「 チューニング 」。
適当に明るい星を視野に入れて、しばらく置いてみます・・・・・どうかな?

うん、ちゃんと視野中央で止まっています。極軸も結構あっているようです、こういうの気持ちいいですね。


②BS双眼装置を2インチ仕様にしてみると?

イメージ 2

はい、BS双眼装置を2インチ対応にしてみました! ( アイピースはWS30mm )

といっても、31.7→50.8 アダプターを2つ突っ込んだだけですけど(笑)。
そのままではピントが来ないので、双眼装置の先端に2倍バローを入れてあります。
( ただ、バローからアイピースまでの距離がかなりありますので、4倍とか5倍になっているかもしれません )

やっぱりこんな安易な方法ではダメですね。WSの82度の視野が50度くらいにケラれます。さらに、星像が強烈に悪化、ボッテリとして点にならないです。残念ながら実用性はなさそう・・・・

双眼装置にはインディゴ式延長レンズでないとダメか。


③50cmの直焦点撮影をやってみる


50cmはfl=2236mmですが、ポンセットでも数秒の露出はできそうなので、カメラをTリングに取り付けてやってみようとしたところ・・・・

・・・・・?
イメージ 3
( フォーマルハウト 50cmF4.4 露出30秒 )

ピントが来ません!(笑) フォーカサーを一番奥に押し込んでも、上のような状態でした。
この鏡筒の中央遮蔽の小ささ( 直径比17% )だけはわかりますね。
直焦点をやるには専用のトップリングを製作しないとダメそうです。
どうせ作るならプライムフォーカス式にしようかな、それなら斜鏡もいらないし・・・・

仕方ないので、国際光器SD80、8cmF6 fl=490mm を出してこれにカメラを取り付けてみました。

イメージ 4

検証テーマを

④8cmF6の直焦点撮影をやってみる

に変更・・・・・・・・・続く!

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事