永遠に、幸せになりたかったら…

釣りを覚えなさい(中国の古諺より)。でも、ラーメン二郎とか、ドカ盛店に釣られてばかり…。

二郎 荻窪店

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

日曜日、所用で青梅街道方面に出かけたので、帰りがてら荻窪二郎を初訪店。
往路に場所は確認しておきました。青梅街道下り線から目立つ目立つ。天沼陸橋の手前にでっかいオーニングがよく目立ちます。

15:45頃到着、アイドルタイムなのか、待ち0人、はおろか、店内0人。つい、「今日はもう終わりですか?」って聞いちゃいました。「いえ、やってます!」とのことなので、早速食券買ってカウンターへ。
で、今日の注文は、

小野菜アブラカラメ+生唐辛子

ラーメンの小に、生唐辛子(\20-現金払い)を頼んでみました。新馬場のイレブンフーズで、生唐辛子がなかなかイイ感じでしたので、おそらく二郎にも合うだろう、と。

で、ほどなく来ました。盛りは、麺、野菜ともおとなしめ。生唐辛子の赤があざやかです。
まずは麺から。断面の四角い、モチモチ食感の麺。新代田の麺と似てる感じ。しっかり太くて、なかなかイイ感じです。野菜は、キャベツ:もやし = 4:6 と、キャベツ率高くグッド。ただ、ちょうど店内に客がいなかったこともあってか、冷えていたのが心残り。次はブタ。厚みが1cm近くあって、食べ応えあります。脂がほどよくのった、噛むとホロッと崩れる、なかなかのブタです。味の浸みは薄め。スープは、すっきりとしたクリアなライト系。カラメを頼んだためか、カネシの味がしっかり立ってます。旨いゾ。生唐辛子は、厳密には生ではなくて、赤唐辛子(鷹の爪)をごま油に漬けたもの。かなりごま油の香りが強く、この香りにスープ全体が支配されてしまう感もあります。辛味もかなり強く、お好きな方にはおススメ。

完食完飲、ゴチソウサマでした。
全体としてバランスの取れた感じのする荻窪二郎、次は大に挑戦してみたいです。
しかし、行列しないで食べる二郎、というのも、何だか不思議な感じですね。

この記事に

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事