永遠に、幸せになりたかったら…

釣りを覚えなさい(中国の古諺より)。でも、ラーメン二郎とか、ドカ盛店に釣られてばかり…。

二郎 高田馬場店

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

所用で早稲田まで行ったついでに、高田馬場店へ。

12:15着、行列3人、ランチ時のわりに、空いてるほうかな?

で、今日の注文は、

  小(そのままで)
イメージ 1

一応、横からも
イメージ 2

野菜コールもせず、ニンニクもアブラもカラメもいれず、完全デフォルトの馬場二郎(実はデフォは初めてかも)、野菜の盛りはおとなしめ、もやし:キャベツ = 9:1 で、茹で加減はシャキシャキ。

で、今日のブタ
イメージ 3

相変わらずの崩しブタ、量は結構多め(2切れ+崩れ部分)でした。これはこれでウマイ。

で、麺
イメージ 4

なんだか今日はとっても硬あげで、ボキボキ感バッチリ、なかなか噛み応えがありました。

ギャバン(白コショウ細挽き)も振って
イメージ 5

ゴチソウサマでした。

一応、連休の告知
イメージ 6

高田馬場から早稲田へは電車移動でしたが、早稲田の街は、新入生含めて学生さんがゾロゾロッと。そのうちこの人たちも、馬場二郎の味を知る(ハマル?)んだろうな〜。

この記事に

開く コメント(11)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

所用で馬場へ。となると、二郎へGo!、ということで、高田馬場店へ。

13:50着、行列3人。昼時を過ぎていたせいか、あまり並ばず、奥の階段にも並ばされずに、比較的すぐに着席できました。

で、今日の注文は、

  小野菜カラメ

前回はスープがなみなみと注がれていて、やっぱり決壊しちゃったんで、今回は(スーツだし)決壊ケアー、ということで、野菜はマシにもマシマシにもしませんでした。ニンニクもアブラもガマン。

単に『野菜』なので、盛りはオトナシメであまり盛り上がってません。決壊もせずセーフ。で、まずはカラメのかかった野菜から。シャキ、いい食感、冬のせいか、キャベツももやしも甘く感じます。

麺、モチっとしてます。三田本店にかなり近い感じ。

ブタ、おなじみの崩れブタ。脂身と肉がちょうどいいくらいに混じり合っていて、麺と一緒に食べてもおいしゅうございます。

スープ、カラメを足したせいか、カネシの味が立ってます。スッキリ系、よろしいんじゃないかと。

ごちそうさまでした。おいしゅうございました。

高田馬場店の唐辛子トッピング、ありがたいのですが、僕の好みとしては、微調整が効く卓上タイプがいいです(ワガママか)。

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

イメージ 2

カンカン照りも少しおさまって、今日は曇り空。
仕事で馬場方面に行ったので、躊躇なくお昼は高田馬場二郎へ。
12:00過ぎ、行列3人、と思ったら、店内奥の階段に2人ほど待ちがいて、計5人。日曜らしく小さいお子さん連れの人も。
店外での待ちは、早稲田通りの歩道の、店とは反対側のガードレールにそって並ぶよう、コーンとチェーンが置いてあります。「決して隣の店の前に並ばないように」との貼り紙も。都心部のしかも商店街立地、お店の苦労がしのばれます。そういえば、店内に入って、地下に向かう階段に並んで待つのも、高田馬場特有の儀式ですよね。

店内にはカネシ醤油のタンクが無造作に並んでます。
今日は店主は不在で、若い方2人で注文をさばいています。

で、今日の注文は、

小野菜アブラカラメ 麺硬め

高田馬場は1ロット5、6人分ですかねぇ、意外と回転は早くはないです。
着席して待つと、麺硬めなので少し早めに出てきました。がしかーし、カウンターの上に置かれたソイツはスープがなみなみ…ダラリとこぼれます。高田馬場ではお決まりのシーンですか?で、自分の手元に置いたときに、も一度スープがダラッとイって、豪快にネクタイに飛び散っちゃいました(隣の方すんません…)。ウカツでした…。

気を取り直して、まずは野菜から。キャベツ:モヤシ = 1:9 の比率。それでも自分のは同ロットのなかでもキャベツが多めでした。茹で加減はシャキシャキでOK、カラメのカエシがウマイッす。で、硬めに上げてもらった麺を。モッチリツルツル、かなり太目の馬場の麺、まあまあカネシを吸っていて、程よい味、硬めにしてヨカッタ。ブタはおなじみの崩しブタ、シーチキンを思わせる食感です。スープはあっさりめ、これもカラメにしてちょうどかな、って感じ。で、今日はアブラがゴロゴロッとしてて、秀逸でございました。

今日も完食、ゴチソウサマでした。
高田馬場も、特色ありますね。丼を手前に持ってくるときは、スープの飛び跳ねに気を付けましょう…orz

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

所用で高田馬場に行ったので、初めて二郎@高田馬場店へ。
店は違いますが、2日連続の二郎となりました♪
行列もわずか5人待ち程度、狭い店内の階段下で待ちました。
店内内装は、カウンターが黒と、三田本店・目黒店・品川店の赤と異なり、グッとマスキュリンな雰囲気。奥には小テーブル席もあり、独特の雰囲気です。場所柄、慶應だけでなく、早稲田のペナントも飾ってありました。
で、今日の注文は、

小ブタ野菜ニンニクアブラ 唐辛子ちょっと

麺はいくぶん平べったい感じ、野菜はモヤシ:キャベツ=95:5の割合、ブタはホロホロの崩れ豚、と、特色出ています。スープは若干水っぽく、カネシが立っていない感じがしました。カラメを頼めばよかったかな。唐辛子はアクセントになります。ただ、ちょっとにしておかないと、全体が唐辛子味に染まってしまうかも。量はしっかり、ボリュームありました。

この記事に

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事