永遠に、幸せになりたかったら…

釣りを覚えなさい(中国の古諺より)。でも、ラーメン二郎とか、ドカ盛店に釣られてばかり…。

二郎 武蔵小杉店

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

今日は仕事日、だが、この時期には珍しく時間的に余裕があったので、日曜営業の未訪店を、ということで、やってきました武蔵小杉。

雪の降る中、駅からの道のりを、てくてく歩いて、向かいます。東横線のガードをくぐって、新幹線のガードもくぐって、もちょっと行った角を、グウッと左鋭角に戻る感じに曲がると、見えてきました小杉二郎。
イメージ 1



13:00着、雪の中、さすがに並びは少なく、店内3人待ち。狙い通り。
イメージ 2



食券買って待ってると、店主氏(?)、大の食券の客に、「お客さん、ウチの大盛、食べたことありますか?この(小の)倍ありますけど。」客「大丈夫ですっ!」みたいなやり取りが。

そのうちススッと待ちが進み、「お客さん、奥の席にどうぞ」、と、お声がかかりましたんで、小上がり席に。

靴を脱いで食べる二郎、初めてです。

で、今日の注文は

  小ブタ野菜アブラカラメ

正座して待つと、次の順番のカップルさんと相席。テーブル挟んで差し向かい。

程なくキタコレ
イメージ 3



横から〜
イメージ 4

野菜、かなりよく茹でめ、キャベツ:もやし=4:6、キャベツの切り方は大ぶり。野菜の甘みがスープに溶け出しているような、そんな感じ。


ブタ。
イメージ 5



もいっちょ!
イメージ 6

ひと目それと判るバラ肉が、4切。厚みは1僉

箸で持つと、ホロッと崩れる、ヤワトロ感。味の染みも程よい加減、おいしゅうございます。


麺。
イメージ 7

所々に細〜い麺が絡まり合った、モッチリの麺。カネシを良く吸って、イイ感じです。


ギャバン
イメージ 8



一味
イメージ 9

どちらも、相性もバッチリ。


スープ。コク軽め、カネシスッキリのライト系。カラメとアブラをコールしたのだが、入ってなかったかな?


ゴチソウサマでした。おいしゅうございました。

ライト系二郎、なかなかいい感じです。姉妹店の526(こじろう)は、何度か行きましたが、やはりよく似ている。二郎にしてはお上品、かな?


雪は、だんだんみぞれに変わり、足元はビチャビチャ。東京は、こういう天候に弱い。


みなさんも転んだりしないよう、お気をつけあそばせ。

この記事に

開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事