永遠に、幸せになりたかったら…

釣りを覚えなさい(中国の古諺より)。でも、ラーメン二郎とか、ドカ盛店に釣られてばかり…。

全体表示

[ リスト ]

(この記事は事情により文字だけとなります。そう、画像は無し、です。お許しを。)


大田区田園調布、最寄り駅は雪が谷大塚の 麺でる 。


行ってきた。


二郎行脚の途上、いつかは通らねばならない途を、この日とうとう踏んでしまった。


12:30過ぎ、店内ほぼ満席、たった1席空いてた席に座る。


とその前に食券。


???


「ラーメン500円」???


これは“チャーシューなし、麺とスープのみ”だと。野菜もなし。


そりゃ初訪時としてはちがうだろ、てことで、今日の注文は、


  ラーメン(チャーシュー1枚入り)700円


ちなみにチャーシュー4枚入り(チャーシュー麺)が800円。なんかアレ?な価格設定。ま、最初なのでデフォデフォ。


ちなみに、野菜増しは最初に言うシステムらしい。「麺少し増し、野菜増し」等。ニンニク、アブラは、親父に聞かれてから言う。むずかしい。


で、ニンニクなしでキタ。(なんかやっぱり写真撮りづらい雰囲気っすよねぇ、てことで画像なし。)


麺。黄色い。多加水でなく、“多鹹水”麺ですな。中太で四角く、なかなかの歯応え。ワイルド感あって、よろしい。
スープ。液体アブラ多く、熱い。醤油の香りに、魚系の匂い。魚粉がふんだんに浮いている。で、甘く、かすかにスッパい。ははーん、どこかで食べた味、と思ったら、最近流行りのつけ麺系の味。二郎と違えて独自色を狙ったな?しかしドギツイ。化調感も強く残る。
チャーシュー。ペラペラ。以上。
野菜はかなりクタ(これはこれでうまい)。


食べ終えると、親父「量は足りましたか?」と。「もう少し食べたかったなぁ」と言うと、「次は増しと言ってください。」と。ほほほ。


ゴチソウサマでした。これはこれでおいしゅうございました。


全体として、二郎とは別物。しかし、独自の進化を遂げている。


再訪するかも。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事