永遠に、幸せになりたかったら…

釣りを覚えなさい(中国の古諺より)。でも、ラーメン二郎とか、ドカ盛店に釣られてばかり…。

二郎 小岩店

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

今日は午前中から錦糸町で用事。ならば、と向かうは城東地区の二郎。
亀戸店は訪問済みなので、今回は未訪問の小岩店へ。

11:30着、並びナシ、店内空席1つ。運よく滑り込みました。
ボクの後には、お昼を小岩二郎で、というお客さんたちの列が…。

小岩二郎、やはり都心から少しはずれているためか、店内ゆったり、カウンター席数こそ12席と、他の二郎と変わらないですが、厨房スペースを比較的広めにとってあります。

若くて細身の店主氏、と助手さんの2名体制。大鍋で1ロット5人分ずつ、手際よくラーメンをつくっていきます。麺上げは平ザル、スープを寸胴から注ぎ分ける店主氏の手つき、なかなかカックイイ。

で、今日の注文は、

  小野菜アブラ

トッピングコールは助手氏の担当。『にんにく入れますか?』と王道パターンで来たので、『ニンニクなしで、野菜アブラ』をコール。

で、来ましたコイツ
イメージ 1

野菜の盛は、ま、普通。もやし:キャベツ = 7:3 の黄金比率。茹で加減はシャキッと、イイ感じ。

アブラ
イメージ 2

今日のブタ
イメージ 3

厚さ2cmはあろうか、という、立派なブタ。野猿のブタにも決して引けを取りません。歯ざわりも噛めばホロッと崩れ、かつ脂身も適度にありジューシィで、味の滲み加減もちょうどよく、相当ハイレベルなブタです。小岩ではブタや、ブタWはおススメかもしれません。

で、今日の麺
イメージ 4

モッチリ、小麦の味をしっかり感じることのできる、力強い麺。

一味を振って
イメージ 5

スープは、コクというよりも、カネシのキレを相当強く感じる、スッキリ系。

ゴチソウサマでした。おいしゅうございました。
今日は仕事中にコソッと寄ったクチなんで、ニンニクはガマンしましたが、次回はゼヒ、ニンニク入りで食べてみたいです。
イメージ 6

全体として統一が取れ、しかもブタのボリューム感がある、印象深い二郎でした。
店内が清潔で、助手氏の接客が感じがよいのも、とてもいい印象です。
コレで小(普通盛)が\550-、地元の方はホントに幸せですね。

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事