永遠に、幸せになりたかったら…

釣りを覚えなさい(中国の古諺より)。でも、ラーメン二郎とか、ドカ盛店に釣られてばかり…。

二郎 相模大野駅前店

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今日は祝日でもあり、営業している二郎が少ない中、スモジこと相模大野駅前店に初めて行ってみました。
13:00頃着、行列7人、予想していたより大行列ではなくひと安心。

店頭の掲示には、「当店初めての方は、ラーメンをお試し下さい。(大盛は量が多い為禁止です)」の文字が。
食券機には、「つけ麺」、「お茶漬麺」、「和ッ!カレー」、「ミックス節」など、この店ならではの個性的なメニューが。その中で、今日の注文は、

小ブタ野菜アブラカラメ+和ッ!カレー

厨房は店主と助手の2人体制。黒の上下に黒の防水エプロン(魚屋さんがよくしているようなヤツ)と、男っぽい出で立ち。店主の「小5丁ね」の言葉に、助手が「ハイ、小5丁!」との掛け合い、体育会風の雰囲気です。

で、やってきましたよ。まずはブタの厚いこと!1僂呂罎Δ砲△觚み。ミゴトです。
和ッ!カレー(ハウスジャワカレーのルウ粉末)の香りが、食欲をそそります。

で、まずは野菜から。キャベツ:モヤシ = 1:9 くらい。ちょいとよく茹でくらいの茹で加減。つぎは、カレーのないほうのサイドから、麺を引っぱり上げて食べます。モチモチした食感、色が結構黄色いのは、かんすいの加減でしょうか?小ですが丼にギッシリ詰まっている感じです。スープは、かなりのライト系。カラメにした割に、あまり醤油の味を強く感じません。で、ブタを食べます。コレがトロットロの脂身がほどよく入った、素晴らしい仕上がり。味は薄めですが、このブタだけでも食べに来る価値があります。

カレールウの粉末は、食べ進むとともにスープに溶け出して、味に変化をもたらしてくれます。溶けていない部分を、ブタや野菜に付けて食べたり、麺に絡めて食べたり。そういえば、何となく蕎麦屋のカレー南蛮を食べているような錯覚に捉われました。

完食、ゴチソウサマでした。初の相模大野駅前店、ウマかったです。
次はぜひ、お茶漬麺にトライしてみたいです。

この記事に

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事